CATEGORYセイコー

カシオやシチズンと並び、日本を代表するセイコーのアイテムのご紹介やセイコーが築き上げて来た歴史などのご紹介になります。時計メーカーですので、企業としての歴史はムーブメントの進化ともあります。セイコーのムーブメント開発コンセプトとして、“最高の普通”を掲げています。また、セイコーの時計ブランドとしての偉業はクオーツ時計を作り込んだ事とされています。現在でも、様々なモデルと展開しており、人気ブランドとして活躍しているセイコーの歴史などをご覧くださいませ。

  • セイコーの評価
    NEW

    時計ブランドと言えば欧州、特にスイスのブランドに目がいってしまいます。お金持ちの象徴といえばロレックス、他にもヨーロッパには高級ブランドはたくさんあります。海外のステータスブランドがひしめき合う業界の中で、日本が誇るSEIKOの時計はどのように評価されているのでしょうか。

    評価は2次流通の取引価格に大きく影響します。2次流通の売買を17年間続けてきたエコスタイルだからこそ出来るSEIKOの評価をつづってみました。

  • SEIKOクォーツ時計の歴史
    NEW

    時計業界の軌跡は「クオーツショック」無しには語れません。SEIKO社の世界初のクオーツ式時計はどのようにして生まれたのでしょうか。時計といえばスイスが誇る機械式時計が主流で、当時の日本の技術とは大きな差がありました。そんな中、クオーツに生きる道を委ねたSEIKO社の涙ぐましい努力がありました。

    かつてプロジェクトXでも特集されたほど注目を集めるクオーツ時計とセイコーの歴史を見ていきましょう。

  • セイコーを使おう!国産機械式時計の魅力
    NEW

    一流の機械式時計と言えば、スイス製のイメージが強いのではないでしょうか。スイス時計協会の調査でもスイス=No.1時計生産国という認知があることが確かめられています。
    でも、ちょっと待ってください。モノ作りで言えば日本も負けていません。特に時計のような複雑な機械の集合体は得意そうな分野です。車業界でトヨタが世界的な地位を獲得したように、国産時計ブランドも魅力的な時計なのです。

    そんな日本を代表するSEIKOの機械式時計をご紹介いたします。

  • セイコーを使おう!国産クォーツ時計の魅力

    時計と言えば、ロレックス・カルティエ・オメガが3大人気ブランドです。どれも世界が認める高級な高性能時計ブランドです。しかし、高級ブランド時計に負けないウォッチメーカーが日本にはあります。

    そのうちの一つ、セイコーを今回ご紹介いたします。