CATEGORY手入れ

  • 洋服の虫食いを見つけたら要注意。増える前に対策を
    NEW

    洋服の虫食いを見つけたときはどうしていますか?今回は虫食いを見つけたときの対応や、虫食いをさせない方法をご紹介します。

    冬の時期に使用したコートやセーターをしまってから、冬前の衣替えの時に取り出してみたら穴が開いていたり、線を引いたように生地が薄くなっていたことはありませんか?それは洋服を食べる虫がそこにいたサイン。ひどいと一冬で穴だらけになっていることもあります。

    穴が開いた服だけよけて、他のものは穴が開いてなさそうだから大丈夫と安心していませんか?虫食いを引き起こす虫は、小さいものが多く気づいていないだけで、他の服の中に潜んでいることがあります。今回は仕舞うときに気を付けることや、虫食いを見かけたときに行うこと、衣替えで押し入れに入れた後にやった方がいいことをご紹介しますので、高かったコートなど虫食いで泣くことが無いように対策しましょう!

  • 臭い洋服、どうすればいい?洗濯で消す方法とは
    NEW

    臭いが染みついた洋服が自宅にある方はいませんか?今回はニオイが染みついて取れなくなった洋服から臭いを落とす方法や、臭いの原因をご紹介します。あきらめていた洋服や、気づいたら臭いが戻ってきていた洋服もこれですっきりできます。

    臭いが染みついた洋服は、しっかり洗うと匂いが落ちます。でも家で洗濯しても落ちないという方が多いと思います。通常の洗濯でしっかり落ちているという場合は、洋服に臭いニオイが付くことはありません。臭いと思うときには洗えていないと思いましょう。

    今回はなぜ衣類からニオイがするのか、ニオイを落とす方法、ニオイを消すときのNG例をご紹介しますので、洗濯物のニオイをあきらめずにスッキリしましょう。

  • 日焼け止めが付いた洋服の汚れの落とし方。シミや変色はちゃんと落ちる
    NEW

    日焼け止めが洋服について汚れてしまったということはありませんか?もしくは夏場に塗った日焼け止めが襟回りなどについて洋服が汚れてしまうということはありませんか?今回は日焼け止めが付いた洋服を綺麗にする方法をご紹介します。

    日焼け止めは夏場には必需品ともいえる時代になり、女性、男性問わず塗っている方が多くなってきました。日焼け止めは汗で流れづらいように水分をはじくように作られているため、洗濯では落ちづらく、洋服についた場合クリーニングをしないと落ちないと考えているのではないのでしょうか。

    今回は日焼け止めが付いた洋服を綺麗にする方法をご紹介するとともに、変色の原因になるNG例も併せてご紹介するので、あきらめずに綺麗にしましょう。

  • 日焼けした洋服は洗って綺麗になる?日焼けは元に戻らない

    日焼けした洋服が家にある方いませんか?日焼けした洋服は一見汚れたような、色あせたように見えます。今回は日焼けした洋服が元に戻るのか、洗濯すれば綺麗になるのか、日焼けした場合どうすれば元通りになるのかをご紹介します。

    結論だけ言うと日焼けした洋服は元に戻りませんし、洗っても綺麗になるものではありません。日焼けすると見栄えが悪くなってしまうため、日ごろから予防することが重要です。
    購入したままかけっぱなしにしていて、気が付いたら肩や首回りが日焼けしてしまい、価値が下がってしまうということがあります。

    今回は日焼けした洋服はどうなるのか、なぜ日焼けするのか、日焼けした洋服をどうすれば綺麗にできるのかをご紹介します。自分がお持ちの洋服を大切にするために日ごろから気を付けることで日焼けから守ることができます。ぜひ参考にしてくださいね。

  • 古着の臭いは何が原因?落ちづらい古着の臭いを落とす方法

    古着の臭いは独特で落ちづらいですよね。今回は古着の臭いの原因と、落とし方をご紹介します。独特の臭いが古着らしくていいという方もいるかもしれませんが、基本的に臭いはない方が印象がいいので落としたくなった時に試してみてください。

    古着は独特のにおいがして気になる人は非常に気になるかと思います。何とも言えないニオイが気になって気に入って購入したもののあまり使用できないまま保管している、という方もいるかもしれません。
    普通に洗っただけではなかなか匂いが取れず、柔軟剤でニオイを上書きしようとしてみてもうまくいかないので、あきらめているかもしれません。

    今回はあのニオイが一体何なのか、独特の臭いをどうすれば落とせるのかをご紹介します。ニオイがきつくて着られないというものでもあきらめずにチャレンジしてみてください。

  • 洋服を買取に出す前はクリーニングに出した方がいい?クリーニング代の方が高いことも

    「洋服を買取に出すのなら、クリーニングに出した方が高く売れる」そんな話を耳にして、クリーニングに出してからリサイクルショップへ買取に持ち込んでいるという方、意外と多いのではないでしょうか。
    でも、もう手放す古着に自分の負担でクリーニングに出すということに抵抗を感じませんか。実際、リサイクルショップへの問い合わせで「買取前にクリーニングは必要ですか?」という内容は、よくある質問です。クリーニングにかかる料金は決して安くはありませんので、皆さま悩まれている点かと思います。

    今回は、そんな悩みを解決して納得のいく買取をしていただけるよう、買取に出す前のクリーニングについて、判断のポイントを紹介いたします。

  • カナダグースの頑固な汚れの落とし方!

    今回はカナダグースのダウンジャケットに汚れや着用ダメージが付いてしまった場合の対処法をお教えします。 綺麗に使っていても、着用ダメージというのは避けられないものです。高級ブランドなら長く使いたいですよね。日ごろから気になるところをきれいにするだけでも長持ち具合は違いますよ。

  • モンクレールダウンのお手入れ方法 査定前にクリーニングしよう

    モンクレールダウンを売りに出すときは、査定前にクリーニングを行うのがおすすめです。

    袖や首回りに汚れがついていたり、シミが目立ったりしているダウンは査定でマイナスになり、買取価格が大幅に下がってしまうおそれがあるためです。

    ダウンは自宅で洗濯できませんのでクリーニング店に出すことになりますが、店やメニューの選び方を誤るとせっかくのモンクレールダウンがだめになってしまうので注意が必要です。

    今回は失敗しないモンクレールダウンのクリーニングとお手入れ方法について紹介します。

  • 古着のシミ抜き!古着を驚くほどキレイに洗濯する方法

    古着という性質上、シミや汚れが気になる場合もあります。そんな時の洗濯方法をご紹介します。大体の物が時間が経過して頑固になっている事が殆どでしょう。落とそうとして間違ったお手入れをしてしまってはマイナスになるかもしれません。

      中古で購入した洋服にシミや汚れがあった場合も、しっかりと対処すれば綺麗にできます。パッと見た時に汚い。と思ったものも驚くほどきれいにすることができるかもしれません。

      また、ご紹介する内容は日頃から使用できるテクニックです。食事中洋服にシミをつけてしてしまったり、外出中にいつの間にか汚れてしまっていたものや、いつの間にかついて乾燥した血液などでも大丈夫です。

      ぜひ応用して綺麗な洋服を楽しんでください。

  • MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートのお手入れ方法

    本日はマッキントッシュのゴム引きコートのお手入れ方法について、話していきます。

    マッキントッシュと聞くとどういうブランドを思い浮かべますか?多くの方がゴム引きのコートを思い浮かべると思います。マッキントッシュと言えばゴム引きコートです。
    雨の日でも水がしみこまないので重宝しますし、寒い日でも風を通さないので便利なアイテムです。今回はマッキントッシュのゴム引きコートのお手入れ方法についてご紹介です。日頃着ているコートも何か出来るお手入れ方法があるかもしれませんよ。

  • オールデンなどの革靴の手入れ、教えます。~出来る人は足元から~

    今回はオールデンを始めとしたブランド革靴の基本的な手入れ方法をご紹介いたします。皆さんは手入れ方法はご存知ですか?

    オールデンはもちろん、エドワードグリーン、ジョンロブなど他のブランドでも大丈夫です。手入れを行なっていない。という方はぜひ手入れしましょう。

    出来る人はまず最初に相手の足元を確認するそうです。高い靴なのかを見るのではなく、靴まで気をつかえているかを見ているそうです。

    手入れと言っても特別難しいものではありません。高額な費用が掛かるわけでもありませんので、日頃からまめに手入れすることをおすすめします。
    最近では駅中や街中に靴みがきなどを行なってくれるお店が多くありますよね。ですが日頃からしっかりメンテナンスしていれば必要のない出費です。お家で簡単にお手入れしてみましょう。

  • アクセサリーのお手入れと保管方法(貴金属編)

    今回は大事なアクセサリーを綺麗に保つために、ゴールド、プラチナ、シルバーアクセサリーのお手入れと保管方法をご紹介いたします。日頃身に着けているアクセサリーですが、もっともっと長く、輝いていてほしいと思いませんか?   パッと見綺麗でも、よくよく見てみると知らない間に傷やくすみ、汚れがあってガッカリという事もあります。宝石など付いていない貴金属のみのアクセサリーですが、最もプレーンで基本的な内容ですので、宝石の付いたブランドジュエリーなどに使える内容もあります。   今回の内容をマスターすれば今までよりもぐっと長く綺麗に楽しむ事が出来ますよ。自分を着飾ってくれるアクセサリーはいつまでも輝いていて欲しいもの。ぜひお気に入りのアイテムを長く楽しんでくださいね!

  • 洋服のお手入れと汚れた際の応急処置 ~長く使用する為に~

    今回は洋服の日頃から出来る簡単なお手入れから、汚れてしまった時の応急処置をご紹介します。 毎回すぐにクリーニングにお願いできればいいですが、なかなかクリーニングに出せないのも現実です。日頃から洗えるものならいいですが洗えない物もあります。   気に入った洋服やちょっと贅沢して買った有名ブランドの洋服、ずっと着ていたいと思いませんか?いつかは買い替えるにしても長く着られるに越したことはありません。洗濯した方がいいのか、防虫剤を使用するのはどうなのか、気になりますよね?   今回はちょっとした、簡単な、日頃から出来るお手入れから、緊急時のとっさの応急処置をご紹介いたします。また、普段は難しいシミ落としのやり方も合わせてご紹介いたします。いつもの服も、もっと長く使用して下さい。

  • 富士登山に履いていきたい登山ブーツの選び方とお手入れ

    本日は、エコスタイルの買取アドバイザーがおススメの登山ブーツとお手入れについて紹介します。

  • 土屋鞄を始めとした革製品のお手入れ方法

    土屋鞄等レザーアイテムのお手入れは様々な方法がありますのでぜひ参考にして長く楽しんでください。

    正しいお手入れをすれば良い革のものは驚くほど長く使用することができます。特に土屋鞄のように自然の風合いを生かしたものは革がまだ生きていますので、緩やかなエイジングを楽しむことができます。

    お手入れを知って長く付き合っていけるようにしましょう。

1  2