CATEGORY 洋服

2021/08/02古着の宅配買取は難しい?お金になる古着とは?

洋服

  • LINEで送る
古着の宅配買取は難しい?お金になる古着とは?

古着は宅配買取には向かないアイテムですがなぜでしょうか。今回はなぜ古着に宅配買取が向いていないのかをご説明します。


もちろん古着の中にも宅配買取でしっかりとした金額が付くものもありますが、基本的に古着に関しては宅配買取が難しいアイテムの一つと言われています。これは基本的に古着といわれるほど時間が経過しているアイテムは中古での販売が難しいアイテムだからです。
ヴィンテージ評価が付く洋服は古着ではなくヴィンテージと呼ばれるので、古着と呼ばれるものは単純に時間が経過した洋服のことを指すことがほとんどです。

今回はどういう古着であればしっかりとした金額が付くのかを紹介し、どういう古着は取り扱ってもらえないのかあわせてご説明します。

  • 古着の宅配買取はブランド古着なら高価買取になることが

    古着の宅配買取はブランド古着なら高価買取になることが
    古着の宅配買取は、洋服をまとめて整理するのにとても便利な方法です。ネットショッピングが当たり前になった昨今、洋服の買取でも自宅に居ながらネット上で古着の査定が出来る宅配買取サービスが増えてきています。

    洋服の査定額は、ノーブランドの品物ですと買取金額がつきませんが、ブランド古着であれば高価買取になる可能性があります。グッチやシャネル、エルメスやルイヴィトンなどのハイブランドの洋服ですと、ヴィンテージの評価がつき、思わぬ高価な買取価格がつく場合もございます。
    モンクレールやカナダグース、ユナイテッドアローズやビームスのような一般的な洋服ブランドであれば、ノーブランドやファストファッションと違い金額が付きます。
    洋服は、流行りやシーズンごとについ購入してしまい、だんだんと着ない服が増えてゆきます。クローゼットで眠らせているハイブランド古着があるのであれば、買取に出して現金化した方がお得です。
  • ノーブランドの古着を取り扱えるところは少ない

    ノーブランドの古着を取り扱えるところは少ない
    洋服の買取業者は年々増えていますが、ノーブランドの古着を取り扱うショップは少ないです。宅配買取の場合は特に少なくなります。

    宅配買取は、送料や振込み手数料などショップで負担する費用があり、利益率が低くなるため、高く売ることが出来ないノーブランドの洋服の買取を断るショップがほとんどです。中には、買取価格を付けられない洋服の場合は、着払いで返送する業者もあります。

    逆に、買取価格を付けられない洋服をリサイクルとして引き取ってくれるところもあります。宅配買取を利用する際は、それぞれのショップでの取扱いブランドやサービスの内容を事前に確認するようにしましょう。梱包用のダンボールを送ってもらえる・発送の際に自宅まで集荷に来てもらえるなど、買取ショップによって様々なサービスがあります。

  • まとめ

    宅配買取は、自宅から出る事なく申し込みから査定後の振込みまで完了します。手が空いている時間に梱包して発送するので時間を有意義に使うことができます。

    店頭に持ち込む手間も省けるので、とても便利な買取方法です。ノーブランドの洋服ですと買取ってもらえないことが多いですが、ブランドの洋服であればほとんどが買取可能です。ハイブランドのものであれば高価買取が期待できますし、場合によってはブランドのものと合わせればノーブランドの洋服も買取ってもらえることもあります。また、点数が多いとプラス査定がつくこともあります。自分で持ち込まなくてよいという利点を生かすためにも、宅配買取を利用する際は出来るだけ多くの洋服を買取査定に出してみましょう。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。