CATEGORY 洋服

2021/05/04洋服にコロコロを使ってはいけない?ホコリ取りにおすすめできる?

洋服

  • LINEで送る
洋服にコロコロを使ってはいけない?ホコリ取りにおすすめできる?

洋服にコロコロを使用してもいいか気になることがありませんか?ごみやほこりが洋服についてしまったとき、どのように綺麗にしていますか?今回は洋服にコロコロを使用してもいいのかどうか、デメリットや使うタイミングをご紹介します。

洋服を使用しているときに気になるのが、ホコリやごみ、動物の毛などです。ホコリ取りといえば洋服ブラシをイメージしたり、携帯クリーナーをイメージすると思いますが、持っていない方もいるかもしれません。
掃除用にコロコロを持っている方もいると思いますが、洋服に使えないのかな、と試したい人もいるかもしれません。

今回は洋服にコロコロを使用してもいいのか、使用するときのデメリットやおすすめの使うポイントをご紹介します。洋服を楽しむためにしっかりと正しい手入れを身につけましょう。

  • 洋服にコロコロを使用してもいい

    洋服にコロコロを使用してもいい
    洋服にはコロコロを使用しても問題ありません。洋服用のコロコロ出なくても粘着力の違いなので他になければ掃除用の粘着テープでもいいでしょう。

    もちろん毎日使用するものではありません。毎日のお手入れには洋服用のブラシを使用しましょう。洋服のホコリやゴミをとるのにコロコロは有効ですが、花粉などの細かいものは向いていません。普段から花粉などをとるために使うのであればブラシを使用し、一時的に大きなホコリやごみをとるために利用するのであればコロコロにするなど、うまく使い分けましょう。

    洋服の生地によって使えるものと使えないものがあるので注意が必要です。シルクなどの繊細なもの、ベロア、ベルベットのような起毛させてあるもの、ウールやカシミヤのようなニットアイテムは使用しない方がいいでしょう。
  • 洋服にコロコロを使用するデメリット

    洋服にコロコロを使用するデメリット
    洋服にコロコロを使用するのにもデメリットがあります。

    コロコロというのは粘着テープを使用してホコリやゴミを吸着させて綺麗にする商品です。粘着力が強ければ強いほど綺麗になりますが、生地を傷める原因にもなります。
    化学繊維の丈夫な生地であればいいですが、ニットやスーツのような毛羽立ちが発生しやすいもの、発生すると困るものには使用するのは控えましょう。

    洋服用のコロコロもありますが、これは粘着力を抑えて、衣類用にしたものです。カーペットに使用するようなものよりもマイルドな使用感で、コンパクトになっているものが多く、簡単に綺麗に出来るようになっています。

    通常のコロコロと違いダメージが抑えられるものではありますが、特に気にしないという方ならダイソーやセリアなどの100均で売られている粘着テープでも問題ないでしょう。
  • 洋服にコロコロを使用するおすすめのタイミング

    洋服にコロコロを使用するおすすめのタイミング
    洋服にコロコロを使うのはいつでもいいわけではありません。綺麗になるものと綺麗になりづらいものがあります。

    粘着クリーナーが得意なものは大き目なホコリや髪の毛などの粘着させやすいものです。猫の毛や犬の毛などに特に有効です。大きなホコリや細かな毛は、洋服ブラシを使用すると細かくなったり繊維に絡んでしまうのでコロコロの方がおすすめです。
    繊維に絡んでしまったものはブラシで取れないのであきらめた方がいいでしょう。

    大きなコロコロを使用すると一気にきれいになりますが、やらなくていいところまでコロコロしてしまいます。もしも可能であれば小さいタイプ、ミニタイプのコロコロを使用することをおすすめします。ホコリ取りに使用するだけであればミニタイプを購入しましょう。
  • まとめ

    洋服にコロコロを使用することは可能ですが、使う際には使い分けるようにしましょう。緊急時であればいいですが、時間があるのであれば花粉や細かなホコリを綺麗にするのであれば洋服用ブラシの方がおすすめです。逆に大きなホコリや髪の毛、動物の毛などはコロコロを使うと効果的です。

    洋服のコロコロというのは粘着テープに吸着させて綺麗にしています。使いすぎると生地を傷めてしまうので注意しましょう。特にニットアイテムやベロアやベルベットのような起毛させたもののようにダメージを受けやすいものは毛羽立ちや傷みの原因になるので注意しましょう。

    洋服のブラシが無いときに、手元にコロコロがあれば代わりに使ってもいいですが、使用する際には綺麗になるもの、綺麗にならないものがあることをあらかじめ理解しておきましょう。タイプによって使い分けると綺麗になるので賢く使用して綺麗にお手入れしましょう。