閉じる
買取メニュー
2回目以降の方はこちら
質問やご相談も
お気軽にお問合せください
フリーダイヤル0120-991-2230120-991-223
【電話受付時間】10時~20時
※買取の際には現在の住所が記載された公的な身分証明書が必要です。印鑑は必要ありません。身分証明書について詳しくはこちらをご覧ください。

CATEGORYバッグ記事一覧

女性の必需品と言えばバッグですよね。ハンドバッグやトートバッグ、ショルダーバッグ、メッセンジャーバッグなど多くの種類があるお品物でございます。デザインや素材などでバッグの輝きや個性、価格も変わってきます。こちらのブログでは、上質な素材を使い、輝きのあるハイブランドのバッグから遊び心があり、使いやすいカジュアルなバッグをお伝えさせていただきます。トレンドなどもエコスタイルのバイヤーが丁寧にご紹介をさせていただきますので是非ご覧くださいませ。

  • バッグや衣類などの世界三大ブランドとは
    NEW

    ブランドバッグや衣類などの世界三大ブランドを紹介します。世界には多数のブランドが存在していますね。

    中でも【エルメス】【シャネル】【ルイヴィトン】は世界的にも大変人気のあるハイブランドとして認知されております。バッグやアパレルの分野でも注目度が高いので【世界3大ブランド】と呼んでも過言ではないですね。

    今回はそんな世界的に人気の高い3ブランドのご紹介をさせていただきます。どのブランドにもそれぞれの歴史があり、現在があります。その一部についても触れさせていただきます。

    中でも定番モデルの紹介や、デザイン、カラーや、中古・リユース市場での評価にも触れていきますので、これからエルメスやシャネル、ルイヴィトンのお品物を購入しようとしている方、売りたいとお考えの方は必見です!

  • 捨てないで!こんな状態のバッグでも買取できます。
    NEW

    使わなくなったバッグはどうしていますか?ボロボロになったブランドバッグを捨ててしまって損していないですか?使わないバッグは、ある程度きれいな状態なら売ることができます。

    今回は洋服・ブランド品の買取店「エコスタイル」ではどういうものが買取ができて、どういう時は買取りができないのかをご紹介いたします。今まで捨てていたという方は、得するかもしれません。

    皆さんは今まで買取を利用した事はありますか?正直金額付かないんでしょう?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。でも捨ててしまえばそのモノはそこで終わってしまいます。

    買取に出して買い取ってもらって、次の人が使ってくれたらまだまだ長く使えるかもしれません。家族にあげたり、友人にあげたりしてもいいかもしれません。今回はあくまで一つの選択肢に売却という選択肢を増やしてもらえたらと思います。

    ブランドバッグを高く売るなら「エコスタイル」がおすすめです。10,000以上の豊富なブランドを取り扱っており、ブランドバッグ・かばんの高価買取実績が多数ございます。手数料・キャンセル料は一切かかりません。最新の相場をもとに、適正な価格で査定します。使わないブランドバッグを売るなら「エコスタイル」の買取サービスをご利用ください。

    >>ブランドバッグ買取ページはこちら

  • スーツケースを売りたい時はどうすればいい?売れるかどうか気になる方へ
    NEW

    スーツケースを売りたい時、売れるかどうか気になったり、どうすればいいかわからないという方はいませんか?今回はスーツケースを売りたいときにどうすればいいのか、そもそも売れるものなのかも含めてご紹介していきます。

    「使わなくなったスーツケース、どこかで高く売れないか?」そう思ったことはありませんか?旅行や出張で活躍するスーツケースですが、一度使わなくなると場所をとるだけの厄介者になりがちです。とはいえ、せっかく買ったものなのに使う頻度は低いのでそのまま処分してしまうのはもったいないと感じるかもしれません。

    丈夫でしっかりとしたスーツケースは中古市場でも需要があります。スーツケースを粗大ごみなどで処分してしまうのは非常にもったいないです。この記事では、スーツケースを高く売るための具体的な方法や注意点を詳しく解説しますので、使わなくなったスーツケースがあるかたは参考にしてみてください。

    スーツケースを売るなら「エコスタイル」をおすすめします。「エコスタイル」は洋服・ブランド品の買取店です。スーツケースの高価買取実績も豊富にあります。お得なキャンペーンも実施中なので、ぜひ買取サービスをご利用ください。

  • 40代にふさわしいバッグはどれ?断捨離で手放すべきバッグの判断基準

    40代になって行うバッグの断捨離が今回のテーマです。大量にあった洋服は何とか処分できそうだけど、どのバッグを手放せばいいのかわからないとお悩みではありませんか。

    最近はあまり使ってないブランドバッグやプレゼントでもらった思い出のバッグは断捨離すべきか、捨てたら後悔しないかなど、一旦迷いはじめると答えがわからなくなるものです。

    そこで、アラフォー世代向けにバッグの断捨離をする判断基準をお伝えします。断捨離したバッグの処分方法や、40代におすすめのバッグの選び方も紹介するので、これから断捨離をする方はぜひ参考にしてください。

    手放してもいいブランドバッグで、買取を考えてるけどいくらで売れるかわからない方は、洋服・ブランド品買取の「エコスタイル」のLINE査定がおすすめです。LINEアプリから商品の買取金額を査定するサービスです。

    提示された査定額を参考に、売るかどうかを検討いただけます。利用料はすべて無料ですので、お気軽にご利用ください。

  • バッグ・かばんの処分方法!革製品やナイロン、金具の捨て方・ゴミの分別も解説

    バッグ・かばんの捨て方について、具体的な処分方法をご紹介します。革製品やナイロン、金具の捨て方・ゴミの分別も解説します。お気に入りだったブランドバッグや古い型のバッグを手放したいけど、もったいなくて保管したままにしていませんか?

    捨てるにしても素材によって、捨て方が違ってきます。たとえば革製品は燃えるゴミ、合皮製は燃えないゴミです。処分が難しいバッグ・かばんの分別のやり方を、詳しく解説します。

    「バッグを捨てるのはもったいない」「できれば売ってかばんを新調する資金にしたい」という方におすすめなのが、リサイクルショップに売る方法です。状態がいいバッグやブランド価値の高いカバンは高額で買い取ってもらえる可能性があります。

    「持っているバッグが売れるかわからない」という方は、「エコスタイル」をおすすめします。「エコスタイル」は洋服・ブランド品の買取専門店です。ハイブランドからカジュアルなブランドまで、バッグ・かばんの買取実績が多数ございます。

    ブランドバッグ・かばんを最新の相場をもとに、適正な価格で査定します。手数料・費用は一切かかりません。お得なキャンペーンを実施中ですので、ぜひ買取サービスしてご利用ください。

  • ポーターとはどんなバッグブランド?バッグブランドとして評価される理由とは

    ポーターとはどんなブランドかご存知でしょうか?今回は吉田カバンが展開しているブランドのポーターが、どんなバッグブランドなのかをご紹介します。

    ポーターは国産バッグブランドで、カジュアルなものやビジネスバッグなどを手掛けているブランドです。ナイロン製のものが多く、手ごろな価格であることと相まってガシガシと使えるブランドです。知名度が高いブランドですので、ファッション感度の高い方なら知っているブランドではないでしょうか。

    今回はポーターがどんなブランドなのか、評価されているポイントや、人気のラインを合わせてご紹介しますので、購入を迷っている方や、どんなブランドか知りたいという方の参考になればと思います。

  • グローブトロッターとはどんな旅行鞄ブランド?ハイブランドとして評価される理由とは

    グローブトロッターとはどんな旅行鞄のブランドかご存知ですか?今回はグローブトロッターがスーツケースブランドとしてどういう評価を受けているのか、展開しているラインをご紹介しながら説明していきます。

    グローブトロッターは百貨店などに展開されている高級スーツケースブランドで、他のブランドとは違う独特な見た目で印象に残っている方がいるのではないでしょうか。デザイン自体はシンプルですが、一般的な旅行鞄のデザインと比べると大きく違い、一目でグローブトロッターだとわかります。

    今回は日本でも人気があるグローブトロッターがどんなブランドなのか、評価されているポイントや展開しているラインと併せてご紹介しますので、購入を検討されている方などのご参考になればと思います。

  • ボロボロのバッグでも買取できるブランドが!あきらめる前にチェック

    ボロボロのバッグで買取できるものがあると知っていますか?今回はボロボロになったバッグをどうするか迷ったときにどういうものが高く売れるかをご紹介します。

    バッグを長年使用していると、擦れや傷などが出てきたり、シミや日焼けが発生してしまいます。持ち手は皮脂や汗などで色が変わり使用感が強くなり、素材によっては変色やべたつきや剥がれが出てきます。

    どんなブランドのバッグであっても時間が経過していくにつれてボロボロになってしまい、捨ててしまうという方が多いのが現状です。今回はボロボロになったバッグであっても買取ができるものがあり、ブランドによっては高価買取になるものがあるということをご紹介していきます。

  • シャネルのラムスキンは傷つきやすい?耐久性のある素材や傷の対応方法

    シャネルのラムスキンは傷がつきやすいの?と気になる方が多いのではないでしょうか。今回は傷がつきやすいシャネルのラムスキンがどういう素材なのか、同じシャネルでもおすすめの素材、傷がついた時の対処方法などをご紹介しますので、購入する前や、修理に出すかどうか迷っている方はご覧ください。

    シャネルのラムスキンは傷がつきやすい素材です。簡単な刺激や日常的に受けるダメージで傷やスレなどが発生します。高級感がある素材ではあるものの傷を気にする方には使いづらい印象を受ける素材です。

    今回はシャネルの人気素材であるラムスキンの他の素材や応急処置のように自分でできる対処方法などもご紹介していますので、バッグや財布などを購入する際の参考にしてもらえればと思います。

  • 骨格診断別バッグ選び!ナチュラル編

    骨格診断でナチュラルと診断された方にピッタリのバッグを教えます。

    ナチュラルな人は手足の大きさや姿勢の部分で難しい骨格、と思ってしまいがちですが、カッコいいアジアンビューティーな見た目の人に多い骨格です。潜在能力が高いともいえます。

    素敵な骨格ですので、100パーセント活かせれば、ふんわり感、タイト感、色々な見た目を楽しめます。伸びしろは他の骨格よりもあります。ただ一歩間違うと難しい骨格でもあるので、今回ご紹介する内容を見て、ぜひ自分だけの素敵なスタイルを見つけてください。

  • バッグを買うときは底鋲の有無をチェックしよう!

    バッグの底鋲(そこびょう)って何?底鋲のコラムってマニアック過ぎない?   そんな声が聞こえてくる気がしていますが、底鋲は、バッグの底についている金具の事を指します。また、マニアックなジャンルのようにも感じますが、我々の生活においてある意味、知っておいた方が良い部分でもあります。   バッグの底鋲は、何てことのないデザインに見えて、実はとても大切な役割を持っています。エルメスやルイヴィトン、シャネルなどの高級メゾンでもこの底鋲があるかないかで、新型・旧型が決まり、定価も変わってくるのです。   今日は普段、あまり関わりのない、底鋲の大切とその起源、種類について記載して参ります。簡単に思えて、実は奥が深い。そんな底鋲の魅力について少しずつ紐解いていきたいと思います。

閉じる

身分証明書について

古物営業法に基づき、
買取の際にはご本人様確認が必要です。
ご利用いただける身分証明書を紹介します。

いずれか1点で構いません
  1. 1 運転免許証
    運転免許証

    ※顔写真付きのもの

  2. 2 住民基本台帳カード
    住民基本台帳カード

    ※顔写真付きのもの

  3. 3 住民票の写し
    住民票の写し

    ※発行から3ヶ月以内のもの
    ※複写は禁止

  4. 4 日本国パスポート
    日本国パスポート

    ※住所の記載があるもの

  5. 5 在留カードまたは
    特別永住者許可証
    在留カードまたは特別永住者許可証
  6. 6 学生証
    学生証

    ※住所の記載があるもの

  1. 7 マイナンバーカード
    マイナンバーカード

    ※通知カード不可

  2. 8 健康保険証
    健康保険証

古物商の法律により、身分証明書のコピーを弊社で保管する義務がございます。
そのため、コピーを取らせていただきますので予めご了承ください。
宅配買取の場合はマイページからアップロードいただくか、お品物と一緒にご郵送をお願いします。

ご注意ください

  • 保険証に関しましては、お客様ご自身で記号と番号の箇所を隠して撮影をお願いします。
  • 住民票の写しは、コピーではなく地域の窓口で請求された書類の事を指します。
  • 買取お申込みフォームで記載するご住所と現在お住まいの住所と、身分証明書の情報は一致している必要がございます。
  • 顔写真の部分などは、マジックなどで黒塗りにされないようにお願いいたします。
  • 18歳未満の方からは現在買取を行っておりません。

法人様の場合

法人様とのお取引の場合は、下記の書類が必要です。

  • 取引担当者様の、住所、氏名、年齢が記載された、上記記載の身分証
  • 取引担当者様の、名刺1枚
  • 登記簿謄本のコピー ※3か月以内に取得されたもの