CATEGORY洋服

エコスタイルは創業してから今までずっと洋服の買取をして参りました。洋服の買取に必要な事はトレンドやディティールといった知識といくらで販売できるのかの相場の把握です。人気のあるブランド、歴史のあるブランド、今はなくなってしまったブランド等、数え切れないブランドの相場を今まで培ってきた経験を活かして買取に活かしていますので、洋服の買取は安心してお任せ下さい!お客様の大切な洋服を1点1点大切に査定させて頂きます。

  • 子供服の汚れの落とし方!種類ごとの洗い方

    子ども服の汚れの落とし方、ご存じですか?お気に入りのものやかわいい子ども服、汚れの落とし方のポイントを押さえて、長くキレイに着ましょう。

    子供は外遊びが大好きです。思いっきり遊ばせたいとは思いつつも、泥汚れの洗濯に頭をかかえている、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。泥汚れ以外にも、大好きな食べ物を夢中で食べているとついてしまう食べこぼしの汚れも、子ども服に多い汚れです。
    汚れがなかなか落ちないと悩んでいる方もいるかもしれませんが、こうした汚れでも、実はご自宅でキレイに落とすことが出来ます。

    子供の汚れは私たち大人がつけてしまう汚れとは種類が違います。適切な対処が必要ですので、ご紹介する内容を参考にしてもらえればと思います。

  • 洋服のハンガーのおすすめの選び方!ポイントを押さえて長持ちさせるコツ

    洋服のハンガーを選ぶ時のおすすめのポイントをご紹介します。ハンガーはおしゃれなものを選べばいいというわけではありません。

    ハンガーはクローゼットやハンガーラックでの洋服収納に欠かせない便利なアイテムです。ひと言でハンガーと言っても、大きさや素材・形など、実に様々な種類があり、それぞれ役割や目的が異なります。洋服を掛けることが目的ではありますが、洗濯後に干すためなのか・収納のためなのかなど、用途によってハンガーの役割は変わってきます。

    使う場面や掛ける洋服の種類によって、それに適したハンガーを使わないと、洋服を傷めてしまいます。そうは言っても、様々な種類のハンガーがあると、どのように選べばよいか悩んでしまいますよね。お気に入りの洋服を綺麗に長く保つために、ハンガー選びのポイントをしっかりとおさえて、最適なハンガーを正しく選んでみましょう。

  • 洋服の収納をおしゃれにするには?基本テクニックを紹介

    洋服の収納をおしゃれにしたい!と思いませんか?
    気に入って購入したおしゃれで大切な洋服の数々、どのように収納していますか?おしゃれが好きな人ほど、どんどん増えていってしまう洋服。何も考えずやみくもに押し込んでいくと、いつの間にかクローゼットの中がゴチャゴチャになってしまいます。

    せっかく気に入って買ったおしゃれな洋服がゴチャゴチャになってしまうのは残念ですよね。おしゃれな洋服は、収納でもおしゃれに見せたいものです。
    洋服は毎日着るものなので、毎日使うクローゼットやハンガーラックなどの洋服収納がおしゃれに見えると、気分が上がります。部屋の中でも、ショップで新しい洋服を選ぶように楽しくコーディネートが出来る空間は作れるのでしょうか。

    洋服をおしゃれに収納するためのコツとは、どんなものなのでしょうか?

  • 洋服についた接着剤の落とし方。木工ボンドや瞬間接着剤もチャレンジ

    洋服に接着剤がついてしまって焦った経験、ありませんか?今回は洋服についた接着剤の落とし方をご紹介します。
    お家で過ごす時間が増えた昨今、子供が工作で楽しむ時間が増えたりDIYの流行りもあり、木工用ボンドや瞬間接着剤を使う機会が増えたという人もいるのではないでしょうか。

    気をつけて作業していても、ついうっかり接着剤を洋服につけてしまうなんてこともあるかと思います。簡単に物を接着出来るという便利な機能の半面、誤って洋服につけてしまうと、普通の糊とは違って簡単に落とすことは出来ず、厄介です。お気に入りの洋服についてしまうと、ショックで焦ってしまいます。ついてしまった接着剤は、どうにかして落としたいものですよね。

    今回は家で多く使われている木工ボンドなどの落とし方を紹介し、シミになりづらい落とし方もご紹介します。

  • 洋服を収納するならケースを準備!クローゼットも有効活用

    洋服の収納にケースを使用していますか?洋服がクローゼットの中で散らかっている・・・、クローゼットが広いのに何故か収まりきらずに部屋の片隅に洋服が置きっぱなしなっている・・・。そんな悩みは、収納ケースの活用で解決します。

    収納ケースはクローゼットのデットスペースを有効に活用できるアイテムです。余っているスペースを上手に利用すれば、収納しきれなかった衣類やゴチャゴチャに収納されていた衣類をきちんと収めることが出来ます。収納ケースを活用することで、お部屋がすっきりとして広くてキレイな見た目になります。

    また、スペースの活用だけでなく、衣類の整頓にもなるので出し入れしやすくなり、着替えや洗濯後の片付けも楽になります。ぜひ収納ケースを利用して、限られた収納スペースを有効に活用してみましょう。

  • 洋服の圧縮袋は衣類収納の救世主!特徴と選び方

    衣類や寝具がパンパンで入りきらず溢れてしまうクローゼット。少しでもコンパクトにしたい旅行の荷物。そんな時には、圧縮袋の活用がおすすめです。

    圧縮袋は、限られた収納スペースに衣類をしまうことが出来る便利なアイテムです。圧縮袋は、衣類を入れた後に空気を抜いて使用する商品です。そのため、元の容量よりも衣類が収縮してコンパクトになるので、そのままでは収めることが出来なかった狭いスペースでも収納することが可能になります。

    圧縮袋は、ホームセンターや100均、通販など、購入できるお店がたくさんあり、値段も様々で多数の商品が販売されています。収納したいものや用途、特徴に合わせて圧縮袋を選び、収納スペースを上手に利用するために、圧縮袋を活用してみましょう。

  • 洋服カバーは必要?おすすめの洋服カバーとは

    洋服カバーをかけていますか?洋服を保管する際、衣類カバーをかけるのは面倒くさい、クローゼットで保管していればカバーをかけておく必要なんてない、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。今回は洋服カバーについてお話しします。

    実は洋服はクローゼットに入れて保管していても、様々な要因で汚れがついたり傷んでしまうことがあります。
    普段着る機会が少ない、よそ行きのスーツやワンピース、季節外のコートなど、長い期間クローゼットやハンガーラックにかけておいた洋服を着たいと思って手にした時に、ホコリや臭いが付いていたり変色していたりで、必要な時に着られないなんて経験があった人も多いのではないでしょうか。

    衣類カバーをかけておけば、高級な洋服や思い出が詰まったお気に入りの洋服を、綺麗な状態で保管することが出来ます。大切な洋服を守るために、衣類カバーをぜひ活用してみてください。

  • 洋服にのりを使用するとどうなる?洗濯のりの効果と種類

    洋服にのりを使用したことはありますか?今回は洋服に使用するのりの効果や、洗濯のりの種類、使い方などをご紹介します。

    普段からシャツを自宅で洗っている方や、ご家庭で洗濯を担当されている方はのりを使用することがあるかもしれません。洗濯の際に使用したり、アイロンの際に使用したり、使用するタイミングや種類がいろいろありますが、どののりも基本的にはシワを伸ばしたり、シワにならないように使用することがほとんどです。

    仕上がりが大事になるワイシャツなどに使用することが多く、逆にタオルなどには使用することが無いアイテムですので、普段から形状記憶シャツでシワになりづらいものを使用していたり、しわがあっても気にならないという場合にはなじみがないかもしれません。
    のり付けが必要になる場面で焦らないように、参考にしてください。

  • 洋服のブラシの使い方。ブラシの種類と選ぶポイント

    洋服のブラシの使い方がわからない方はいませんか?洋服にブラシを掛けるというのは長持ちさせるために絶対に必要なことです。今回は洋服のブラシの使い方と、洋服の種類や手入れ方法をご紹介します。

    洋服ブラシの効果としては、ほこりや汚れを落とし、長持ちさせる効果があります。定期的にブラッシングを行うことで、絡んだ繊維がほどけて生地が整い綺麗になるのと、汚れが残りづらいためクリーニングに出す必要が減ります。

    普段は洋服にブラシを使っていないという方も、長持ちさせるためにブラッシングをすることをおすすめするのと、クリーニングに出す頻度を減らすためにも洋服ブラシを購入することをお勧めします。
    洋服のブラシの使い方が分からない、どういうものを購入すればいいのかわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

  • 洋服の洗剤の種類は?洗濯でおすすめのものは?

    洋服の洗剤にはいくつかの種類があります。今回はどういった洗剤があるのかをご紹介し、使用する際の注意点と洗剤をより効果的にする方法をご紹介します。

    洋服の洗剤はCMで多くの種類がありますが大きく見るとそこまで多くありません。どの企業も汚れを落とす以外の付加価値をつけて差別化をしようとしています。以前とは違い、少量でも効果が出るようになっており、コンパクトなものが増えています。

    柔軟剤が必要ないものや、白物をより白く見えるようにしたり、抗菌機能を持たせたりというように高機能なものが増えていますが、基本的に綺麗に洗えていればどれを選んでも問題ありません。好みになるので今回は選ぶ時どういうものがあるのかをご紹介します。

  • 洋服で増えるダニの駆除方法は?洗濯で他の洋服に移る?

    今回は洋服のダニを駆除する方法をご紹介します。もしも暑くなる季節、ダニが気になるという場合や、ダニでアレルギーが出るという場合は参考にしてみてください。

    ダニは家のどこにでもいる害虫です。通常そこまでたくさん繁殖することはありませんが、保管している衣類で増えてしまったり、クローゼットの中で増えてしまうということもあります。
    ダニ対策をおこなっていればそこまで気にする必要はありませんが、一度増え始めると爆発的に繁殖するので、ダニ退治を行う必要があります。特にクローゼットの中で繁殖すると除去しない限り中にある洋服全体に広がっていきます。

    今回はダニの退治方法をご紹介しながら、気になってしまう、洗濯によってダニが移ったりしないのかなどをご紹介していきます。

  • ビンテージ古着はクリーニング?それとも洗濯?

    ビンテージ古着はクリーニングで洗うことをおすすめします。購入した古着にシミがあったり汚れがついていたり、気になって洗いたいときはありませんか。ただ他の洋服と一緒に洗濯機で洗うのはリスクが高い行動です。

    ビンテージ古着は今の洋服と違って洗い方が分かりづらいものがあったり、シミや汚れが気になって洗っても落ちないことが多く、中古感が出てしまってどうにかヴィンテージ感を残したまま綺麗にしたいと思うことはあると思います。
    ただキレイにしたくても色落ちが気になったり、洋服の生地のダメージが気になってガシガシ洗えない人がほとんどです。

    今回はビンテージの古着はクリーニングに出したほうがいいこと、ただ日ごろは自宅で洗うことも可能だということをご紹介します。

  • 古着が高い理由とは?安いものと高いものの違い

    古着が高い理由をご存知ですか?誰かが使用した古着なのに、思っていたよりも高い、古いものなのになぜこんなに高いのと感じたことがあるかもしれません。今回は古着が高い理由と、古着屋にあるヴィンテージとデッドストックの違い、古着の価格の違いの理由についてご紹介します。

    古着といえばリーバイスなどのデニムアイテムや、ラルフローレンのような普段着のような古着、レザージャケットなどをイメージするかもしれません。どれも使用感があったり、古かったりで高いと感じた人もいるかもしれません。古着屋さんで並んでいるものを見て、良いと感じる人と、古い、状態が良くないと感じる人と別れるでしょう。

    今回新品ではなくあえて古着を選ぼうと思った方、単純に古着が高い理由が気になった方が興味を持ってみてもらえればと思います。

  • 古着みたいな服はどういうもの?古着っぽいブランドと合わせて古着男子、古着女子に

    古着みたいな服を着たいと思ってもどういうものが古着っぽいか疑問に思いませんか?今回は古着みたいな服がどういうアイテムか、どのブランドを取り入れると古着っぽく見えるかをご紹介します。

    最近のトレンドの一つに古着があり、古着男子、古着女子というハッシュタグをつけて古着コーデを投稿している方がいらっしゃります。独特の雰囲気が出る古着ですが、古着屋で古着を購入したり、日ごろから古着に触れていないといまいちピンと来なかったりします。

    今回は古着屋で購入しなくても古着っぽく見える裏技や、古着っぽく見えやすいブランドをご紹介しますので、これから古着にチャレンジしてみたいという方は参考にしてみてください。要点を抑えるとインスタなどのコーデを真似しやすくなります。

  • 和服と洋服の違いはどこにある?着物でわかりやすく説明

    和服と洋服の違い、あなたは説明できますか?今回はなんとなくイメージできても説明が難しい、和服と洋服の違いについてご紹介します。

    一般的に和服と聞いてイメージするのは着物ではないでしょうか。昔から、呉服、反物、着物というイメージがあり、時代劇などでは呉服店=いいところの商人というイメージがついていると思います。日本の民族衣装である着物は、洋服とは全然違うもので、時代に合わせて変化してきたものの、平安時代の段階ではすでに着物が存在しており、長年日本で親しまれてきた服装です。

    今回は和服と洋服の違い、和服、反物、着物の意味、時代によって変わってきた日本の着物文化を紹介しながら、和服の魅力をご紹介していきます。

< 1  2  3  4  5  6