CATEGORY洋服

エコスタイルは創業してから今までずっと洋服の買取をして参りました。洋服の買取に必要な事はトレンドやディティールといった知識といくらで販売できるのかの相場の把握です。人気のあるブランド、歴史のあるブランド、今はなくなってしまったブランド等、数え切れないブランドの相場を今まで培ってきた経験を活かして買取に活かしていますので、洋服の買取は安心してお任せ下さい!お客様の大切な洋服を1点1点大切に査定させて頂きます。

  • 洋服の虫食いを見つけたら要注意。増える前に対策を
    NEW

    洋服の虫食いを見つけたときはどうしていますか?今回は虫食いを見つけたときの対応や、虫食いをさせない方法をご紹介します。

    冬の時期に使用したコートやセーターをしまってから、冬前の衣替えの時に取り出してみたら穴が開いていたり、線を引いたように生地が薄くなっていたことはありませんか?それは洋服を食べる虫がそこにいたサイン。ひどいと一冬で穴だらけになっていることもあります。

    穴が開いた服だけよけて、他のものは穴が開いてなさそうだから大丈夫と安心していませんか?虫食いを引き起こす虫は、小さいものが多く気づいていないだけで、他の服の中に潜んでいることがあります。今回は仕舞うときに気を付けることや、虫食いを見かけたときに行うこと、衣替えで押し入れに入れた後にやった方がいいことをご紹介しますので、高かったコートなど虫食いで泣くことが無いように対策しましょう!

  • 臭い洋服、どうすればいい?洗濯で消す方法とは
    NEW

    臭いが染みついた洋服が自宅にある方はいませんか?今回はニオイが染みついて取れなくなった洋服から臭いを落とす方法や、臭いの原因をご紹介します。あきらめていた洋服や、気づいたら臭いが戻ってきていた洋服もこれですっきりできます。

    臭いが染みついた洋服は、しっかり洗うと匂いが落ちます。でも家で洗濯しても落ちないという方が多いと思います。通常の洗濯でしっかり落ちているという場合は、洋服に臭いニオイが付くことはありません。臭いと思うときには洗えていないと思いましょう。

    今回はなぜ衣類からニオイがするのか、ニオイを落とす方法、ニオイを消すときのNG例をご紹介しますので、洗濯物のニオイをあきらめずにスッキリしましょう。

  • イタリアの洋服サイズ、日本サイズ換算表。フランス、イギリス、アメリカサイズも一目でわかる
    NEW

    イタリアの洋服のサイズ、一見見たところで自分に合いそうなサイズわかりませんよね。今回はわかりやすいように日本のサイズと、イタリア、フランス、イギリス、アメリカサイズを比較する表をまとめてみました。

    日本の洋服のほとんどは、S、M、L、LL、XLで展開され、日ごろから自分の洋服のサイズはMサイズぐらいだな、Sサイズだな、というように把握していると思います。しかし急に海外のブランド物を購入しようと思った場合、42、2、XSなど日本ではあまり見かけないサイズ表示に変わりわかりづらいと思います。

    今回は一目でわかりやすいよう日本で多く展開されている国のサイズ表と日本のサイズ表を併せることでわかりやすくしてみました。ネットで購入する際にもぜひ参考にしてみてください。

  • 洋服のカビを取りたい方へ。衣類のカビの対策方法

    洋服にカビが出来ていることありませんか?普段から着ている衣類は問題ないですが、クローゼットにしまっていたものや、かけっぱなしにしていた洋服はカビが生えてしまうことがあります。洗ってもすぐに元通りになったり、気づくといろいろな服にカビが移っていることがあります。
    今回は洋服などの衣類にカビが発生した時の取り方や、カビが生える原因、カビの予防方法をご紹介します。

    カビというのは食べ物やお風呂場だけに出てくるものではなく、洋服にも出てくる厄介なものです。クリーニングに出したものなのにカビが発生している、梅雨の時期になったらカビが発生していた、在宅ワークになりスーツを着なくなったらカビが発生していた、ということが増えています。

    今回は洋服などの衣類に発生したカビの対処方法と予防方法をご紹介しますので、カビが生えたからとあきらめずに頑張りましょう。

  • 洋服の処分は意外に簡単?分別、寄付、おすすめの方法

    洋服を処分する方法をご紹介します。洋服を処分するときの分別方法や、寄付はどういうものなのかをご紹介しながらおすすめの方法をお伝えしていきます。

    皆さんは気が付いたらクローゼットやタンスの中が洋服でいっぱいになっていたことはないでしょうか。洋服はついつい溜まってしまいがち。気が付くと片付けることができないほどたまっていることがあります。

    ただ洋服を処分するとなるとどうすればいいのかわからなかったり、昔着ていたことを思い出して処分しきれないということもあるかもしれません。
    今回は洋服を処分する基準や、洋服にあった方法を選択をすることで、損せず気持ちをすっきりさせて処分する方法をご紹介しますので参考にしてください。

  • 古着の魅力とは?みんなが始める理由とは

    古着の魅力がわからないという方に古着がどういう点で支持されているのかご紹介します。

    古着はファッションジャンルの一つとして確立され、今では日常的に取り入れられているジャンルです。モード系ブランドも近年古着からインスピレーションを得たデザインを展開する場合や、デザイナーが古着屋に行ってデザイン案を考えるということもあり、近年のトレンドともいえます。
    ただ古着となると手が伸ばしづらいため、取り入れたことが無いという方がほとんどだと思います。いまいち古着を取り入れようと思わない方も多いかもしれません。

    今回は古着の魅力がどういうところにあり、なぜ多くの人が古着を取り入れているのかをご紹介します。古着に触れたことが無かった人は、ぜひ一度古着を取り入れてみてください。

  • 古着の転売は儲かる?基本的には法律違反

    古着の転売を副業やおこづかい集めとして始める人がいますが、基本的には法律違反です。今は個人売買がしやすい環境になり、私物を売ることが一般的になりつつありますが、一部問題になることがあります。

    古着の転売、古着のせどり(せどりは本来、本の時に使われる言葉)はフリマアプリがはやり始めて広まってきています。これは古着屋に行き、古着をたくさん購入して、フリマアプリで販売をして利益を得ることで副業にしようというものですが、古着に関しては基本的に法律的な問題があるので安易に始めるのは危険です。

    今回は古着の転売にはどういう問題があるのか、万が一法的にアウトだった場合どうなるのか、どのような手続きを通せば問題がなくなるのか、問題をクリアした際に儲けることができるのかどうか説明します。

  • 古着屋の商品に偽物はある?怖いと思わず購入してOK?

    古着屋の商品には偽物があります。古着屋だけに限らずリユースショップに並んでいる商品の中には偽物が混じってしまうことがあります。

    どうしても買取をしたものを販売していることから、偽物が並ぶことがあります。各お店で買取されたものは各お店ごとの基準でしっかりと確認され、本物の商品を並べるように努力されていますが、コピー品は年々巧妙になっていることや、どうしても見落とされている場合があります。

    ただし、基本的に個人売買より圧倒的に安心して購入できます。お店側もできるだけ偽物、コピー品を売らないよう努力しているので安心してもいいでしょう。今回は偽物が紛れ込んでしまう理由や、偽物を購入してしまった場合どうするかなどをご紹介します。

  • 洋服についた血のシミ汚れは取り除ける。帰った後の処置でOK

    洋服に血がついてしまったとき、シミになると焦ったり、がっかりしたりしませんか。洋服についた血液ですが、焦らなくても基本的に落とせますので安心してください。

    人によっては鼻血が出やすい体質だったり、けがをした後で血がついてしまうことや、うっかり血がついてしまうことがあります。家にいるのであればすぐに洗えるので安心ですが、外出先ではすぐに洗えないので応急処置にとどまったり、場合によっては何もできないまま家に帰るということになります。

    今回は応急処置ができなかった時でも安心して生活できるように、洋服についた血液汚れの洗濯方法や、シミ落としの方法後ご紹介します。やりがちなNGな行動も併せて紹介しますので、今後血が付いた時にうっかりNGなことをしないようにしましょう。

  • 洋服の黄ばみの落とし方。原因から見る洗濯方法と予防法

    洋服の黄ばみの落とし方をご紹介します。洋服を保管していて久しぶりに出してみたら黄ばんでいたということはありませんか?洋服の黄ばみは落とし方を知らないと全然落ちないのであきらめてクリーニングに出しているということが多いと思います。

    でも、家で洗える服であればお家で綺麗にする方法があります。あきらめる前に一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。お家でできる範囲は限られていますが、応用すれば黄ばみ以外も綺麗にすることができます。

    大切にしていた服や、日ごろから使用していて汚れてきた襟や袖口の黄ばみや黒ずみ、まとめて全部きれいにできる方法をご紹介します。あきらめる前にぜひ一度試してみてください!

  • 日焼け止めが付いた洋服の汚れの落とし方。シミや変色はちゃんと落ちる

    日焼け止めが洋服について汚れてしまったということはありませんか?もしくは夏場に塗った日焼け止めが襟回りなどについて洋服が汚れてしまうということはありませんか?今回は日焼け止めが付いた洋服を綺麗にする方法をご紹介します。

    日焼け止めは夏場には必需品ともいえる時代になり、女性、男性問わず塗っている方が多くなってきました。日焼け止めは汗で流れづらいように水分をはじくように作られているため、洗濯では落ちづらく、洋服についた場合クリーニングをしないと落ちないと考えているのではないのでしょうか。

    今回は日焼け止めが付いた洋服を綺麗にする方法をご紹介するとともに、変色の原因になるNG例も併せてご紹介するので、あきらめずに綺麗にしましょう。

  • 日焼けした洋服は洗って綺麗になる?日焼けは元に戻らない

    日焼けした洋服が家にある方いませんか?日焼けした洋服は一見汚れたような、色あせたように見えます。今回は日焼けした洋服が元に戻るのか、洗濯すれば綺麗になるのか、日焼けした場合どうすれば元通りになるのかをご紹介します。

    結論だけ言うと日焼けした洋服は元に戻りませんし、洗っても綺麗になるものではありません。日焼けすると見栄えが悪くなってしまうため、日ごろから予防することが重要です。
    購入したままかけっぱなしにしていて、気が付いたら肩や首回りが日焼けしてしまい、価値が下がってしまうということがあります。

    今回は日焼けした洋服はどうなるのか、なぜ日焼けするのか、日焼けした洋服をどうすれば綺麗にできるのかをご紹介します。自分がお持ちの洋服を大切にするために日ごろから気を付けることで日焼けから守ることができます。ぜひ参考にしてくださいね。

  • 古着の臭いは何が原因?落ちづらい古着の臭いを落とす方法

    古着の臭いは独特で落ちづらいですよね。今回は古着の臭いの原因と、落とし方をご紹介します。独特の臭いが古着らしくていいという方もいるかもしれませんが、基本的に臭いはない方が印象がいいので落としたくなった時に試してみてください。

    古着は独特のにおいがして気になる人は非常に気になるかと思います。何とも言えないニオイが気になって気に入って購入したもののあまり使用できないまま保管している、という方もいるかもしれません。
    普通に洗っただけではなかなか匂いが取れず、柔軟剤でニオイを上書きしようとしてみてもうまくいかないので、あきらめているかもしれません。

    今回はあのニオイが一体何なのか、独特の臭いをどうすれば落とせるのかをご紹介します。ニオイがきつくて着られないというものでもあきらめずにチャレンジしてみてください。

  • 古着は汚い?抵抗感があるなら避けるべき?

    古着は汚いと避けていませんか?古着に抵抗を感じて新品だけを購入しているという方もいるかもしれません。今回は古着に対する考え方をご紹介します。

    近年おしゃれの一つとして古着屋が人気になっています。ファッションの一つのジャンルとして古着が人気ですが、時代の違うおしゃれで、値段が手ごろということで選ぶ人が多いようです。
    でも古着は汚い、古着に抵抗感があるという方もいます。洗濯しても汚く感じる、汚れが落ちない、ニオイが気になるなどというのが理由のようです。

    今回は古着に対する考え方についてお話しするとともに、一般の方がどのように考えているのかをご紹介します。古着屋さんは絶対に無理という方でも中古品を購入できるかもしれません。

  • 洋服を買取に出す前はクリーニングに出した方がいい?クリーニング代の方が高いことも

    「洋服を買取に出すのなら、クリーニングに出した方が高く売れる」そんな話を耳にして、クリーニングに出してからリサイクルショップへ買取に持ち込んでいるという方、意外と多いのではないでしょうか。
    でも、もう手放す古着に自分の負担でクリーニングに出すということに抵抗を感じませんか。実際、リサイクルショップへの問い合わせで「買取前にクリーニングは必要ですか?」という内容は、よくある質問です。クリーニングにかかる料金は決して安くはありませんので、皆さま悩まれている点かと思います。

    今回は、そんな悩みを解決して納得のいく買取をしていただけるよう、買取に出す前のクリーニングについて、判断のポイントを紹介いたします。

1  2  3  4  5  6