CATEGORY 洋服

2021/06/04洋服を収納するならケースを準備!クローゼットも有効活用

洋服

  • LINEで送る
洋服を収納するならケースを準備!クローゼットも有効活用

洋服の収納にケースを使用していますか?洋服がクローゼットの中で散らかっている・・・、クローゼットが広いのに何故か収まりきらずに部屋の片隅に洋服が置きっぱなしなっている・・・。そんな悩みは、収納ケースの活用で解決します。

収納ケースはクローゼットのデットスペースを有効に活用できるアイテムです。余っているスペースを上手に利用すれば、収納しきれなかった衣類やゴチャゴチャに収納されていた衣類をきちんと収めることが出来ます。収納ケースを活用することで、お部屋がすっきりとして広くてキレイな見た目になります。

また、スペースの活用だけでなく、衣類の整頓にもなるので出し入れしやすくなり、着替えや洗濯後の片付けも楽になります。ぜひ収納ケースを利用して、限られた収納スペースを有効に活用してみましょう。

  • 洋服を収納するなら衣装ケースを

    洋服を収納するなら衣装ケースを

    洋服を収納するのであれば、衣装ケースは必須アイテムです。
    タンスを持っていない場合、衣類はクローゼットに入れて収納ことになりますが、仕切りの無い大きな空間であるクローゼット内は、そのままの状態では意外と使いにくく、収納ケースが無いと収納しきれないこともあります。

    クローゼットは、コートやワンピースやスーツなど、ハンガーにかけて吊るす収納にはとても便利な作りですが、下着や靴下などの小物やTシャツなどの衣類の収納には向いておらず、これらの収納にはボックスが必要です。クローゼットは広い空間なので、いつの間にかにあれこれと詰め込みやすく、扉を閉めてしまえば隠すこともできるので、収納が乱雑になりがちな場所です。そんな収納場所におすすめなのが、衣類収納ケースです。

    収納ケースは、クローゼットや押し入れのスペースを有効に活用できる洋服収納のお役立ちアイテムです。収納ケースを上手に利用するには、ある程度のサイズがあり、仕切りや引き出しが多いものを選ぶことがコツです。広い引き出しの中では、下着や靴下などの小物が乱雑になりやすく、見た目も使いやすさも悪くなりますが、しまう物に合わせて仕切って収納するスッキリとした見た目になり使いやすくなります。

  • 衣装ケースの種類

    衣装ケースの種類

    衣装ケースには、様々な種類があります。素材や形や作りなどで色々なタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

    クリアボックスタイプ
    クリアボックスタイプは比較的安価で、軽くてコンパクトなものが多いので使いやすいです。洋服収納以外にもアルバムや本の収納にも便利です。密閉性が高いので、ほこりや臭いを防ぐことが出来ますが、カビには弱いので、防湿剤や防虫剤と合わせて使用するとよいです。

    タンスのような木製タイプ
    木製タイプは、しっかりとしたタンスのタイプは吸湿性がありますが、安いものだとベニヤタイプのため吸湿性は見込めません。桐ダンスのような良質なものは調湿性が高く、引き出しの開け閉めで空気が抜けていくので、カビになりづらく、防虫効果がありますので、着物やカシミヤなどの高価なオシャレ着の収納に適しています。

    かごタイプ
    かごタイプの場合は、見せる収納になるのでおしゃれな見た目になりますが、衣類にほこりや臭いがつく可能性があります。ファブリックタイプのものは通気性のよい不織布でできているものが多いので、衣類や寝具やタオルなどの収納に最適です。形としては、出し入れが楽に出来る引き出しタイプや、狭いスペースでもぴったり置けるポックスタイプなどがあります。

    自分が収納したいものの特性や取り出しやすさ・収納のしやすさを考えて、最適な収納ケースを選んでみましょう。

  • 洋服収納ケースを使えばデッドスペースをいかせる

    洋服収納ケースを使えばデッドスペースをいかせる

    洋服収納ケースを使えば、デットスペースを生かした賢い収納が出来ます。

    クローゼットの中は、ハンガーラックに洋服をかけた場合、その下のスペースが空いてしまいがちです。収納ケースを使用すれば、空いてしまったデットスペースを有効に活用することが出来ます。部屋が狭い場合や収納スペースが無い場合は、こういったデットスペースを上手に利用して衣類を収納しなければ、部屋の中が衣類で圧迫されてしまいますので、収納ケースは必須アイテムです。

    デットスペースが生まれやすいクローゼット内ですが、特に無駄になりやすいのが奥行きのスペースです。この空間を有効に利用するためには、引き出しタイプの収納ケースがおすすめです。クローゼットの奥行きのサイズと合った収納ケースを選べば、スペースを余すことなく利用することが出来ます。
    このデットスペースに収納ケースを置いた場合、上段の引き出しがそのままの姿勢で手が届きやすく最も出し入れしやすい場所になるので、普段着や下着など使用頻度が高い衣類を収納するのに適しています。下段の引き出しは出し入れの際にかがむ必要があるので、使用頻度が高くないアイテムを収納するのにおすすめです。重いものを収納することにも向いています。

  • まとめ

    収納ケースやチェストは、洋服収納に欠かせないアイテムです。ウォークインクローゼットなど、スペースが広い収納があるのに何故か収納しきれない、片付けても何故かすぐに散らかっている・・・。そういった方々は、おそらく収納スペースを有効に活用出来ていない場合がほとんどかと思います。

    収納ケースを利用すれば、今まで無駄に空いていたスペースにスッキリと収めることが出来ます。収納ケースを選ぶ場合、設置する空間に合ったサイズにすることが一番のポイントです。扉やふすまに干渉せずに奥まで余さず置けるサイズのものを選んでみてください。無駄なスペースが空いてしまうと、ホコリが溜まりやすくなり掃除が厄介になってしまいます。

    また、夏物の衣類でピッタリな用量を選ぶと、ボリュームがある冬物が収納しきれない場合がありますので、余裕を持った用量のサイズを選ぶこともおすすめです。また、引き出しは深いものより浅いものの方が収納しやすいです。深型の引き出しは、お目当ての洋服を掘り起こすのに苦労してしまい、引き出しの中が散らかりやすいです。浅型の引き出しで隙間なく立てて収納すれば、洋服を掘り起こす必要なく一瞬で出し入れ出来ます。

    目的や設置場所に合う最適な収納ケースを選んで、スッキリきれいな部屋づくりをしてみてはいかがでしょうか。