CATEGORY 洋服

2020/12/07古着の買取で毛皮が高く売れる?毛皮の種類と相場説明

洋服

  • LINEで送る
古着の買取で毛皮が高く売れる?毛皮の種類と相場説明

古着の買取で気になるのは毛皮の価格ではないでしょうか。今回は購入すると非常に高額な毛皮アイテムが中古でどのぐらいの人気があるのか、買取価格についての説明を行います。

毛皮といえば、かつて日本でも人気があった贅沢の極みともいえるアイテムでしょう。定価は100万円を越えるものがあり、肌触りのいい毛皮、希少な毛皮になるほど価格はどんどんと上がっていました。
ただ最近になって周りを見ていると、毛皮のコートなどゴージャスなものは使用していない場合がほとんど。

今回は高かった毛皮が買取の際どの程度の価格になっているのか、その相場の説明、周りからの評価などをご紹介します。もしも売却を考えている場合は今のうちに売却することをおすすめしますが、売りに出す前に毛皮の評価をしっかりと確認しておきましょう。

  • 古着の買取で毛皮は高額になりづらいアイテム

    古着の買取で毛皮は高額になりづらいアイテム

    古着の買取において、毛皮は金額が付きづらいといわれているアイテムです。

    購入の時には100万円以上したミンクのコートでも、買取の際には良いものでも数万円、2万円~5万円ぐらいになることがほとんどです。その割合はおおむね定価の30分の1~50分の1です。
    昔と違い毛皮を着る人が減ってしまい、ゴージャスな毛皮のアイテムを販売することが難しいという背景から高額では販売ができず、つられて買取価格も下がってしまっているという理由です。

    ただ、一部の毛皮のアイテムは人気があり、高額になることがあります。この後紹介しますが、毛皮が有名なハイブランドの毛皮のアイテムであれば非常に高額で取引されることがあります。

  • 古着の毛皮の買取で高額になるのはどういうもの

    古着の毛皮の買取で高額になるのはどういうもの

    毛皮にも種類があります。毛皮によってはノーブランドに近いものであっても金額が付くことがあります。一般的な毛皮から高級毛皮までご紹介します。

    ラビット
    名前の通りウサギの毛皮です。何枚かの毛皮を併せて作成しています。手ごろな価格と毛皮らしい質感で多く使用されている素材です。買取時にはブランド物以外の場合は高額になりづらい素材です。

    フォックス
    名前の通りキツネの毛皮です。何枚かの毛皮を併せて作成しています。地域やキツネの種類によってシルバーフォックス、ブルーフォックス、レッドフォックス等細かく分けられています。見た目の違いがありますが、買取時にはどの種類も高額になりづらい素材です。

    ラクーン
    地域によって元となる動物が変わります。一般的にはアライグマ、またはタヌキの毛皮です。ティペットなどでよく使われているのがラクーンで、素材表記でよく見る毛皮です。買取時には高額になりづらい素材です。

    ミンク
    高級毛皮の筆頭です。ミンクの毛皮を剥いで作ったもので、とろみのある滑らかな肌触りが人気です。コートなどでは100万円を越えて販売されていることのある素材です。ロングコートなど毛皮を多く使用したものはハイブランドでなくても数万円ほどの高額で買取されることのある素材です。ダメージを受けやすいため、普段から手入れが必要です。

    チンチラ
    チンチラは耳やしっぽが大きいネズミの毛皮を使用した高級毛皮です。ペットショップなどでも人気の動物です。柔らかな綿毛でしなやかな毛皮が特徴です。大きなコートになると新品で500万円近くになることがある高級素材です。買取の際には数万円で取引されています。

    セーブル
    日本では黒テンと呼ばれる動物です。三大毛皮の一つで、ミンクよりも長めの毛で、滑るような肌触りの高級毛皮です。セーブルの中でもより高級なロシアンセーブルの大きなコートになると500万円近くで販売されることがある毛皮です。

    リンクス
    オオヤマネコの毛皮です。三大毛皮の一つで、まだら模様が特徴的な毛皮です。こちらは残念ながら基本的には買取ができない毛皮です。厳密にいえばリンクス、リンクスキャット、レオパードキャットによって取り扱いが変わりますが、種の保存法によってネコ科の毛皮は非常に厳しく制限されているため、面倒なことにならないよう取り扱いを行っていないところがほとんどです。

    古着の買取で毛皮が高く売れる?毛皮の種類と相場説明から宅配に移動 中盤

  • 毛皮の種類

    毛皮の種類

    毛皮にも種類があります。毛皮によってはノーブランドに近いものであっても金額が付くことがあります。一般的な毛皮から高級毛皮までご紹介します。

    ラビット
    名前の通りウサギの毛皮です。何枚かの毛皮を併せて作成しています。手ごろな価格と毛皮らしい質感で多く使用されている素材です。買取時にはブランド物以外の場合は高額になりづらい素材です。

    フォックス
    名前の通りキツネの毛皮です。何枚かの毛皮を併せて作成しています。地域やキツネの種類によってシルバーフォックス、ブルーフォックス、レッドフォックス等細かく分けられています。見た目の違いがありますが、買取時にはどの種類も高額になりづらい素材です。

    ラクーン
    地域によって元となる動物が変わります。一般的にはアライグマ、またはタヌキの毛皮です。ティペットなどでよく使われているのがラクーンで、素材表記でよく見る毛皮です。買取時には高額になりづらい素材です。

    ミンク
    高級毛皮の筆頭です。ミンクの毛皮を剥いで作ったもので、とろみのある滑らかな肌触りが人気です。コートなどでは100万円を越えて販売されていることのある素材です。ロングコートなど毛皮を多く使用したものはハイブランドでなくても数万円ほどの高額で買取されることのある素材です。ダメージを受けやすいため、普段から手入れが必要です。

    チンチラ
    チンチラは耳やしっぽが大きいネズミの毛皮を使用した高級毛皮です。ペットショップなどでも人気の動物です。柔らかな綿毛でしなやかな毛皮が特徴です。大きなコートになると新品で500万円近くになることがある高級素材です。買取の際には数万円で取引されています。

    セーブル
    日本では黒テンと呼ばれる動物です。三大毛皮の一つで、ミンクよりも長めの毛で、滑るような肌触りの高級毛皮です。セーブルの中でもより高級なロシアンセーブルの大きなコートになると500万円近くで販売されることがある毛皮です。

    リンクス
    オオヤマネコの毛皮です。三大毛皮の一つで、まだら模様が特徴的な毛皮です。こちらは残念ながら基本的には買取ができない毛皮です。厳密にいえばリンクス、リンクスキャット、レオパードキャットによって取り扱いが変わりますが、種の保存法によってネコ科の毛皮は非常に厳しく制限されているため、面倒なことにならないよう取り扱いを行っていないところがほとんどです。

  • 毛皮の周りからの印象

    毛皮の周りからの印象

    毛皮を使用した時の周りからの印象ですが、最近ではあまりいい印象はないようです。

    特に若者を中心に毛皮に関してはなじみがなく、贅沢な毛皮はあまり好ましく思っていないようです。小さなアイテムに取り入れることはあってもコートなどゴージャスなものは今のトレンドとは離れているため使用している方はいません。
    また、若者を中心に人気を集めるブランドの多くはリアルファーの使用を控えることが多くなり、グッチなどは今後リアルファーの使用はせず、フェイクファー、エコファーを使用すると宣言しています。

    ステイタスであった毛皮は今はワンポイントにエコファーを使用する程度になり、大きな毛皮を身にまとっていると時代にそぐわない印象を受ける時代になってしまいました。おそらくいまこの記事を見ている方も着ていないまま保管している毛皮があるのではないかと思います。海外ではまだアジアを中心に需要がありますので、使用していないのであれば売却をお考えになるのもありでしょう。

  • まとめ

    古着の買取で毛皮は高額にはなりづらい素材です。ハイブランドで毛皮のアイテムが人気であれば高額になりますが、通常の毛皮の場合はなかなか買取金額が付きづらいのが特徴です。

    最近の主流として毛皮は多く使わないもの、もしくは毛皮ではなくフェイクファー、エコファーを使用したものに切り替わっています。ファッショントレンドで毛皮を大きく使用したものは避けられているため、若者を中心になじみがないのが理由です。
    周りに毛皮のコートを着ている方が減ったのに気が付いていると思いますが、いま先進国では毛皮を避ける傾向にあります。ただ中国などアジアでは需要が残っているので買取店では買取しています。

    もし毛皮で使用していないものがあれば売却してみてはいかがでしょうか。定価を考えると物足りない価格だと感じるかもしれませんが、今後どんどん毛皮に関しては取り扱いがシビアになります。今であれば売却することで必要な人につなぐことができます。もし売却であればエコスタイルでも毛皮に関しては多く取り扱っていますので、一度ご相談ください。