CATEGORY 洋服

2020/12/03古着屋で買ったデニムの洗濯はするべき?普段使いの時は?

洋服

  • LINEで送る
古着屋で買ったデニムの洗濯はするべき?普段使いの時は?

古着屋で買ったデニムは洗濯した方がいいのか迷いますよね。今回はデニムやジーンズは洗濯した方がいいのか、洗濯はどういう方法で洗濯をするのかをご紹介します。

デニムは洗わない方がいい。という都市伝説のようなことを信じている人がいます。もちろんアタリによる使用感などを綺麗に仕上げるために洗わないという場合もありますが、基本的に長持ちさせたい、綺麗にエイジングさせたいという場合は洗濯した方がいいです。
洗い方にもよりますが、定期的に洗濯することにより繊維の汚れが取れ、繊維の間が締まることで丈夫になります。

今回はデニムをなぜ洗濯するのか、洗濯しない場合はどうなるのかなどをご紹介し、大事なデニムの洗い方も併せてご紹介します。普段から綺麗なデニムを着用して、綺麗にエイジングさせましょう。

  • 古着のデニムは洗濯するべき

    古着のデニムは洗濯するべき

    古着のデニムは洗濯しない方がいい。と考えている人がいるかもしれませんが、一概には何とも言えません。ただ長持ちさせたい、綺麗なデニムを履きたいという場合は洗濯した方がいいでしょう。

    古着のデニムは洗濯されていないままがほとんどです。基本的にその時の風合いをそのまま販売するために洗濯は行いません。前に所有していた方がどのような使い方をしていたかはわかりませんが、汚れや皮脂、汗などはそのままに、衛生環境によってはバクテリアなどが付着しています。
    人によってはパンツの輪郭が見えるとダサいということで下着のパンツを使用しないでそのままデニムパンツを履いている上級者の方がいます。基本的には一度しっかり綺麗にしましょう。

    例えばヴィンテージのデニムを価値が上がるまで保管していたいという場合には洗う必要はないと思いますのでその場合は保管だけ気を付けましょう。洗っていないのでカビや変色が起こりやすいです。

  • 普段使いでもデニムの洗濯はオススメ

    普段使いでもデニムの洗濯はオススメ

    普段使いしているデニムの場合でも洗濯することをおすすめします。

    例えば現行のデニムパンツやジーンズを購入し、それを長年かけてエイジングさせて味を出したいという場合でも、基本的には洗濯をした方がきれいにエイジングします。
    デニムの繊維に汚れがたまったり、皮脂や汗がそのままになっていると、生地が伸び、薄くなり、ダメージを受けやすくなります。変色もしてしまうため、洗うことで一度繊維を収縮させてリセットすることで丈夫で長持ちします。

    インディゴが落ちるのが気になる、という方もいますが、最初の洗濯では絶対に落ちます。2回目以降からは落ちづらくなるので安心して洗濯しましょう。洗濯方法はこの後ご紹介します。

    古着屋で買ったデニムの洗濯はするべき?普段使いの時は?から宅配に移動 中盤

  • 古着のデニムの洗濯方法

    古着のデニムの洗濯方法

    古着のデニムの洗濯方法ですが、ダメージが気になるのであれば手洗いしましょう。

    たまに、洗うことで色落ちしてしまった、縫い糸が切れた、ヴィンテージ感がなくなるということをおっしゃる方がいますが、基本的に古着のデニムを正しく洗濯した際に色落ちした、という場合は、インディゴが落ちたわけでなく、汚れによる着色、黄ばみが落ちた場合がほとんどです。また、縫い糸が切れるということは激しい洗い方をしてしまっている場合や、洗わなかったことによるダメージの蓄積によって起こっていることがあります。
    基本的に洗うと長持ちしますので安心して洗濯しましょう。

    洗濯方法
    40度程度のお湯を用意する
    色落ちしづらいのは氷水で洗う方法ですが、基本的に皮脂などが落ちづらいので洗うのであれば体温に近い40℃ほどで洗うことをおすすめします。

    デニム専用洗剤をお湯に溶かす
    デニム専門店などに行くと置いてありますが、デニムを洗う専用の洗剤があります。インディゴが落ちづらく、汚れを効率的に落とす洗剤です。お湯に溶かして使用します。

    洗濯するデニムを漬け込む
    洗濯する予定のデニムを漬け込みます。落としたい汚れにもよりますが、皮脂や汗などを落としたいという場合には裏返して洗うのもOKです。表面についた汚れを落としたい場合は表のまま漬け込みます。大体30分程度漬け込むと汚れが溶けだします。

    漬け込んだデニムを押し洗い、ゆすり洗いする
    漬け込んだ後のデニムを押し洗いします。こすってしまうとアタリが出てしまい、エイジングを気にする方はがっかりしてしまいます。何度も押して汚れを押し出すように洗います。そのあとすすぎながらゆすり洗いします。

    脱水の後に乾燥させる
    脱水して乾燥させます。脱水の場合は洗濯機を使用して問題ありません。洗濯機の場合は遠心力で脱水するので特にダメージはありません。ドラム式の場合は脱水が始まるまでに何度か上下にぶつかるのでそこのダメージが気になるのであればタオルに挟んで水分を取って干しましょう。

  • まとめ

    古着のデニムは洗濯することをおすすめします。保管用に購入した場合はそこまで気にならないかもしれませんが、使用するなら選択した方がいいでしょう。

    デニムの繊維は洗うことによって繊維の目が詰まり、丈夫になります。洗わずに使用していると汚れや皮脂などによって生地が広がり、薄くなった部分がダメージを受けやすくなります。
    汚れや皮脂はきちんと定期的に落としておくとデニムがきれいにエイジングするのと、生地そのものが長持ちします。
    洗濯した時に色落ちした、ダメージが強いという話がありますが、基本的には正しく洗えばインディゴが必要以上に落ちることはありません。落ちたものは汚れなどで、色が薄くなったという場合は汚れの色が落ちたということです。

    古着屋で購入したデニムや、普段使用しているデニムは気軽に洗ってもいいでしょう。エイジング目的でなければ洗濯機で洗うのも問題ないです。気になった時にはぜひ洗ってしまいましょう。