CATEGORY 洋服

2021/08/02服の買取ではタグを取らないで持ち込むことが重要!半額以下になることも

洋服

  • LINEで送る
服の買取ではタグを取らないで持ち込むことが重要!半額以下になることも

洋服を買取りに出す時の重要なポイントは、タグを取らないで持ち込むことです。タグには、その洋服の価値を表す大切な役割があり、もしもブランドタグが無い場合は価値が付かない、もしくは半額以下、ただ同然の買取になってしまうこともあります。

まったく同じ品物でも、タグの有り無しで査定の金額は大きく変化します。ブランドタグはもちろん、新品購入時についている値札などの下げタグや品質表示タグも買取価格に大きく影響します。

洋服を高価買取してもらうコツはいくつかありますが、タグを付けたままにしておくことは、簡単で手軽にできるコツの一つです。いつもブランドタグを切っている、品質表示タグを切っている、使っていないものの値段が書いてあるから下げタグを取ってから売りに出しているという場合は気を付けましょう。

  • 服の買取ではブランドタグを見る

    服の買取ではブランドタグを見る
    洋服の買取りでは、ブランドタグの有り無しが重要なポイントになります。

    洋服の買取価格を査定する際、いくつかの査定基準がありますが、その一つは「ブランド」という点です。シミや汚れなど洋服の状態も買取査定において大切なポイントではありますが、「ブランドの品物である」という点は最も重要なポイントです。

    洋服の買取査定は、どこのブランドもの物なのかということが重要な点になり、その判断のために首タグや品質表示タグが見られます。そのため、タグを切り取ってしまうとブランドの品物という判断が出来ず、買取できないかただ同然での買取です。
    タグが無ければ、そのブランドの品物であるという判断が出来ず、ブランド品としての価値が付けられないので、購入した時の金額が高かったブランド品であっても評価してもらえないことがほとんどです。

    人気の高いブランドであれば、それに比例して買取金額が高くなる可能性が大きいのですが、正規に購入したブランドの洋服であっても、ブランドタグが無ければ評価してもらうことが出来ず、本来の価格の10分の1にもならないでしょう。
  • 未使用なら下げタグもそのままに

    未使用なら下げタグもそのままに
    未使用の洋服を買取り査定に出すのであれば、値札などの下げタグもそのまま付けた状態で持ち込むことが高価買取を狙う重要なポイントです。

    下げタグに表記されている定価によって査定額が変わるということはありません。下げタグが付いていると、未使用の品物であるという判断が出来ます。きれいな状態の洋服であっても、未使用の洋服と使用感の無い中古の洋服では評価が変わり、未使用の洋服の方が高い買取査定になります。

    未使用であっても下げタグが付いていない場合は、半額以下の買取金額になってしまうこともありますので、未使用の洋服を買取に出す際は下げタグを外さずに持ち込むようにした方が良いです。
    リサイクルショップは買取った洋服を再度販売します。その際、下げタグが付いた状態で販売すれば、次に購入する人にとって「誰も袖を通していない未使用の洋服」という判断の材料になります。そのため、未使用の洋服であれば再販でも高く買ってもらえるので、買取時に下げタグが付いている洋服は高い買取金額をつけることが出来るのです。

    洋服を購入した後、すぐに着られるようにと下げタグを外して保管している人もいるかと思いますが、結局着る機会がなく買取に出そうとしても、下げタグが付いていないと未使用という判断がつかず、査定の評価が下がってしまいます。洋服の買取に出す可能性を考えると、下げタグは着る直前まで付けていた方が良いでしょう。

  • 縫い付けたタグを取ると買取できないことも

    縫い付けたタグを取ると買取できないことも
    縫い付けたタグを取ってしまうと、買取できないことがあるので注意が必要です。ブランドタグが無い場合は、買取を断られることがほとんどです。

    リサイクルショップなどで買取査定をする人は、ブランド知識が豊富なので、タグを見なくてもどこのブランドなのかや本物なのかが大体分かるかと思いますが、再販した際に次に購入する人はタグが無いと分からない人がほとんどです。
    どんなに高級なブランドであっても、タグが無いと一瞬で価値が無くなってしまいます。ブランドタグはその商品の価値を示す重要な役割を持っているので、基本的には取らないようにしたほうがよいです。

    ブランドによっては、タグが真贋を見分けるポイントの一つになるため、ブランドによってはタグが無い段階で基準外ということで返却されてしまいます。

    また、品質表示のタグも出来るだけ付けたままにしておいたほうがよいです。衣類は、一般消費者を保護する目的として、法律で品質表示が義務付けられているので、品質表示タグが無いと再販が難しいため買取ってもらえないことがあります。洋服によっては、タグがついていると着心地が悪かったり邪魔だったりすることがあるかもしれませんが、後に買取に出す可能性があるのであれば、出来るだけ外さずにつけておくようにしましょう。
  • まとめ

    タグは、洋服の買取において重要な査定ポイントになります。正規に購入した高級ブランドの洋服であっても、ブランドタグが付いていなければ間違いなくそのブランドであるという証明が欠けていることになるので、一気に買取金額が下がってしまいます。

    きれいで状態が良いものであってもタグが無ければ評価が落ちてしまい、場合によっては買取を断られるものもありますが、逆に状態が悪い古着であってもタグが付いていれば評価が高くなるブランドもあります。着古して取れかけているタグであっても、有るのと無いのとでは買取金額に大きな差がついてしまいますので、洋服を買取に出す可能性がある場合には、出来るだけタグをつけたままにしておくようにしましょう。

    値札などの下げタグがついた状態の新品の洋服であれば、さらに査定額アップが期待できます。せっかく購入したお気に入りの洋服を買取に出すのであれば、出来るだけ高く評価してもらえるよう、「タグ付きで持ち込む」を、ぜひ実践してみてください。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。