CATEGORY 洋服

2021/08/06洋服についた香水のにおいを消すには?落とし方と正しい付け方

洋服

  • LINEで送る
洋服についた香水のにおいを消すには?落とし方と正しい付け方

洋服についた香水を落とすのは非常に困難なため、ニオイを消したいと思ったときにすぐに落とせるというものではありません。今回は洋服についた香水の匂いを消す方法と、洋服と合わせる方法をご紹介します。

普段から香水を使用している方は多いと思いますが、洋服についた香水が落ちない気がしたり、シミになっていたりしてげんなりしたことはないでしょうか。
これ以上着けたら付けすぎだと思われそう、と感じることもあります。香水の香りというのは少量であれば雰囲気を作ってくれますが、付けすぎてしまうと臭いと思われてしまいますので、ほのかに匂いを出すのが鉄則です。

今回は洋服についてしまった香水の匂いを消す方法と、付け方をご紹介します。正しく使用することで洋服としっかりとあわせて楽しみましょう。

  • 洋服についた香水の匂いを消す方法

    洋服についた香水の匂いを消す方法
    洋服についた香水のにおいを消すのは非常に手間がかかります。

    香水のにおいというのはクリーニング店でも落ちないことがあります。クリーニング店ではあらかじめ落ちない、消えない事を了承したうえでクリーニングを受け付けたり、強い場合は断ることもあります。クリーニングで落としたいという場合にはある程度手間がかかったり、費用が掛かることを覚悟しておきましょう。

    家で落とす場合には、洗濯することが一番でしょう。落とすには何パターンか方法があったり、手順が必要です。

    1.香水が軽いものなら通常通り洗濯する
    香水の匂いが軽い場合は通常の洗濯で落ちる場合があります。漂白剤を使用することで落ちるでしょう。香水の香料は油性なため、漂白剤を使用することが重要です。

    2.香水のにおいを強めに感じる場合は重曹とお湯で洗濯する
    香水の匂いが強い場合は、重曹をお湯に溶かして漬け込んでおくと落ちやすくなります。あまりにも臭いという場合にはアルコールを使用すると匂いが落ちやすくなります。あわせるといいでしょう。

    3.洗濯で落ちなかった場合はスチーマーで根気強くスチームをあててドライヤーをかける
    匂いが落ちなかった場合、根気強くスチーマーでスチームをあてて匂いを飛ばすことができることがあります。ただ完全ではないので、落ち切らなかった匂いを消すために使用する。

    4.風通しのいいところに何日か干しておく
    洗った後、まだ匂いが残るようであれば風通しのいいところに干しておくといいでしょう。乾燥させ続けることで匂いが徐々に減っていきます。
  • 洋服と香水をあわせるときの付け方

    洋服と香水をあわせるときの付け方
    洋服と香水をあわせるときにおすすめの付け方は肌に直接つけることです。洋服につける方法もありますがおすすめしません。

    香水というのはトップノート、ミドルノート、ラストノートで匂いが変わっていきますが、基本的に体臭とあわせて完成させるようになっています。洋服につけると単調な香りになりますのでおすすめできません。

    肌につける場合には、肘、膝裏、ウエスト、足首がおすすめです。鼻から離れているのでほのかに香ります。手首につけて耳の後ろにつけるという方もいますが、時と場合によっては体温が高い分匂いがきつくなってしまいます。

    香水まで含めてファッションコーディネートするというのであれば、強すぎないように場所を選んだ方がいいでしょう。

  • 洋服に香水をつけるとシミになることがある。

    洋服に香水をつけるとシミになることがある。
    洋服に香水をつけるとシミになってしまうことがあります。

    基本的に肌につけることを想定しているため、衣類用の香水でない場合は油性の特徴であるシミが出やすくなっています。最近ではおしゃれな見た目になるよう、香水自体に薄い色をつけていることがあります。もちろん肌につけたときに色づくようなことはありませんが、洋服の場合はシミの原因になります。

    どうしても肌ではなく服につけたいという場合は、内側の目立たないところ、または内側で生地が厚い手首や襟裏などに使用したり、ハンカチやタオル、ティッシュなどに染み込ませた後に服に叩くなど、匂いだけがうつるように工夫しましょう。

    服の上というよりも、髪の毛に香水のにおいをつける方法もあります。うなじ部分にかけるよりもほのかに香るので、匂いを強く出し過ぎたくないという場合におすすめです。ポイントは空中にプッシュして、その下をくぐるようにあたまを動かして匂いを付けます。自分では匂いが薄く感じるかもしれませんが、周りの人はバッチリ匂いを感じているので付けすぎに注意しましょう。
  • まとめ

    洋服についた香水のにおいを落とすのはなかなかに手間がかかり、クリーニング店でも落としきれないため断ったり、ニオイ移りなどを考えて断ることがあるほどです。香水は水に溶けづらく、香料が残りやすいため難しいのです。

    自分で香水のにおいを落とす場合には、漂白剤を使用したり、重曹、お湯を使用してニオイを落とす方法があります。もしも洗って落ちなかった場合は、スチーマーを使用したり、ドライヤーを使用し、しっかりと乾燥させることでニオイをある程度消すことができます。

    洋服と合わせる場合には付けすぎ内容に注意が必要です。基本的に肌につけて変化を楽しむのが香水ですので、香水は肌につけるようにしましょう。服につける場合にはハンカチにつけて服に叩いてニオイを移すなどの工夫をしましょう。

    洋服に香水をつけるとシミになることがあるため、付け方には工夫が必要です。匂いが落ちないこともありますので注意しましょう。

    香水を含めてファッションを楽しむのであれば、邪魔しないよう匂いが残らないようにしましょう。