CATEGORY 洋服

2021/08/02洋服を売るタイミングで買取価格は変わる?

洋服

  • LINEで送る
洋服を売るタイミングで買取価格は変わる?

洋服を売るタイミングで買取価格が変わります。ただ、売るタイミングといっても、季節によって買取価格が高くなるという話ではありません。今回は洋服を売るタイミングで買取価格が変わるということを説明します。

フランチャイズの洋服買取店などは、在庫を抱えることができず、シーズン終わりには在庫をすべて販売する必要があるため、売れ筋のものを集めるためにシーズン内のものを買取が高いということで集めています。

ただそのシーズンが高いというわけではなく、買取ができるのがシーズン内ということがほとんどです。今回は洋服を売るタイミングは実際のところいつがいいのか、しっかりとご説明します。これを見れば洋服を売るタイミングがいつなのかしっかりとわかります。

  • 洋服を売るタイミングで買取価格が変わる会社もある

    洋服を売るタイミングで買取価格が変わる会社もある
    洋服を売る際、出来るだけ高く売れるタイミングで買取りに出したいと思いますよね。買取店によっては、買取りに出すタイミングで買取価格が変動するところがございます。

    中には、そのシーズンの古着は〇月~〇月まで、と買取期間を指定している買取業者もございます。そういった買取店の場合は、その時期以外の時に買取りに持って行くと、買取価格をかなり抑えられたり買取りを断られることもございます。ですが、数ある買取業者の中には、オールシーズンいつでも買取りをおこなっているところもございます。

    オールシーズン買取りの買取店であれば、どのタイミングで査定に出しても買取可能で買取価格が変動するもことなく、買取ってもらえます。
  • 一般的に洋服を売るタイミングは売ろうと思ったときが一番高い

    一般的に洋服を売るタイミングは売ろうと思ったときが一番高い
    洋服を売るタイミングは、売ろうと思ったその時がベストです。
    リサイクルショップは、在庫を抱えると維持費がかかってしまうので、買取った古着はすぐに売りたいと考えて買取りをおこなっております。そのため、夏物であれば4月~6月頃、冬物であれば10月~12月頃と、シーズン中に売り切るためシーズン直前に買取を強化している場合があります。

    確かに、季節によりプラス評価の買取りになることもあります。ですが、買取りに出すタイミングを計って保管しているうちに、経年劣化が進んだりトレンドが変わってしまったりとマイナスの評価になる要素が出来てしまい、買取価格が下がってしまうことが多いです
    洋服は売ろうと思ったその時にオールシーズン買取りの買取店に出すことが高価買取のコツです。

  • まとめ

    洋服を売りたいと思うタイミングは、引っ越しや衣替えなど様々な場面があるかと思います。売ることを決心しても、季節を考慮しタイミングを見計らって保管していると結局片付かず、忘れてしまってタイミングを逃してしまう可能性もあります。

    古着は手放そうと思ったそのタイミングで季節問わず年中買取りをおこなっている買取店の査定に出すことが、高価買取のコツです。宅配買取の買取業者だとオールシーズンで買取っているところが比較的に多いです。

    洋服は着用していなくても湿気と乾燥の繰り返しでダメージを受け、臭いや変色など劣化が進んでゆきます。また、トレンドの移り変わりが早いアイテムなので、過ぎてしまった流行りのデザインだと買取価格はグッと下がってしまいます。
    洋服は「着ない」と思ったその時に、早めに買取りに出しましょう。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。