CATEGORY 宅配買取

2021/08/06宅配買取のメリット・デメリットについて

宅配買取

  • LINEで送る
宅配買取のメリット・デメリットについて

便利な宅配買取を賢く利用していただくために、メリット、デメリットをご説明します。

  • 宅配買取のメリット

    宅配買取のメリット
    宅配買取のメリットは店頭まで出向く必要がなく、自分の都合のいい時間にダンボールに売りたいお品物を詰めて送るだけで査定、買取してもらえることです。
    最近は家まで出向いてくれる出張買取も人気ですが、業者が来る時間を用意したり、知らない人を家に上げる不安があったりとデメリットもあります。
    その点宅配買取は直接人に会う手間もなく、自分の気の向いたときに荷物を送れば良いのでとても楽に売ることができます。ネットや電話で簡単に買取の申し込みができ、連絡もメールで送られてくるためとても便利です。特にネットでは様々な業者を比較することもできます。

    また、直接対面でのやり取りでないため、自分の素性が鑑定士に伝わらないためプライバシーが守られるというメリットもあります。店頭買取では購入場所や購入時期を聞かれることもありますが、宅配買取ではそこまでの質問をする業者はほとんどいません。

    送るために使うダンボールや伝票も無料で提供している業者も多いため、店頭買取よりも手軽に査定に出すことができます。また送料を業者側が負担してくれることも多く、たとえ買取ができないとしても、荷物を引き取ってもらえれば結果的に損はしません。引っ越しのときや荷物の断捨離をしたいときなど、荷物をまとめたついでにそのまま送ることができるのも便利でしょう。
  • 宅配買取のデメリット

    宅配買取のデメリット
    宅配買取のデメリットは、顔が見えないため買取金額の説明を聞けないことや、買取を楽しむことができない点です。
    思ったより低い査定額になってしまった場合、その理由を直接説明してもらうと納得がいったり、査定に信頼がおけて安心できます。それ以上の金額が付かないことを知らずに何社も依頼してしまい逆に手間がかかってしまうこともありますし、知識として知っておけば新しく購入する際に気を付けたり次に売る時のために参考にしたりすることができますが、宅配買取ではそういった直接の詳しい説明を聞くことができません。また、逆に思ったより高い査定額がついたときは説明をきいて嬉しくなるものですが、そういったやり取りがないため楽しみは少ないでしょう。

    また、店頭に持ち込む手間はありませんが、ダンボールに入れて送る手間は必要です。多くの場合送る際の送料は無料ですが、キャンセル時の返送の際に送料がかかる業者もありますので、返送料がかからない業者を選ぶと良いでしょう。

  • 宅配買取のメリットデメリットを見極めて、賢く利用しよう

    宅配買取のメリットデメリットを見極めて、賢く利用しよう
    このようにメリットもデメリットもある宅配買取ですが、やはり店頭に出向いて買取をする必要がないためとても便利です。
    また、宅配買取は洋服やバッグなどのブランド品を中心に行われていますが、最近では本や引っ越しの際に出る家電や小さな家具などの宅配買取を行っている業者も多く、不用品が出たときはその品物を買い取る業者があるか調べてみるのも良いでしょう。

    宅配買取は直接人と会って買取をすることはないので、プライバシーは守られることが一つの特徴です。「なぜこのバックを売るのか」などとしつこく尋ねる業者はいないと思われますし、対面での買取でないため思い切って物を手放すことができるのは嬉しいところでしょう。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。