CATEGORY洋服

  • 古着のシミ抜き!古着を驚くほどキレイに洗濯する方法
    NEW

    古着という性質上、シミや汚れが気になる場合もあります。そんな時の洗濯方法をご紹介します。大体の物が時間が経過して頑固になっている事が殆どでしょう。落とそうとして間違ったお手入れをしてしまってはマイナスになるかもしれません。

      中古で購入した洋服にシミや汚れがあった場合も、しっかりと対処すれば綺麗にできます。パッと見た時に汚い。と思ったものも驚くほどきれいにすることができるかもしれません。

      また、ご紹介する内容は日頃から使用できるテクニックです。食事中洋服にシミをつけてしてしまったり、外出中にいつの間にか汚れてしまっていたものや、いつの間にかついて乾燥した血液などでも大丈夫です。

      ぜひ応用して綺麗な洋服を楽しんでください。

  • 洋服の処分は意外に簡単?分別、寄付、おすすめの方法4選
    NEW

    洋服を処分する方法をご紹介します。洋服を処分するときの分別方法や、寄付はどういうものなのかをご紹介しながらおすすめの方法をお伝えしていきます。

    皆さんは気が付いたらクローゼットやタンスの中が洋服でいっぱいになっていたことはないでしょうか。洋服はついつい溜まってしまいがち。気が付くと片付けることができないほどたまっていることがあります。

    ただ洋服を処分するとなるとどうすればいいのかわからなかったり、昔着ていたことを思い出して処分しきれないということもあるかもしれません。
    今回は洋服を処分する基準や、洋服にあった方法を選択をすることで、損せず気持ちをすっきりさせて処分する方法をご紹介しますので参考にしてください。

  • 着なくなった・着られなくなった洋服の処分。売るか・捨てるか、困っています。
    NEW

    日々の生活を送るために洋服は欠かせません。仕事の時にスーツを着用する男性は多いと思います。
    また新生活、ライフスタイルの変化、趣味が変わる、妊娠・出産による体型の変化などの様々な要因から、私たちは洋服の処分を考える場面に直面します。

    皆様が大事にされていた洋服を、納得のいく形で処分したいと思いませんか?衣類の処分には様々な方法がありますので、それぞれのメリットやデメリットなどを見て、ご自身の洋服の処分時に役立てていただければと思います。

  • マムートのサイズ感

    本日はマムートのサイズ感に関して記載していきます。
    近年の日本は、空前のアウトドアブームです。2020年の3月頃からコロナウイルスの蔓延により、3密を避けるなどこれまでの生活や常識が一変しました。 そんな中で、3密にはならない外で過ごすキャンプなどのアウトドアが爆発的な人気となりました。そこで今売りに売れているのが雨や風除け、防寒などを備えた機能性の高いアウトドアファッションです。 今回ご紹介するスイス発のアウトドアブランドであるマムートも、「欲しい!」「知りたい!」という方が、格段に増えています。

    ここではメンズとレディースのサイズの違い、アジア表記とUSA表記の違いをご紹介していきます。要点を抑えて快適なアウトドアライフを過ごしていきましょう!

  • ノースフェイスのサイズ感。サイズ表と人気アイテムの実寸紹介!

    今回のコラムではノースフェイスのサイズ感をメンズ、レディースごとにご紹介していきます。この冬ノースフェイスデビューを予定されている方はぜひご覧ください。

    アメリカのアウトドアブランドで、日本国内においても絶大なる人気を誇るザ・ノースフェイス。ストリートではもちろんのこと、最近では通勤着にマウンテンパーカーやダウンジャケットを着用している方も多く見かけるようになりました。

    そんなノースフェイスにはサイズ展開がUSA規格のものと、日本規格のものがございます。ネットショップでいつものサイズを購入したつもりでも海外企画のもので、全くサイズが合わなかったということで買取に出される方も少なくありません。

    ご紹介する内容が少しでもお客様のためになればと思います。

  • 洋服の良し悪しはパタンナー次第、意外と知らないパタンナーの仕事とは

    洋服の良し悪しはパタンナーで変わると言われています。パタンナーの仕事とは「洋服の型紙(パターン)を作る人」です。
    「型紙」とは洋服の設計図のことです。プラモデルを作るときに説明書がないと作れないように洋服を作るときも設計図がないと作ることができません。

    ラグジュアリーブランドで、よく新しいデザイナーの就任が報道されますが彼らの独特な感性を再現するためにはパタンナーの力が必要です。

    そして、デザインをどのように表現するかはパタンナーによって異なってきます。ありとあらゆる知識と技術を総動員してデザイナーの感性にこたえられるかがパタンナーの腕の見せどころです。
    その知識と経験はなかなか文章で伝えることはできませんが、ご紹介したいと思います。

  • 着なくなった洋服を売りたい・・・値段が付くお洋服の状態をご紹介!

    着なくなったお洋服のお買取をして欲しい・・・ しかし状態によっては買取ができないのではないかとお考えになる方も多くいらっしゃるのはないかと思います。   持っている洋服がこんな状態だけど買取が可能なのかどうかを知りたい、実際に値段が付くものなのかを知りたいという方のご参考になれば幸いでございます。   この状態なら値段が付かないだろうし、持って行っても仕方がないかなとお考えの方に、この記事を読んでいただき、少しでもお買取できるお品物のご状態をお伝えできたらと思います。   思い入れのあるお洋服を捨てるのではなく、お買取をさせていただき、そのお品物を次のお客様にお渡しさせていただきたいと考えておりますので、今回のコラム記事を読んでいただき、お買取についての参考にしていただければと思います。

  • 洋服のお手入れと汚れた際の応急処置 ~長く使用する為に~

    今回は洋服の日頃から出来る簡単なお手入れから、汚れてしまった時の応急処置をご紹介します。 毎回すぐにクリーニングにお願いできればいいですが、なかなかクリーニングに出せないのも現実です。日頃から洗えるものならいいですが洗えない物もあります。   気に入った洋服やちょっと贅沢して買った有名ブランドの洋服、ずっと着ていたいと思いませんか?いつかは買い替えるにしても長く着られるに越したことはありません。洗濯した方がいいのか、防虫剤を使用するのはどうなのか、気になりますよね?   今回はちょっとした、簡単な、日頃から出来るお手入れから、緊急時のとっさの応急処置をご紹介いたします。また、普段は難しいシミ落としのやり方も合わせてご紹介いたします。いつもの服も、もっと長く使用して下さい。

  • 古着の定番リーバイス505の年代別価値とは??

    古着の定番リーバイス505の年代別価値を考えます。多くのコレクターがいるリーバイスですが、どういったものにどのくらいの価値が付くのかご存知ですか?

    リーバイスにはヴィンテージ評価が付くアイテムが存在します。20年ほど前に一度流行り、その時に新品を買いこんでヴィンテージになるのを待った方もいるぐらいです。

    今回はリーバイス505でどういったものに価値が付くのか、どういったものに人気があるのかをご紹介いたします。

  • 古着の年代を知るために押さえておきたい特徴

    近年、プレミア古着といったように、希少性の高い古着の人気が再燃しています。 中には、デニム1本数十万で取引される大変貴重な古着も存在しており、新たな価値の見方が増えています。 では、希少価値の高い古着の年代の知るためには、どこをチェックすればよいのか、少しづつ紐解いていきたいと思います。