CATEGORYカナダグース

カナダグースは1957年にカナダ・トロントで誕生したファッションブランドです。カナダ生産にこだわった品質の高いダウンウェアを展開しており日本でも数多くのセレクトショップで取り扱われている人気の高いブランドとなっています。元々はカナダの寒冷地で働く労働者に向けた防寒着を制作していたルーツがあり、モンクレールやデュベティカといったアウターブランドに比べて実用的でワークウェア要素の強いブランドです。こちらではそんなカナダグースの人気モデル、サイズ感の違い、ルーツ、別注品についてなど様々なファッション情報を掲載しております。是非ご覧ください。

  • カナダグース、人気のモデルはどれ?
    NEW

    カナダグースの人気モデルはご存じですか?カナダグース、プレミアムダウンの地位を築いた人気ブランドとして有名ですが、定番モデルがあります。ジャスパー・モントリオール・カムルーブ・ラブラドール・シタデルなどは聞いたことがあるかもしれませんね。

  • CANADAGOOSE(カナダグース)別注モデル3選
    NEW

    今回は人気ブランドとの別注カナダグースの魅力に迫りたいと思います。 
     
    カナダグースは人気があるがゆえに、有名セレクトショップと別注商品を数多く生産しております。今までになかったカラーリングや、サイズのフィット感など各セレクトショップによって、その種類は様々です。一見似たようなモデルが多いですが、そのモデルの多さは、モンクール級の多さがあります。モデルが潤沢なのもカナダグースの魅力の一つです。  
     
    今や手に入らないモデルも数多くあり、2次流通でも探されている方も多くいらっしゃいます。そんなカナダグース別注モデルの一部をご紹介したいと思います!是非ご購入の際の参考にしてみてください!

  • CANADAGOOSE(カナダグース)人気モデル〜レディース〜
    NEW

    カナダグースのレディースで人気のモデルを紹介します。カナダグースは男性のブランドと思われがちですが、女性からも非常に人気のあるブランドです。

    カナダグースレディースモデルも数多くの種類が生産されており、その豊富なラインナップも魅力の一つです。

    カナダグースのレディースモデルの中でも圧倒的人気があると言われているブロンテ、日本未入荷ながら、セレブの方々に人気があるミスティークパーカー、2XSが存在する身体が小さい方でもしっかりフィットして着用できるソラリスパーカー、この3つを抜粋してご紹介したいと思います!

    ご自身に合ったカナダグースをご購入するためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • カナダグースの人気モデル3選〜メンズ〜

    カナダグースのメンズモデルで人気の高い3つをご紹介します!カナダグースの人気は今や、うなぎのぼり。衰える事を知りません。

    カナダグースは、氷の世界でも耐える事のできる本格的なアウトドアブランドです。日本で着るにはいささか、オーバースペックかもしれません。しかしながら、そのオーバースペックが現在の日本のファッショントレンドの一つなのです。 大量生産大量消費のファストファッションの時代は終焉を迎えます。たくさんの服よりも最高の一着が求められているのです。

    ぜひご購入の際の参考にしてみてください。

  • カナダグースの頑固な汚れの落とし方!

    今回はカナダグースのダウンジャケットに汚れや着用ダメージが付いてしまった場合の対処法をお教えします。 綺麗に使っていても、着用ダメージというのは避けられないものです。高級ブランドなら長く使いたいですよね。日ごろから気になるところをきれいにするだけでも長持ち具合は違いますよ。

  • カナダグースとはどんなブランド?

    カナダグースは確かな技術力で極寒地で生活する人々や、登山のプロフェッショナル達に支持され続けてきた、カナダ発の注目のブランドです。

    現在では、グリフィンインターナショナルに変わり、ロンハーマンなどセレクトショップを手掛けるサザビーリーグが正規代理店です。  各セレクトショップでセレクトされている事はもちろんの事、千駄ヶ谷に直営店もオープンしており、その人気は留まる事を知りません。カナダグースの人気モデルだと並んでも買えない事も多々あり、「欲しい!」という声も多数いただいております。今回はそんなカナダグースの魅力をちょっとだけ紹介したいと思います。

  • カナダグースのサイズ感。失敗しない選び方まとめ

    カナダグースのサイズを失敗したという方がここ数年でかなり多くなってきました。

    カナダグースは昔からあるブランドですが、普通の洋服ブランドとは若干サイズ感が異なることをご存じでしょうか。カナダグースには、XS、S、M、L、XLのサイズ表記が存在し、最近では私たち日本人に合わせた新しいサイズ・FF(フュージョンフィット)も登場するなど、話題を呼んでいます。

    ただ、普段のサイズがLだからといってLサイズのカナダグースを購入してしまうと、サイズ感で思わぬ失敗をしてしまうかもしれません。カナダグースは、本物志向の最高のアウターです。最高の1着を選ぶためにもしっかりとサイズ感を学んでいく必要があります。

    そこで今回は、カナダグースを日頃から買取・査定しているエコスタイルのバイヤーが「カナダグースのサイズ感について」ご紹介します。ジャスパーのサイズ感の身長別の【動画】もありますので、ぜひ参考にしてみてください。