CATEGORYデュポン

1872年に創業した歴史あるブランド、S.T.デュポンについてエコスタイルのバイヤーが紹介します。キングオブライターとも呼ばれる程の「超一流の社交界」で愛されているデュポンですが、歴史・理念・社内外からの高い評価から、ガスの入れ方や、トレードマークとも言える「キーン」となる気になる開閉音についてお伝えします。大切なデュポンを長く大切に、丁寧に扱うことで人生の長いお供になってくれるでしょう。気になる方は是非ご覧くださいませ。

  • S.T.デュポン 気になる開閉音
    NEW

    S.T.デュポンのトレードマークとも言える開閉音。

    「キーン」と甲高くなるあの音に多くの大人たちが魅了されました。

    暗い店内、どこからともなく聞こえる「キーン」という金属音。

    着けられるタバコの火。

    その仕草は経験豊富な大人の証明でした。

    デュポン以外でこの開け閉めした時の音はあまりありません。

    ただ高いライターと聞くとこの「キーン」という音をイメージするのではないでしょうか?

    人によっては「キーン」という音がしないから偽物、コピー品という方もいますが、必ずしもそうとは言えません。

    今回はこの「キーン」という音がなぜなるのか、違いはどこで現れるのか、綺麗な音を保つためにはどうすればいいのか、この開閉音の秘密をご紹介致します。

  • S.T.デュポン ガスの入れ方
    NEW

    憧れのライター「S.T.デュポン」。購入して使って見たいと思うのは男性ならではの感覚かもしれません。でも、継続して使う為にはどうしたら良いのかわからない、そんな方にデュポンのガスの入れ方をお教え致します。

  • ライターの王様・デュポンの歴史
    NEW

    キングオブライター、S.T.デュポンの歴史をご紹介致します。