CATEGORY 洋服

2021/08/02リサイクルショップで高く売れる服ってどういう服なの?着てない服は売れづらい?

洋服

  • LINEで送る
リサイクルショップで高く売れる服ってどういう服なの?着てない服は売れづらい?

リサイクルショップで高く売れる服ってどういうものなのか気になりませんか?百貨店などで高かった服がそのまま高く売れるわけではありません。今回はリサイクルショップで高く売れる服はどういうものなのかをご紹介し、少しでも高く売れる方法を併せてご紹介します。

服を売るとき、どのくらいの金額が付くのか、気になると思います。でも実際のところ、自分の服が高くで売れるかどうか、そもそもどういうものが高くで売れるのかわからないと思います。

リサイクルショップで高く売れる服がどういうものなのか、またその理由も併せて紹介し、どういう場合期待できるのかどうかをご紹介します。思ったよりも高く売れた、思っていたよりも安かった、という場合は紹介するポイントで判断されていることが多いです。

  • リサイクルショップで高く売れる服はブランド古着

    リサイクルショップで高く売れる服はブランド古着
    リサイクルショップで高く売れる洋服はブランド古着です。中でもシャネルやグッチなど、誰もが一度は手にしたいと思うようなブランド品は、買取業者での需要が高いため高価な査定額になります。

    ハイブランドと呼ばれるブランド古着は、知名度や人気が高く、もともとの定価も高いため、その分、高価な買取価格がつきます。
    ヴィンテージのものや廃番になった洋服で高い人気があれば、さらに高価な買取金額が期待できます。ハイブランドの洋服は流行に左右されないので、古着であっても安定して買取価格がつきます。

    一方、ノーブランドやファストファッションの洋服は、もともとの定価が低く、ショップのセールなどで安く買うことができるためリサイクルショップでの需要が無いので、買取金額がつきません。
  • ポイントは着たいと思えるかどうか

    ポイントは着たいと思えるかどうか
    リサイクルショップで高く売れる洋服を見極めるポイントは、「着たいと思える」洋服かどうかという点です。

    買取業者はショップで販売するために古着を買取するので、売れる服、すなわち、誰かが着たいと思ってくれる服を求めています。全然着ていない新品の状態であっても、丈が短いなど使いづらいために着ていなかった洋服や、トレンドだったけれどすぐに終わって今は誰も着ていないというような洋服は、定価が高いものであっても需要がないため買取価格は低くなります。
    知名度が高く、誰もが着たいと思える洋服は、買取の際に高い査定額になります。

    また、汚れている状態だと着たいと思う気持ちが低くなってしまいますので、事前に洗濯するなど落とせる汚れを落とし綺麗な状態にすることも、高価買取になるコツです。

  • まとめ

    リサイクルショップでは、誰もが憧れるようなブランド古着が求められます。知名度の高いハイブランドの物は高く売れる傾向があるので、高価な買取価格がつきます。
    ノーブランドやファストファッションの古着は、リサイクルショップで再販しても買い手がなく、需要がないため買取価格がつかず、買取不可としている業者も多いです。

    人気ブランドの古着であっても、トレンドが過ぎてしまうと需要が無くなってしまい買取金額がつかなくなってしまいます。トレンドのブランドや注目を集めているアイテムは、需要が高いうちに売ることが高価買取になるポイントです。
    着ないと思ったら、綺麗な状態のうちに早めにリサイクルショップに持ち込むようにしましょう。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。