CATEGORY 洋服

2020/08/3110年前の服でも買い取りしてもらえる?昔の服が買取できないわけ

洋服

  • LINEで送る
10年前の服でも買い取りしてもらえる?昔の服が買取できないわけ

10年前に購入した服を買い取りに出したときに断られたことはありませんか?今回は、10年以上経過した服が断られやすい理由と、昔に購入した服でも買取してもらえる服、買取りしてもらえない服がどういう部分でわかれてくるのかを説明します。

多くの買取店では、10年ほど経過した服に関しては経年を理由に買取ができないと断っています。なぜ時間が経過すると買取を断るのかご存じでしょうか。洋服というものにはトレンドがあり、10年も経過しているとトレンドからずれてしまうため、気づくと着ていない状態になっているのがほとんどです。

今回は買取店からの目線で、どういったものなら時間が経過していてもしっかりとした買取金額が付くのか、また時間が経過すると買取店側ではどういう理由で断っているのかをご紹介します。

  • 10年前の服でも買い取りしてもらえることも

    10年前の服でも買い取りしてもらえることも

    10年前の服は買取に出しても査定してもらえない…とお考えですか?ファストファッションやノーブランドの洋服は買取対象外の買取店がほとんどですが、ブランドの洋服は10年前の古着でも買取可能な場合がございます。
    特にシャネルは、近年中古市場での人気が高く、古い洋服でも高い買取価格が付きやすいです。

    気に入って購入したものの、流行の移り変わりや好みの変化でいつの間にか着なくなった洋服は誰でもお持ちなのではないでしょうか。女性の方は出産などの体型の変化で着られなくなった洋服もあるかもしれませんね。着なくなった洋服でも、ブランド品や値段が高かった品物は処分する決心が出来ず、クローゼットにしまったままになってしまいがちです。そんな衣類の整理には古着の買取店に査定に出す方法がおすすめです。

  • 昔の服はなぜ断られやすいのか

    昔の服はなぜ断られやすいのか

    昔の洋服はシャネルなどハイブランドの品物ですと近年のヴィンテージ人気により高価買取になることもございますが、人気ブランドの洋服でも買取不可になる場合もございます。

    洋服は色やデザインなどトレンドがあるため、リサイクルショップで再販する際には新しい商品の方が好まれます。洋服は、使用していると擦れや汚れが付いてしまい、使っていなくても保管状態によっては伸びや色褪せなどで劣化してしまう品物です。ですがらほとんどの買取店では状態の悪い洋服は買取不可となっています。
    そのため、購入した時には高い価格だった人気ブランドの品物であっても、10年前の洋服はニーズが無くなってしまうので、古い洋服の買取を断る買取店が多いのです。

  • まとめ

    昔の洋服はいつの間にか溜まってしまいクローゼットを圧迫するものです。季節や流行ごとに新しい洋服を購入すると、着なくなる古い洋服が増えてゆきますので、衣類の整理には買取に出すことがおすすめです。

    フリマアプリやオークションを利用して売る方法もございますが、出品や梱包・発送など手間がかかり、なかなか面倒です。10年前の洋服は、今着ていないのであれば、おそらく今後も着ることのない洋服です。10年前の古い洋服でも買取可能なリサイクルショップもあり、シャネルなどのハイブランドや人気のアイテムによっては高価買取になる場合がございます。

    ファストファッションやノーブランドの洋服は買取不可のショップがほとんどですが、リサイクルのためにも一度買取店を利用してみてはいかがでしょうか。エコスタイルでは10年以上前に購入した洋服であっても買取可能な場合があります。ノーブランドやファストファッションは引き取りになりますが、シャネルなどの人気ブランドはヴィンテージ品としてしっかりと買取をしております。一度ご相談ください。

お見積もりだけ・初めての方でも大歓迎!