CATEGORY洋服

エコスタイルは創業してから今までずっと洋服の買取をして参りました。洋服の買取に必要な事はトレンドやディティールといった知識といくらで販売できるのかの相場の把握です。人気のあるブランド、歴史のあるブランド、今はなくなってしまったブランド等、数え切れないブランドの相場を今まで培ってきた経験を活かして買取に活かしていますので、洋服の買取は安心してお任せ下さい!お客様の大切な洋服を1点1点大切に査定させて頂きます。

  • ビンテージ古着はクリーニング?それとも洗濯?
    NEW

    ビンテージ古着はクリーニングで洗うことをおすすめします。購入した古着にシミがあったり汚れがついていたり、気になって洗いたいときはありませんか。ただ他の洋服と一緒に洗濯機で洗うのはリスクが高い行動です。

    ビンテージ古着は今の洋服と違って洗い方が分かりづらいものがあったり、シミや汚れが気になって洗っても落ちないことが多く、中古感が出てしまってどうにかヴィンテージ感を残したまま綺麗にしたいと思うことはあると思います。
    ただキレイにしたくても色落ちが気になったり、洋服の生地のダメージが気になってガシガシ洗えない人がほとんどです。

    今回はビンテージの古着はクリーニングに出したほうがいいこと、ただ日ごろは自宅で洗うことも可能だということをご紹介します。

  • 古着が高い理由とは?安いものと高いものの違い
    NEW

    古着が高い理由をご存知ですか?誰かが使用した古着なのに、思っていたよりも高い、古いものなのになぜこんなに高いのと感じたことがあるかもしれません。今回は古着が高い理由と、古着屋にあるヴィンテージとデッドストックの違い、古着の価格の違いの理由についてご紹介します。

    古着といえばリーバイスなどのデニムアイテムや、ラルフローレンのような普段着のような古着、レザージャケットなどをイメージするかもしれません。どれも使用感があったり、古かったりで高いと感じた人もいるかもしれません。古着屋さんで並んでいるものを見て、良いと感じる人と、古い、状態が良くないと感じる人と別れるでしょう。

    今回新品ではなくあえて古着を選ぼうと思った方、単純に古着が高い理由が気になった方が興味を持ってみてもらえればと思います。

  • 古着みたいな服はどういうもの?古着っぽいブランドと合わせて古着男子、古着女子に
    NEW

    古着みたいな服を着たいと思ってもどういうものが古着っぽいか疑問に思いませんか?今回は古着みたいな服がどういうアイテムか、どのブランドを取り入れると古着っぽく見えるかをご紹介します。

    最近のトレンドの一つに古着があり、古着男子、古着女子というハッシュタグをつけて古着コーデを投稿している方がいらっしゃります。独特の雰囲気が出る古着ですが、古着屋で古着を購入したり、日ごろから古着に触れていないといまいちピンと来なかったりします。

    今回は古着屋で購入しなくても古着っぽく見える裏技や、古着っぽく見えやすいブランドをご紹介しますので、これから古着にチャレンジしてみたいという方は参考にしてみてください。要点を抑えるとインスタなどのコーデを真似しやすくなります。

  • 和服と洋服の違いはどこにある?着物でわかりやすく説明

    和服と洋服の違い、あなたは説明できますか?今回はなんとなくイメージできても説明が難しい、和服と洋服の違いについてご紹介します。

    一般的に和服と聞いてイメージするのは着物ではないでしょうか。昔から、呉服、反物、着物というイメージがあり、時代劇などでは呉服店=いいところの商人というイメージがついていると思います。日本の民族衣装である着物は、洋服とは全然違うもので、時代に合わせて変化してきたものの、平安時代の段階ではすでに着物が存在しており、長年日本で親しまれてきた服装です。

    今回は和服と洋服の違い、和服、反物、着物の意味、時代によって変わってきた日本の着物文化を紹介しながら、和服の魅力をご紹介していきます。

  • 古着の買取で毛皮が高く売れる?毛皮の種類と相場説明

    古着の買取で気になるのは毛皮の価格ではないでしょうか。今回は購入すると非常に高額な毛皮アイテムが中古でどのぐらいの人気があるのか、買取価格についての説明を行います。

    毛皮といえば、かつて日本でも人気があった贅沢の極みともいえるアイテムでしょう。定価は100万円を越えるものがあり、肌触りのいい毛皮、希少な毛皮になるほど価格はどんどんと上がっていました。
    ただ最近になって周りを見ていると、毛皮のコートなどゴージャスなものは使用していない場合がほとんど。

    今回は高かった毛皮が買取の際どの程度の価格になっているのか、その相場の説明、周りからの評価などをご紹介します。もしも売却を考えている場合は今のうちに売却することをおすすめしますが、売りに出す前に毛皮の評価をしっかりと確認しておきましょう。

  • 古着屋で買ったデニムの洗濯はするべき?普段使いの時は?

    古着屋で買ったデニムは洗濯した方がいいのか迷いますよね。今回はデニムやジーンズは洗濯した方がいいのか、洗濯はどういう方法で洗濯をするのかをご紹介します。

    デニムは洗わない方がいい。という都市伝説のようなことを信じている人がいます。もちろんアタリによる使用感などを綺麗に仕上げるために洗わないという場合もありますが、基本的に長持ちさせたい、綺麗にエイジングさせたいという場合は洗濯した方がいいです。
    洗い方にもよりますが、定期的に洗濯することにより繊維の汚れが取れ、繊維の間が締まることで丈夫になります。

    今回はデニムをなぜ洗濯するのか、洗濯しない場合はどうなるのかなどをご紹介し、大事なデニムの洗い方も併せてご紹介します。普段から綺麗なデニムを着用して、綺麗にエイジングさせましょう。

  • 古着屋で購入したものが偽物だった時の返品方法とは

    古着屋で購入したものが偽物だった時、返品したくなりますよね。でも古着屋の商品は返品できないのが一般的。そんなときどうしたらいいか不安になりませんか?今回は古着屋で偽物を購入した際の返品方法をご紹介します。

    古着屋で古着を購入する際、そのブランドのお店ではないので偽物が無いか気になりますよね。お店側も注意していますが偽物が紛れ込んでしまうことがあります。そんな時はお店側も誠実に対応してくれます。ただし、自分が販売したものだけに限るので、証明が必要です。

    今回は古着屋で購入してしまった偽物を返品する際に必要な情報や、持って行った方がいいものをご紹介します。お店で断られないためにもきちんと準備してからお店に行きましょう。

  • 古着の魅力とは?みんなが始める理由とは

    古着の魅力がわからないという方に古着がどういう点で支持されているのかご紹介します。

    古着はファッションジャンルの一つとして確立され、今では日常的に取り入れられているジャンルです。モード系ブランドも近年古着からインスピレーションを得たデザインを展開する場合や、デザイナーが古着屋に行ってデザイン案を考えるということもあり、近年のトレンドともいえます。
    ただ古着となると手が伸ばしづらいため、取り入れたことが無いという方がほとんどだと思います。いまいち古着を取り入れようと思わない方も多いかもしれません。

    今回は古着の魅力がどういうところにあり、なぜ多くの人が古着を取り入れているのかをご紹介します。古着に触れたことが無かった人は、ぜひ一度古着を取り入れてみてください。

  • 古着の転売は儲かる?基本的には法律違反

    古着の転売を副業やおこづかい集めとして始める人がいますが、基本的には法律違反です。今は個人売買がしやすい環境になり、私物を売ることが一般的になりつつありますが、一部問題になることがあります。

    古着の転売、古着のせどり(せどりは本来、本の時に使われる言葉)はフリマアプリがはやり始めて広まってきています。これは古着屋に行き、古着をたくさん購入して、フリマアプリで販売をして利益を得ることで副業にしようというものですが、古着に関しては基本的に法律的な問題があるので安易に始めるのは危険です。

    今回は古着の転売にはどういう問題があるのか、万が一法的にアウトだった場合どうなるのか、どのような手続きを通せば問題がなくなるのか、問題をクリアした際に儲けることができるのかどうか説明します。

  • 古着屋の商品に偽物はある?怖いと思わず購入してOK?

    古着屋の商品には偽物があります。古着屋だけに限らずリユースショップに並んでいる商品の中には偽物が混じってしまうことがあります。

    どうしても買取をしたものを販売していることから、偽物が並ぶことがあります。各お店で買取されたものは各お店ごとの基準でしっかりと確認され、本物の商品を並べるように努力されていますが、コピー品は年々巧妙になっていることや、どうしても見落とされている場合があります。

    ただし、基本的に個人売買より圧倒的に安心して購入できます。お店側もできるだけ偽物、コピー品を売らないよう努力しているので安心してもいいでしょう。今回は偽物が紛れ込んでしまう理由や、偽物を購入してしまった場合どうするかなどをご紹介します。

  • 洋服についた血のシミ汚れは取り除ける。帰った後の処置でOK

    洋服に血がついてしまったとき、シミになると焦ったり、がっかりしたりしませんか。洋服についた血液ですが、焦らなくても基本的に落とせますので安心してください。

    人によっては鼻血が出やすい体質だったり、けがをした後で血がついてしまうことや、うっかり血がついてしまうことがあります。家にいるのであればすぐに洗えるので安心ですが、外出先ではすぐに洗えないので応急処置にとどまったり、場合によっては何もできないまま家に帰るということになります。

    今回は応急処置ができなかった時でも安心して生活できるように、洋服についた血液汚れの洗濯方法や、シミ落としの方法後ご紹介します。やりがちなNGな行動も併せて紹介しますので、今後血が付いた時にうっかりNGなことをしないようにしましょう。

  • 洋服の黄ばみの落とし方。原因から見る洗濯方法と予防法

    洋服の黄ばみの落とし方をご紹介します。洋服を保管していて久しぶりに出してみたら黄ばんでいたということはありませんか?洋服の黄ばみは落とし方を知らないと全然落ちないのであきらめてクリーニングに出しているということが多いと思います。

    でも、家で洗える服であればお家で綺麗にする方法があります。あきらめる前に一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。お家でできる範囲は限られていますが、応用すれば黄ばみ以外も綺麗にすることができます。

    大切にしていた服や、日ごろから使用していて汚れてきた襟や袖口の黄ばみや黒ずみ、まとめて全部きれいにできる方法をご紹介します。あきらめる前にぜひ一度試してみてください!

  • 日焼け止めが付いた洋服の汚れの落とし方。シミや変色はちゃんと落ちる

    日焼け止めが洋服について汚れてしまったということはありませんか?もしくは夏場に塗った日焼け止めが襟回りなどについて洋服が汚れてしまうということはありませんか?今回は日焼け止めが付いた洋服を綺麗にする方法をご紹介します。

    日焼け止めは夏場には必需品ともいえる時代になり、女性、男性問わず塗っている方が多くなってきました。日焼け止めは汗で流れづらいように水分をはじくように作られているため、洗濯では落ちづらく、洋服についた場合クリーニングをしないと落ちないと考えているのではないのでしょうか。

    今回は日焼け止めが付いた洋服を綺麗にする方法をご紹介するとともに、変色の原因になるNG例も併せてご紹介するので、あきらめずに綺麗にしましょう。

  • 日焼けした洋服は洗って綺麗になる?日焼けは元に戻らない

    日焼けした洋服が家にある方いませんか?日焼けした洋服は一見汚れたような、色あせたように見えます。今回は日焼けした洋服が元に戻るのか、洗濯すれば綺麗になるのか、日焼けした場合どうすれば元通りになるのかをご紹介します。

    結論だけ言うと日焼けした洋服は元に戻りませんし、洗っても綺麗になるものではありません。日焼けすると見栄えが悪くなってしまうため、日ごろから予防することが重要です。
    購入したままかけっぱなしにしていて、気が付いたら肩や首回りが日焼けしてしまい、価値が下がってしまうということがあります。

    今回は日焼けした洋服はどうなるのか、なぜ日焼けするのか、日焼けした洋服をどうすれば綺麗にできるのかをご紹介します。自分がお持ちの洋服を大切にするために日ごろから気を付けることで日焼けから守ることができます。ぜひ参考にしてくださいね。

  • 古着の臭いは何が原因?落ちづらい古着の臭いを落とす方法

    古着の臭いは独特で落ちづらいですよね。今回は古着の臭いの原因と、落とし方をご紹介します。独特の臭いが古着らしくていいという方もいるかもしれませんが、基本的に臭いはない方が印象がいいので落としたくなった時に試してみてください。

    古着は独特のにおいがして気になる人は非常に気になるかと思います。何とも言えないニオイが気になって気に入って購入したもののあまり使用できないまま保管している、という方もいるかもしれません。
    普通に洗っただけではなかなか匂いが取れず、柔軟剤でニオイを上書きしようとしてみてもうまくいかないので、あきらめているかもしれません。

    今回はあのニオイが一体何なのか、独特の臭いをどうすれば落とせるのかをご紹介します。ニオイがきつくて着られないというものでもあきらめずにチャレンジしてみてください。

1  2  3  4  5  6