CATEGORY マッキントッシュ

2021/08/02MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートのお手入れ方法

マッキントッシュ 手入れ

  • LINEで送る
MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートのお手入れ方法

本日はマッキントッシュのゴム引きコートのお手入れ方法について、話していきます。

マッキントッシュと聞くとどういうブランドを思い浮かべますか?多くの方がゴム引きのコートを思い浮かべると思います。マッキントッシュと言えばゴム引きコートです。
雨の日でも水がしみこまないので重宝しますし、寒い日でも風を通さないので便利なアイテムです。今回はマッキントッシュのゴム引きコートのお手入れ方法についてご紹介です。日頃着ているコートも何か出来るお手入れ方法があるかもしれませんよ。

  • ゴム引きコートの欠点

    ゴム引きコートの欠点
    ゴム引きコートには欠点があります。すべてが完璧に思えるゴム引きコートですが、実は、隠れた落とし穴があります。

    生地自体は完璧といえる防水機能を持っています。しかし、生地と生地の間にはどう工夫しても隙間が生まれてしまいます。そのために縫い目に裏から防水テープで張り合わせてあります。この部分が経年とともに劣化してしまうのです。
    特に脇部分は、特に汗をかきやすいところで、汗による酸化が激しく、しかも摩擦する部分でもあるのでボンドの劣化とともに剥がれてしまいます。
    こうしたテープの劣化・剥がれは、一部の専門クリーニング店でしか補修する事ができません。

    もう一つの欠点は擦れにあります。擦れができると特に摩擦の多い肘部分などは色味が白っぽい色に変わってしまいます。一度白くなってしまうとその部分の色素は壊れてしまっているので、基本的に白いままになってしまいます。

    最後の欠点は、基本的に洗濯、クリーニングが出来ないという事です。特にドライクリーニングはゴム引きコートにとって命とりです。テープ全てが剥がれることになってしまいます。また、脱水できない為、基本的にどこのクリーニング店も断るアイテムです。
  • ゴム引きコートのお手入れ方法

    ゴム引きコートのお手入れ方法
    ゴム引きコートもお手入れが必要です。品質がいいからと言って、何もしなかったらそれは劣化に繋がってしまいます。良いお品物だからこそ、丁寧に日頃のメンテナンスを大事にしていきたいものです。

    まず、着用したら、柔らかいブラシで全体をしっかりブラッシングする事です。しっかり外の埃を落としてからクローゼットにしまっていきましょう。
    雨に濡れた場合は、タオル等でしっかり水気をとって、風通しの良い場所に保管やかけておくと色落ち等の心配もありません。直接肌にあたる部分は、そのままにしておくと白化するおそれがあります。濡れたタオルで優しくふいてあげる事で白化や黒ずみを防ぐことができます。
    また基本ですが、コートに合ったハンガーを使用するのも大事な事です。洋服を長持ちさせる事ができます。

    汚れてしまったり、綺麗にしたいときには基本的にマッキントッシュに相談して下さい。最適な方法を提案してくれます。

    あくまでも自己責任になってしまいますが、お風呂場で手作業で丁寧に洗うという事もできなくはないです。脱水できない為、しっかりと洗った後は時間をかけて乾燥させることを忘れずに。

  • どうしても修理が必要となってしまった場合は?

    どうしても修理が必要となってしまった場合は?
    日々のメンテナンスを行っていても、劣化というのはどうしても出てしまうものです。
    そんな場合はクリーニング・リペア専門の業者さんにお願いするしかありません。マッキントッシュに相談をしても受け付けて貰えないこともあります。
    今でこそ、ゴム引きコートの修理業者は多くいますが、昔は防水コートという事もありプロのクリーニング屋でも扱いが難しく、断られることがほとんどでした。

    ちなみに、テープの補修やしみ抜きを業者様に依頼すると平均で4万以上かかります(エコスタイル調べ)。やはり高級な衣料だけに金額も高額です。しかし自分たちでできないわけではありません。
    汚れがついてしまった部分には、濡れたタオルに中性洗剤を少しだけたらし、叩くようにして拭いてみる。その後、洗剤をふき取るような感覚で濡れたタオルで拭く。これだけもゴム引きコートの寿命はぐっと伸びます。
    まずは、あきらめず、試してみる事です。
  • 最後に

    マッキントッシュのゴム引きコートですが、特殊な素材な分、日ごろのお手入れも特殊になってくる場合があります。

    お手入れを怠るとすぐに駄目になるのも特徴の一つです。ゴム引きとは、生地の間に薄いゴムを塗り、張り合わせた素材です。完全防水と言っても過言ではありませんが、その分他の商品には見られないダメージや劣化、問題が起こります。

    マッキントッシュが生まれた国と、日本では、日本の方が高温多湿で、保管に向かない国です。日頃から愛情を注がないとすぐに劣化します。汚れはすぐに落とし、日ごろから風通しのいいところで保管する事で、寿命をぐっと伸ばすことに繋がります。

    使わないかな、と感じた時には早めに手放すことを考えた方がいいかもしれません。エコスタイルではマッキントッシュのゴム引きコートもしっかりと買取しております。ご売却を検討されたらエコスタイルへご相談ください。


  • MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートのお手入れ方法から診断ページに移動

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。

買取ブランド

エコスタイルが取り扱うブランド数は業界トップクラス!ハイブランドだけが高額なのではありません。
カジュアルなブランドやデザイナーズブランドも買取に自信があります。掲載されていないブランドもお気軽にご相談ください。

最寄りの店舗を探す

エコスタイルの買取店はすべて駅近!駅からすぐのところにあります。
ブランド品を長時間持って歩かずに済むのでご安心ください。