CATEGORY スーツ

2018/04/19国によるスーツの違いをご紹介!

スーツ

  • LINEで送る
国によるスーツの違いをご紹介!

国によってスーツのディティールや考え方に差があります。特に西洋とアメリカでは同じ様でありながら実は全く事なる文化なのです。知らなければそのままでいる事も、ちょっとした機会で「そうだったんだ」なんて知識は案外面白かったり、覚えるものですよね。   今回はヨーロッパ(イギリス、イタリア)、アメリカ、日本のスーツの考え方や着こなしなどご紹介します。ご自身が身に付けているブランドがどこの国のスーツなのかを理解するだけでもきっと着こなしに変化があるかもしれません。シャツの種類、ネクタイの柄、ベルト、靴、ポケットチーフ等突き詰めていけばいくほどどんどんハマっていってしまうドレスコーディネイト。少しでも参考になればと思います。   エコスタイルはリユースショップを展開しています。買取または販売を行っております。お読みになって下さった方はきっとスーツに興味がある。またはお詳しい方方と思います。着ていないスーツやドレスシャツ、ネクタイ、シューズなどございませんか?エコスタイルではそういったアイテムを買取販売しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • イギリスのスーツ

    イギリスのスーツ

    スーツの本場であり発祥の地。日本ではスーツを背広(せびろ)と言いますが、由来はイギリスのサヴィル・ロウというロンドンの通りの名前が変化したと言われています。
    代表的ブランドは、ダンヒル、ハケットロンドン、ポールスミス、ティモシーエベレスト、バーバリー、アクアスキュータム等があります。
    イギリススーツの特徴は、肩パット入りのオーソドックスなスタイル。
    基本的に黒の靴で合わせるのがオーソドックスとされています。グッドイヤーウェルト製法でレースアップシューズまたはダブルモンクストラップシューズが正に英国クラシックの組み合わせです。素足履きなどはご法度中のご法度です。

    イギリスブランドのスーツは正統派スタイルなので万人ウケという点ではどの国より一歩秀でている事がリユース市場でも評価されています。状態が良く新しいモノであればあるほど高価買取になりやすいので是非覚えておいてください!

  • イタリアのスーツ

    イタリアのスーツ

    イタリアには北と南で分けられる事が多く、イタリアクラシックは世界的にも大変人気の高い着こなしとなります。良く、雑誌などでも「クラシコ」という言葉が使われており、まるで着こなしのように理解をしがちですが、決して間違ってはいませんが、正解でもありません。クラシコとは、イタリア発祥の言葉で、イタリア国内で全ての工程を行い生産しているブランドのみが加入できるクラシコ協会というものが存在し、これを総じて「クラシコ」と呼んでいます。イタリアでは大きな権威を持っているのも特徴ですね。
    さてここからは北イタリアと南イタリアに分けて説明をします。

    北イタリア(ミラノ方面)

    北イタリアは国際都市であるミラノらしく、どちらかというとクセのないスタンダードなスーツが主流。ドルチェ&ガッバーナやブリオーニ、ベルベストなどが代表的なブランドです。

    南イタリア(ナポリ方面)

    南イタリアは、職人が技術力を競い合い個性あふれるスーツが百花繚乱です。ともにしなやかな生地と、やわらかな芯地を使った軽い着心地が特徴的です。特徴として、バルカポケット、マニカカミーチャ、本切羽、アンコン仕立て(センツアインテルノ)と言ったディティールが惜しみなく技法として使われています。
    パ二コ、キートン、ラルディーニ、タリアトーレ等が代表的なブランドです。
    着こなしは、テーパードがかったくるぶし丈のパンツにアンクルソックスで見せる素足履きといった遊び心満載のコーディネイトです。

  • アメリカのスーツ

    アメリカのスーツ

    実用性と効率の良さを求めるアメリカ人の発想はスーツにも表れており、フロントダーツを入れず、可動域の高いゆとりのあるデザインを採用しています。またフラップポケットというディティールは採用せず、パッチポケットが多いのも特徴です。別名サックスーツとも呼ばれる事があり、サック=袋の様なシルエットである所から来ています。
    ブルックスブラザーズ、ラルフローレン、サウスウィック等です。着こなしはオックスフォード生地のボタンダウンシャツとアメリカンストライズネクタイが一番のオーソドックスなスタイルです。
    足元は黒茶問わず革靴を好み、コインローファーやプレーントウといった靴がオーソドックスな組み合わせです。
    最近では細身のスーツも人気が高まって来ていますが、イタリアの影響があるのも事実だと思います。

    先にご紹介したブルックスブラザーズ、ラルフローレン、サウスウィック等はエコスタイルは大歓迎ですので、是非一度お見積に出してみてください。

  • 日本のスーツ

    日本のスーツ

    日本のスーツはイギリス、イタリア、アメリカの文化が様々混在しています。特にワードローブとして位置付けが強く、高いスーツを購入するより、安くて沢山のスーツを持つ事が「得」と考えられています。
    日本人の気質は元々勤勉で真面目とされているので、ワードローブとして扱われている以上仕方のない事だとも言えます。ただし、そんな中でもイタリアスーツを巧みに日本人使用にしているブランドや、オーソドックスなスタイルを守り続ける日本人テーラーなども徐々にその力を発揮し、高級ではありますが、脱ワードローブも徐々に進んできています。
    代表的なブランドと言えば、手ごろな価格帯で最も有名なのは「麻布テイラー」や「ZERBINO」「山形屋」「ビームスF」等が挙げられます。
    高級テイラーになると、「バタク」や「ペコラ」「リングジャケット」等があります。好みのスタイルなどをテイラーに伝える事でワードローブから一点、プライベートローブや勝負着として活躍する事は間違いありません!

    エコスタイルでは特にセレクトショップオリジナルのスーツを買取強化していますので、是非一度バイヤーにご相談下さい。

  • まとめて



お見積もりだけ・初めての方でも大歓迎!