CATEGORY アウトドア

2021/08/02アウトドアにおすすめの機能的で有名なジャケットは?

アウトドア

  • LINEで送る
アウトドアにおすすめの機能的で有名なジャケットは?

「アウトドア」と聞いて、最初にどのようなことを思い浮かべるでしょうか?
釣りや登山、キャンプなど、思い当たることは様々ではないかと思います。

今回は、アウトドアとファッションの関連性について、エコスタイルバイヤー随一のファッション好きの私が詳しく解説をしていきます。
そもそもアウトドアとはどういうものなのか、アウトドアとファッションの関連性、今人気のアウトドアブランドなど、様々な観点からご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、明日からあなたもアウトドアマスターになれるかもしれません!

  • アウトドアとは?

    アウトドアとは?
    「アウトドア」の正式名称は「アウトドアアクティビティ」と言い、日本ではアクティビティを略して「アウトドア」と表現しています。意味は「野外活動」であり、スポーツやライフスタイルとしても確立しています。

    アウトドアの代表的な活動としては、以下のようなものが挙げられます。

    ・キャンピング
    ・ハイキング、トレッキング
    ・トレイルラン、スカイランニング
    ・スキー、スノボード
    ・海水浴、カヤック、セイリング
    ・パラグライディング
    ・フィッシング、ハンティング
    ・バードウォッチング
    ・キャンプファイヤー

    子供から大人、そして性別も関係なく誰でも気軽に取り組むことができるので、カジュアルアウトドアからプロスタイルアウトドアまで形式は様々です。
  • アウトドアで経験できる自然への教育

    アウトドアで経験できる自然への教育
    古くから自然に触れることは教育面で重要視されていましたが、近年は都市化によって人工的で閉鎖的な生活環境になっていることもあり、今まで以上に注目されるようになりました。野外体験活動や自然体験学習などがあり、ボーイスカウトなどの活動も発展しています。

    近年の日本における都市化は1980年以降目まぐるしく、特に2000年以降はインターネットの普及が急速に進んだため、自宅に居ながら欲しいモノを購入したり、中々見ることのできない現地の風景などをサクサクっと見たりすることもできるようになりました。
    しかし、インターネットの普及は便利で快適なライフスタイルを構築する反面、閉鎖的な社会へと進みつつある側面も見られます。
    わざわざ外に出なくても調べれば風景も見ることができ、モノも買える。そして結果的に内向的になりがちな人も増加傾向になるなど、警鐘がなり始めたのが2010年前後と言われています。

    こうしたことから、アウトドアの意味や価値が再定義され、様々な面で整備されるようになったのです。子供でも楽しめるアウトドア、綺麗で快適なアウトドアなど、その変化は著しく、大人も子供も楽しめるアウトドアが増えてきています。

    アウトドアが人に与える影響は、「五感を研ぎ澄まし、心を豊かに育んでくれること」に他なりません。
    それは大人子供問わずに自然から教わるべき、価値のある大切な教えではないでしょうか。
  • 人気が高い有名なアウトドアブランド

    人気が高い有名なアウトドアブランド
    世界中で発展してきたアウトドアブランドは数多くあり、目的や用途に合わせて様々なラインナップが揃っています。ダウンジャケットやナイロンジャケットなど種類も豊富です。また、防水加工や防寒加工はもとより裏地にも工夫を施している商品がたくさんあります。そして、チェックなどおしゃれなデザインの裏地もあります。

    <米国>
    ・ザノースフェイス・パタゴニア・グレゴリー・コロンビア・MSR・コールマン・ダナー・キーン・ウールリッチ・グラミチ・エルエルビーン・マーモット・シエラデザイン・ワイルドシングス
    <特徴>
    歴史上、イギリスクラシックをベースにアメリカ用にモディファイドされたローアウトドアギアもあれば、最新の素材、ディティールを余すことなく採用するハイテクアウトドアギアまで幅広く揃います。日本でも多くのブランドが輸入されています。

    <カナダ>
    ・カナダグース・アークテリクス
    <特徴>
    軽量で極寒でも耐えられるアウターとして人気のダウンであるカナダグースや、シンプルなデザインで雨などに強い防水性あるリュックなどアウトドア用品の充実しているアークテリクスといったブランドを所有しているカナダ。アウトドアブランドは他にも多く存在していますが、その機能性の高さが日本とは合わないため、輸入があまりされていないという現実もあります。

    <フィンランド>
    ・スント
    <特徴>
    フィンランドは、ヨーロッパの中でも北欧に位置しており、冬は驚くほどの極寒の国です。その中で作られるアウトドアアイテムは、フィンランドのライフスタイルに合わせたスペックが多く、デザインより実用性が重視される傾向にあるようです。

    <ノルウェー>
    ・ヘリーハンセン
    <特徴>
    フィンランド同様、実用性を重視するため、日本での輸入量はそこまで多くありません。ただ、ヘリ―ハンセンとダブルタップスのコラボなどによって再度注目を集めました。

    <スウェーデン>
    ・ホグロフス・クレッタルムーセン
    <特徴>
    フィンランドやノルウェーと同じく実用性を重視していますが、日本ではスウェーデンのアウトドアブランドが多くあり、案外「このブランドってスウェーデンだったの?」と思われる傾向があるようです。

    <スイス>
    ・マムート・ティラック
    <特徴>
    スイスは、中央ヨーロッパに位置する国です。周りは山々に囲まれており、冬の厳しさはかなりのものです。マムートなどは日本の大手セレクトショップでも別注されるなど、比較的知名度の高いブランドで、日本の秋冬ファッションにも取り入れやすい点が特徴です。

    <フランス>
    ・モンクレール
    <特徴>
    言わずと知れた花の都パリを要するフランスは、アウトドアギアに関しても「お洒落着」としての感覚を忘れていません。日本でも多くのフランスブランドが扱われているように、アウトドアブランドも日本のファッションシーンに馴染みやすい傾向があり、安心して着られることは大きな特徴といえるでしょう。また、防水湿性素材であるゴアテックスを使用した機能性がある商品もウリとなっています。

    <イギリス>
    ・バブアー・カリマー
    <特徴>
    洋服の原点として質実剛健を貫くイギリスのアウトドアギアは、正に機能性とぶれない安定したデザインが特徴です。奇抜なモノが少ないのはお国柄であり、安心してアウトドアギアを着たい方にとっては間違いなくおすすめできる一品です。今でも多くの方がイギリスブランドを愛しています。

    <日本>
    ・キャンパルジャパン・SOTO・モンベル・スノーピーク・デサント・キャラバン・ユニフレーム・キャプテンスタッグ・ファイントラック・ナンガ
    <特徴>
    回りを海で囲まれた日本は、海外のアウトドアギアという概念の影響を受けることなく、その土地で着られる独特の工夫により生活を過ごしていた時間が長い国でした。急速なアウトドアギアの発展は、日本の高度経済成長に合わせて躍進的な成長を遂げており、お洒落と実用性・耐久性・防寒性などが兼ね備わった間違いないブランドが多数あります。フードのついたものもおすすめです。
  • アウトドアからタウンまで楽しめる現代のアウトドアアイテム

    アウトドアからタウンまで楽しめる現代のアウトドアアイテム
    現代のアウトドアブランドの立ち位置は、大きく以下の2種類に分けられています。



    本格的なアウトドアとしての目的を果たすためなのか。
    ストレスのない街着としてオシャレに着こなしたいのか。


    共に大きく需要を満たしているアイテムは、一般的に言われるアウトドアジャケット/シェルジャケットとバックパックです。
    マウンテンジャケットの場合、様々なディティールがありますが、デザインが良く、軽くて機能美に優れ扱いやすいマウンテンジャケットはどのブランドにおいても人気の高いアイテムです。
    また、バックパックの場合、軽さはまちまちですが、壊れにくく容量があり、現代に対応した機能美優れたデザインとなっています。都会的なものも多くなり、カジュアルからビジネスまで幅広く利用されるようになりました。


  • アウトドアジャケットの素材や機能性

    アウトドアウェアはアウター、インナー、アンダーの3構造で構成されており、アウターはこれからご紹介するアウトドアジャケットです。
    インナーはフリースといった保温、吸汗拡散の役割を果たし、アンダーは下着と近いものを指し、保温と吸汗速乾の役割を果たしています。

    さて、本題のアウトドアジャケットですが、アウトドアジャケットは多くの機能が搭載されている万能型ジャケットです。
    アウトドアジャケットは、「風と水から身を護ること」を作られました。
    気温や天候に合わせてアウター・インナー・アンダーの3つを組み合わせることで、最も高いパフォーマンスを作り出すことができます。
    また、以下のようにアウトドアジャケットならではのディティールがあることも特徴の一つです。

    1つ目はテープシームであるということ
    2つ目は止水ジッパーが用いられていること
    3つ目はベンチレーション機能

    テープシームは高い防水・防風を実現するために縫い目をテープにすることで高い効果を発揮しています。
    止水ジッパーは通常のファスナーでは防ぎきれない防水・防風の効果を高めてくれるディティールです。これによりアウトドアギアは大きな進歩を遂げました。

    そしてベンチレーションは、湿度調整の役割を担っています。
    汗をかくと蒸れてきてしまうのですが、このベンチレーションの開閉調節により、汗による群れを防止する役割を果たしてくれるのです。
  • リユースでも需要が高いアウトドアアイテム

    リユースでも需要が高いアウトドアアイテム
    リユース市場におけるアウトドアアイテムの需要は年々上昇傾向にあります。
    その理由としては、「アウトドアだけでなく、おしゃれ着として身につける方が多くなったこと」、「ビジネスシーンでも着用する方が多くなったことにより需要の幅が大きく広がったこと」が挙げられるでしょう。

    また、これまではデザインも野暮ったいデザインが目立ちましたが、近年は改良化が進み、どんどんスタイリッシュになってきています。これも大きな要因といえるでしょう。
    実は、アウトドアアイテムは実用性に富んだものが多く、今までと違ったライフスタイルを教えてくれることも少なくありません。
    エコスタイルにおいてもアウトドア商品の需要は年々右肩上がりで、販売数もそれに比例しているのです。

    そのため、過去の買取価格と比較しても1.5倍以上の査定額をご提示できるようになりました。
  • まとめ

    まとめ
    アウトドアギアは、近年の日本のファッションシーンから外せないものとなりました。

    以前は、「ビジネスマンがアウトドアギアを着たり、バックパックを背負って出勤したりすることなど有り得ない」という時代もありました。
    今以上にアウトドアが発展すれば、アウトドアに関連するアイテムのさらなる成長へとつながっていくでしょう。

    私達エコスタイルで働くメンバーの中にも、アウトドアを愛してやまないバイヤーがおり、リユースを通じて使用済みのアウトドアアイテムの買取販売をさせて頂いております。
    アウトドアの買取に関するご相談がございましたら、どうぞお気軽にエコスタイルまでご連絡ください。

    from REUSED MAISON ecostyle buyer's.
    動画で見る!アウトドアについて!
  • 動画で見るアウトドアアイテムの機能性

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。

買取ブランド

エコスタイルが取り扱うブランド数は業界トップクラス!ハイブランドだけが高額なのではありません。
カジュアルなブランドやデザイナーズブランドも買取に自信があります。掲載されていないブランドもお気軽にご相談ください。

最寄りの店舗を探す

エコスタイルの買取店はすべて駅近!駅からすぐのところにあります。
ブランド品を長時間持って歩かずに済むのでご安心ください。