CATEGORY サファイヤ

2016/04/15上質なサファイアのランキングについて

サファイヤ

  • LINEで送る
上質なサファイアのランキングについて

上質なサファイアのランキングについてご紹介いたします。

  • コーンフラワーブルー

    コーンフラワーブルー
    柔らかい光沢を放つ紫かかった濃いブルーの逸品は、矢車草の花の色に似ていた事から、コーンフラワーブルーと呼ばれており、市場にさえほとんど出回っていない貴重な品となります。
    産地はカシミールで、もやがかかったようなヘイジ―効果と呼ばれる効果を持ち、現在では産地は問わずに最上級のヘイジ―効果のあるサファイアをコーンフラワーブルーと呼んでいます。
  • ロイヤルブルー

    ロイヤルブルー
    透明度が高くかつ深みのある青でコーンフラワーブルーの次に上質とされています。<BR> 産地はミャンマーのモゴック地方となります。
    コーンフラワーブルーとロイヤルブルーは定義が曖昧で、誰でも自由に言う事はできますが、販売の際の証明書として有効な物は、通称GRSと呼ばれるスイスの鑑別機関のジェムリサーチスイスラボかギュベリン宝石ラボの鑑定書となります。
    日本と海外の、鑑別機関でも定義が異なり、日本の鑑定期間でロイヤルブルーと記載する事ができるのは、ミャンマー産と確定した上でロイヤルブルーの色合いが出ないと鑑別所にロイヤルブルーと記載できません。
    逆にミャンマー産と確定した場合、色合いさえ良ければロイヤルブルーと記載できてしまうので、日本の鑑別機関の鑑定書は海外では通用しません。
  • カワセミのブルー

    カワセミのブルー
    ロイヤルブルーに勝るとも劣らないと言われているのが、カワセミのブルーです。
    産地はスリランカで、ラトナプラというエリアで採れます。
    ラトナプラとはシンハラ語で「宝石の都市」の意味があります。
    サファイアと共にルビーの採掘が盛んで、元々は果物やゴム、プランテーションなどの農業エリアでしたが、ルビーとサファイアの採掘場が増えると共に人口は増加し、1900年初頭には人口4000人弱だった街が2012年には13倍近い52000人の人口となりました。
  • ソフトブルーとインクブルー

    ソフトブルー 青色が濃く鮮やかで深みがあり、コーンフラワーに構造が最も似ています。
    産地はパイリンで、コーンフラワーブルーの採掘がカシミールでできなくなってから、人気が集中しました。
    ただ、現在ではパイリンの採掘場でもソフトブルーが出る事は稀で、希少性が増しています。
    インクブルー ミッドナイトブルーとも呼ばれており、透明度が低く、黒味がかった暗い青の色となります。
    産地はオーストラリアで、大量に採掘される為流通価格は安いサファイアとなります。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。