CATEGORY 洋服

2020/10/14イタリアの洋服サイズ、日本サイズ換算表。フランス、イギリス、アメリカサイズも一目でわかる

洋服

  • LINEで送る
イタリアの洋服サイズ、日本サイズ換算表。フランス、イギリス、アメリカサイズも一目でわかる

イタリアの洋服のサイズ、一見見たところで自分に合いそうなサイズわかりませんよね。今回はわかりやすいように日本のサイズと、イタリア、フランス、イギリス、アメリカサイズを比較する表をまとめてみました。

日本の洋服のほとんどは、S、M、L、LL、XLで展開され、日ごろから自分の洋服のサイズはMサイズぐらいだな、Sサイズだな、というように把握していると思います。しかし急に海外のブランド物を購入しようと思った場合、42、2、XSなど日本ではあまり見かけないサイズ表示に変わりわかりづらいと思います。

今回は一目でわかりやすいよう日本で多く展開されている国のサイズ表と日本のサイズ表を併せることでわかりやすくしてみました。ネットで購入する際にもぜひ参考にしてみてください。

  • イタリアの洋服サイズ、なぜ日本人に合わない

    イタリアの洋服サイズ、なぜ日本人に合わない

    イタリアの洋服のサイズだけではないですが、フランスやアメリカなどと比べて特に日本人に合わないといわれているのがイタリアの洋服です。

    イタリアの服のサイズが合わないのは、服によるシルエットを大事にするイタリアと、体のシルエットを大事にする着物を着る日本のサイズの考え方が違うからという部分があります。イタリアの洋服を着るとき、数字上では体に合っている物であっても、ブランドによって非常に大きくサイズ感が違うのがイタリアの特徴です。
    イタリアの場合46、48、50というような表記になりますが、この表示は胸囲の半分をサイズとして表示しているものです。46であれば胸囲が92cmほど、50であれば100ぐらいの体形に合わせて作っているということです。ブランドによっては肩幅狭め、袖長め、全体的にタイト気味というように特徴が出てきます。ファッションに重きを置いてきたイタリアだからこそ大きな違いが出るのです。

    日本で使われているS、M、Lという表記は、もともとざっくりとしたサイズ表示で問題ないニット用のサイズ表示でした。イタリアなどのサイズ感を大事にするファッションが盛んな国においては体形に合わせた服を着ることが一般的だったため、サイズ表記が細かくなっています。
    アメリカサイズだと日本よりも気持ち大きい、というように、国ごとの体形によってサイズが変わってくるため、サイズ表示を日本サイズに当てはめてもいまいちピッタリと合わないということになります。

  • イタリアの洋服サイズ メンズ

    イタリアの洋服サイズ メンズ

    イタリアの洋服のメンズサイズを表にしていきます。日本サイズ、国際基準サイズ、フランス、イギリス、アメリカのサイズともあわせて確認します。ただし、大体一致しますがブランドによって大きく変わるため、可能であれば試着することをおすすめします。
    購入するブランドの洋服を一度試着していれば、そのブランドがどういう体形に向けて作っているのかがわかりますので、ワンサイズ大き目を購入、というように判断できます。

    シャツ、ジャケット、コート類

               
    日本 国際標準 イタリア フランス イギリス アメリカ
    S XS 44 38 34 34
    M S 46 40 36 36
    L M 48 42 38 38
    LL L 50 44 40 40
    XL(3L) XL 52 44 42 42


    パンツ


               
    日本 国際標準 イタリア フランス イギリス アメリカ
    68-71 XS 42-44 36-38 27 27
    71-76 S 44-46 38-40 28-29 28-29
    76-84 M 46-48 40-44 30-31 30-31
    84-94 L 50 44-48 32-33 32-33
    94-104(3L) XL 51-52 48-50 34-35 34-35

  • イタリアの洋服サイズ レディース

    イタリアの洋服サイズ レディース

    イタリアの洋服のレディースサイズを表にしていきます。日本サイズ、国際基準サイズ、フランス、イギリス、アメリカのサイズともあわせて確認します。レディースの場合は判断が難しく、男性と違い胸周りに左右されてきます。肩幅が合わなかったり、袖が長くなってしまうということもありますので、もしも着られるサイズにすると他が合わないということがあれば、その場合はお直しが必要になります。
    大体の場合百貨店にはお直しを受け付けているコーナーがあったり、ブランドが代わりにお直しを受け付けたりしていますので相談してみましょう。

    シャツ、ジャケット、コート等

                 
    日本 国際標準 イタリア フランス イギリス アメリカ
    5(XS) XXS 38 34 6 0-2
    7(S) XS 40 36 8 4
    9(M) S 42 38 10 6
    11(L) M 44 40 12 8
    13(LL) L 46 42 14 10
    15(3LL) XL 48 44 16 12


    パンツ


                 
    日本 国際標準 イタリア フランス イギリス アメリカ
    58-61 XXS 34 32 23 23
    61-64 XS 36 34 24 24
    64-67 S 38 36 25 25
    67-70 M 40-42 38-40 26-27 26-27
    70-73 L 44-46 42-44 28-29 28-29
    73-76 XL 48 46 30 30


    ワンピース、スカート


                 
    日本 国際標準 イタリア フランス イギリス アメリカ
    5(XS) XXS 38 34 6 0-2
    7(S) XS 40 36 8 4
    9(M) S 42 38 10 6
    11(L) M 44 40 12 8
    13(LL) L 46 42 14 10
    15(3LL) XL 48 44 16 12

  • まとめ

    イタリアの洋服のサイズは日本の表記とは違い、胸囲を基準にサイジングされています。着る人によって肩幅、ウエスト、腕の長さなどが違うことは当たり前です。日本は着物文化でサイズという文化があまりなく、ざっくりとしたサイズ感ですが、イタリアはシルエットを大事にする洋服文化ですので厳格に分けられています。

    同じサイズであってもブランドによってデザインが違いますので、大きい、小さいということが起こります。普段着ているサイズであっても初めて選ぶブランドの場合は一度試着してブランドがタイトに作るのか、ゆとりを持って作るのか把握しておいた方が失敗しづらいでしょう。
    一つの目安ではありますが、一般的にパリコレクション、ミラノコレクションなどで毎回高い注目を集めるモード系ブランドの場合は日本人には細すぎる傾向にあります。その場合はMサイズの方はMサイズ換算ではなくLサイズの方がピッタリ合う場合がありますので一つの基準にしてもいいでしょう。

    洋服選びの時にサイズが一切わからないと試着の段階から迷います。このサイズなら入るかな。と着てみて小さすぎたり大きすぎたりすると手間がかかります。おおよそ自分が着られそうなサイズを把握しておけば、試着もスムーズです。お買い物前にはぜひサイズ表を見て確認してください。

お見積もりだけ・初めての方でも大歓迎!