CATEGORY マリーエレーヌドゥタイヤック

2019/10/16とにかくカラフルです。マリーエレーヌドゥタイヤック

マリーエレーヌドゥタイヤック

  • LINEで送る
とにかくカラフルです。マリーエレーヌドゥタイヤック

カラーストーンをふんだんに使ったジュエリーで大人気なのがマリーエレーヌドゥタイヤックです。独特なデザインが特徴的で名だたるセレクトショップで並べられています。

  • マリーエレーヌの代表的なチャームについて

    マリーエレーヌの代表的なチャームについて
    マリーエレーヌドゥタイヤックは基本的に好きなチャームがあります。お好きな人が見ればまさに「らしい」チャームが多く使われています。

    マリーエレーヌドゥタイヤックのよく見るチャームについてご紹介いたします。
    定番のチャームは、ハート、唇、クラウン(雲)、パピヨン、クローバーなどでしょうか。アイテムは関係なく、どんな商品にも登場してきます。逆に、少し珍しいチャームとしては、イナズマ、招き猫、ベル、ガネーシャ、月などがあります。相場としては、珍しいチャームの方が若干高いイメージがありますね。
  • マリーエレーヌドゥタイヤックが使う宝石

    マリーエレーヌドゥタイヤックが使う宝石
    マリーエレーヌはブランドジュエリーです。どんなに優れたデザインがあったとしても、やはりジュエリーの中心は宝石でなければいけません。

    こちらでは、マリーエレーヌが用いる宝石についてご紹介いたします。
    かなり幅広い宝石を使用していますが、アメジスト、シトリン、クオーツ各種、アクアマリン、サファイア、スピネル、ダイヤ、トルマリン、ムーンストーン等が使われています。半貴石からチョイスしていることもあって、正直把握しきれないほどの宝石の種類を使っていると思います。

    純粋に、美しいと感じた宝石を使えるって、ある意味デザイナーとしては幸せなことではないでしょうか。実際、このクラスの宝石であれば原価の計算等のビジネスな話は抜きにして考えられると思います。
    宝石を見た時の自分のインスピレーションをそのまま表現すれば素晴らしいものが出来あがると思うんです。そんなマリーエレーヌさんの素を職人さんが一生懸命表現したジュエリーがマリーエレーヌだと思うんです。
    本当に、どのお品物も可愛くてはまっちゃう人の気持ちがわかります。価格帯はあまり可愛くないですが、ハマると何個も買ってしまいそうですね。
  • ハートモチーフネックレス

    ハートモチーフネックレス
    カラーストーンさえつかわれていないものの、まさにマリーエレーヌドゥタイヤックらしいデザインのネックレスです。典型的な小さなハートが沢山あしらわれています。ハート自体はかなり小さいですが、全て22kで作られていると思うと贅沢な逸品ですね。

    インドの職人さんの手作り感を一つ一つのハートから感じる事ができます。処理が甘い感じが、ふんわりとした独特の柔らかい雰囲気を出しています。マリーエレーヌドゥタイヤックの中でもネックレスは相場が高いお品物になります。
  • まとめ

    マリーエレーヌのカラーストーン付きのアイテムはとにかくカラフル!見ていて非常に楽しくなってきます。

    購入する際には、透かして自分の肌との色味を確認して購入を決める方もいるほどです。ジュエリーそのものを楽しみつつも、自分に合っているかどうかを考えて購入する。ハイブランドのように型にはめた完成された美しさではなく、半貴石を使用したり、石に合わせてデザインを決めるマリーエレーヌだからできることですね。

    個体差のあるマリーエレーヌはエコスタイルでは人気のブランドです。売るのも買うのもお任せください。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。