CATEGORY クリスチャンルブタン

2021/08/02クリスチャンルブタン(christianlouboutin)の歴史と魅惑のレッドソール

クリスチャンルブタン 歴史

  • LINEで送る
クリスチャンルブタン(christianlouboutin)の歴史と魅惑のレッドソール

今やセレブ御用達、映画やドラマで使用されるクリスチャンルブタン(christianlouboutin)。歴史とレッドソールが生まれた理由、知ってますか?

  • ルブタンの歴史

    ルブタンの歴史
    クリスチャンルブタンは、1992年に、フランスの同名のデザイナーが設立した高級レディース靴のブランドです。最近では婦人靴以外にも服飾雑貨の展開もしています。

    特徴的なルブタンのパンプスは、主にハイヒールで、真っ赤に塗られたレッドソールが目立ちます。
    デザイナーのクリスチャン・ルブタンは、15歳頃に、国立アフリカ・オセアニア美術館で、女性のヒールで、木製の床を傷つけない様注意する看板を見ました。たまにカスタネットの様に音を出しながら歩くパンプスの人いませんか?その様子を見て、10代の頃はずっとバックルで締め付け底が付いた靴をデザインしていました。
    1980年を過ぎたころからは、シャネルやイブサンローランなどでインターンシップを経験し、ブランドを立ち上げました。
    設立から25年以上経過した今、世界中に90店舗以上の直営店を展開。2012年には化粧品まで始めました。最近の大女優やセレブの手元を良く見てみてください。爪の裏側、真っ赤じゃないですか?ルブタンの靴にそっくりですよね?
  • セレブがルブタンを選ぶ理由

    セレブがルブタンを選ぶ理由
    ルブタンが好きな人が話すのは、履きやすさ。初めて履くのに、とっても履きやすいと言います。

    ただし、高くないヒールの物だけです。

    ルブタンはデザインを追求していますので、10㎝を越えてくるとかなり痛いです。ただ、クッション性は高い靴が多いです。

    面白い話に、昔ショーガールの靴を手掛ける際に、女性たちが靴の中にカルパッチョをクッション代わりに入れているのをみて、クッションを入れるようにしているとのこと。
    美しいだけでなく、履きやすさもセレブに選ばれるようになった理由なんですね。
    もちろんエレガントで情熱的なレッドソールも他にはない特徴です。黒と赤の組み合わせは、美しさを感じます。今までたくさんの靴を見てきたセレブもこれには満足です。

  • 魅惑のレッドソールが生まれた時

    魅惑のレッドソールが生まれた時
    レッドソールが生まれた理由、ご存知ですか?レッドソールは商標登録されているデザインですが、何年もかけて開発されたわけではないです。

    実はこれ、ただの思い付きで生まれたデザインです。思い付きがセレブ御用達ブランドにまでなるなんてすごいですね。
    ルブタン本人が、靴の出来上がりを工場で確認していた際、デザインがしっくりしないと感じました。ふとそこで目に止まったのは、一生懸命マニキュアを塗っている社員でした。颯爽とマニキュアを奪い取ったルブタンは、女性社員の「後2ヶ所塗らせて」という声を聞かず、後で買うからと言って靴底にマニキュアを塗ったところ、魅力的なレッドソールが生まれました。
    今はクリスチャンルブタンが商標登録をしたレッドソールですが、あまりに魅力的だったため、イヴサンローランもアウトソールを赤く塗った靴を販売。それを見つけたルブタンが裁判を行ない、アウトソールのみが赤い物に対しては正当性を一部認められました。
    あくまでもアウトソールのみが赤い物のみがレッドソールです。

    アイコン的なレッドソールですが、生まれてから今まで大変だったんですね。エコスタイルでは履いてレッドソールが剥がれていてもちゃんと買取をしています。新しい物も古い物もしっかり査定致しますのでぜひ一度お気軽にご相談ください。
  • 最後に

    クリスチャンルブタンといえばレッドソールですが、そのレッドソールはマネされるほど魅力的です。

    スパイクとレッドソール。クリスチャンルブタンといえるデザインの筆頭ですね。

    当然長年にわたり考えられたデザインかと思いますが、ただの思い付きというのが面白いです。

    ルブタンのことを知ってから履くと、少し良く見えてきそうです。