CATEGORY イッセイミヤケ

2016/04/09プリーツプリーズと知的財産権

イッセイミヤケ

  • LINEで送る
プリーツプリーズと知的財産権

イッセイミヤケの人気ブランド、プリーツプリーズ。 あのプリーツプリーズ事件と言われる知的財産権についてご紹介します。

  • プリーツプリーズについて

    プリーツプリーズとはイッセイミヤケが手掛けたブランドです。
    プリーツ加工のファッションで今までにない新しいデザインを1989年、パリコレクションで発表し、世界中で大きな話題となりました。
    途来のプリーツ加工の概念を壊し、独自のプリーツ加工の工程を作っていきました。
    その工程はプリーツの生地を裁断して縫製していくものではなく、衣服の形にしてからプリーツ加工をすることによって、今までにない特有の綺麗なシルエットをつくることに成功しました。
    イッセイミヤケの服作りは創業から現在まで一貫して「一枚の布」という考え方に基づいています。
    一本の糸から常に研究・開発を続けながら新しい服づくりを挑み続けており、プリーツプリーズも1本の糸から研究・開発をしていったので、出来上がるまでに5年の歳月を経ています。
    その結果もあって、新しい女性のファッションとして広まり、今もなお、世界中から愛され続けています。

  • ファッションと知的財産権

    知的財産権とは発明やブランド、デザインやロゴなど形のない財産に対する権利のことを指します。
    ファッションビジネスでは重要な法律であり、ビジネスを行うにあたって欠かせない存在です。
    まず知的財産権とは大きくわけて5つあります。
    1つ目が商標権といってブランド名やロゴマークなどがあたり、偽物を防いでブランドを守る法律です。
    2つ目に意匠権といって服や生地などのデザインが対象となります。
    新しいデザインならなんでもとれるものではなく、新規性と容易に創作できないものという面があります。
    ただ意匠権には時間と費用がかかるため、鮮度の高いファッションアイテムを意匠権に登録する企業が少ないのが実態です。
    3つ目に著作権です。小説や絵画、音楽などがこちらにあたります。
    4つ目に特許権といって画期的な技術開発などのものに与えられる権利です。
    5つ目は実用新案権です。物品の形状、構造または組み合わせによって与えられる権利になります。
    ちなみにプリーツプリーズも知的財産権を取得しています。

  • プリーツプリーズと知的財産権

    プリーツプリーズがパリコレクションにて発表され、大きな反響を経てからというもの、似たようなデザインの服が国内外から出てきました。
    その際、イッセイミヤケはプリーツプリーズの酷似品の製造業者や販売店を相手に、裁判を起こしました。
    昔から存在しているプリーツ加工というデザインや、プリーツプリーズのデザインが新しいものをプラスするのではなく、余分なものを取り去るマイナスのデザインだったことが争点としてありましたが、高度な技術から知的財産権を取得することができました。
    理由としては、ポリエステル100%の素材で、衣服全体厚みがなく、一枚の布のような平面のプリーツデザインは今までになかったことやプリーツプリーズの服を見て一目でイッセイミヤケの商品とわかるほどの認知度だったことがあげられたそうです。
    それだけすごい技術の洋服を開発していたことが証明されますね。
    一度着ると着心地や軽さなど良さがものすごくわかるので、ファッション好きな方は一度着用してみるのもオススメです!

  • こちらの記事もオススメです!

    プリーツプリーズの誕生の秘密
    プリーツプリーズコラボ特集☆
    プリーツプリーズ‐バッグ編‐
    ISSEY MIYAKEの主要ライン
    プリーツプリーズの着こなしコーディネート♪

お見積もりだけ・初めての方でも大歓迎!

LINEでスピード査定 お手持ちのアイテムをLINEで無料査定