CATEGORY 洋服

2021/06/08洋服についた接着剤の落とし方。木工ボンドや瞬間接着剤もチャレンジ

洋服

  • LINEで送る
洋服についた接着剤の落とし方。木工ボンドや瞬間接着剤もチャレンジ

洋服に接着剤がついてしまって焦った経験、ありませんか?今回は洋服についた接着剤の落とし方をご紹介します。
お家で過ごす時間が増えた昨今、子供が工作で楽しむ時間が増えたりDIYの流行りもあり、木工用ボンドや瞬間接着剤を使う機会が増えたという人もいるのではないでしょうか。

気をつけて作業していても、ついうっかり接着剤を洋服につけてしまうなんてこともあるかと思います。簡単に物を接着出来るという便利な機能の半面、誤って洋服につけてしまうと、普通の糊とは違って簡単に落とすことは出来ず、厄介です。お気に入りの洋服についてしまうと、ショックで焦ってしまいます。ついてしまった接着剤は、どうにかして落としたいものですよね。

今回は家で多く使われている木工ボンドなどの落とし方を紹介し、シミになりづらい落とし方もご紹介します。

  • 洋服についた接着剤は落とせる?

    洋服についた接着剤は落とせる?

    洋服についてしまった接着剤やボンドは落とせるものもあります。どのように対処すれば落とすことができるのでしょうか。

    接着剤やボンドは、水や一般的な洗剤には溶けないため、ただ洗濯をするだけでは落とすことが出来ません。ですが、接着剤の種類にもよりますが、ある程度は自分で除去することが出来ます。

    学校や家庭などで一般的に使用されるようなボンドや接着剤であれば、ついてしまった時の初期対応と洗濯をする前にひと手間を掛ければ、落とせることが多いです。気を付けて作業していても、うっかり洋服に接着剤やボンドがついてしまうと、つい焦ってしまって、早く落としたいという思いから、無理やり剥がし取ろうとしたりゴシゴシとこすりたくなったりするかもしれません。
    しかし、焦った気持ちで力尽くや間違った対処をすると、生地が破れたり裂けたりする可能性があり、衣類を傷めてしまうことになります。まずは落ち着いて正しく対処することが、きれいに除去するポイントです。

    正しく処置をしても、場合によってはシミになってしまうこともあります。残念ながら自己処理では限界があり、完全に落としきることが出来ない場合もあります。どうしても落ちない場合には、無理やりな作業はせずに専門のクリーニング店に依頼をするようにしましょう。

  • 洋服についた接着剤、ボンドの落とし方

    洋服についた接着剤、ボンドの落とし方

    洋服についた接着剤やボンドの落とし方について、具体的に説明していきます。まずは、基本的なこととして、乾いていない場合は出来るだけ拭って接着剤やボンドを取っておくようにしましょう。乾く前であれば、一気に除去することが出来ます。
    ぬるま湯を含ませた布巾やガーゼなどで優しく拭き取りましょう。

    乾く前の木工用ボンドの場合
    1,ぬるま湯につける
    2,洗剤を使ってブラシで洗う
    3,通常どおり洗濯する

    乾いた木工用ボンドの場合
    1,ぬるま湯に1時間ほどつけておく
    2,クレンジングオイルをもみ込む
    3,洗剤を使ってブラシで洗う
    4,通常どおり洗濯する

    ブラシで洗う際は、歯ブラシなどを使うと細かい作業も出来るので便利です。衣類の生地が毛羽だったり擦れたりして傷めないように優しく丁寧に洗いましょう。

    木工用ボンドは油に溶ける性質があるので、乾いてしまった場合には油汚れに使われる洗剤が効果的です。油分が主成分であるメイクや皮脂汚れを落としてくれるクレンジングオイルは、肌に使うことが出来る優しい成分ですので、衣類にも優しく生地を傷めにくいのでおすすめです。

    瞬間接着剤のついてしまった場合は、残念ながら自分で落とすことは難しいです。瞬間的に固まる特徴があるので「乾く前」の初期対応は出来ません。そして、アロンアルファなどの強力な瞬間接着剤は、一般的な溶剤やベンジン、除光液などでは落とせません。落とすためにはアロンレスという溶剤が必要ですが、持っている人はなかなかいない一般的ではない薬品です。ですので、瞬間接着剤がついてしまった場合は、専門のクリーニング業者に依頼した方が良いです。

  • 接着剤やボンドを落とすときの注意点

    接着剤やボンドを落とすときの注意点

    接着剤やボンドを落とすときは、注意点がいくつかあります。

    接着剤を落とす作業は、少なからず衣類にダメージを与えることになります。本来、物と物をくっつける役割であるものを衣類との結合から切り離すわけですから、どうしても多少のダメージを受けてしまいます。そのダメージを少しでも小さくするためには、出来るだけ優しく丁寧に作業することがポイントです。

    まず、お湯につけ込む際、高温のお湯は厳禁です。温度が高いと洗浄力は高まりますが、衣類自体が色落ちする可能性も高まります。また、生地の種類よっては傷んで劣化する場合もありますので、必ずぬるま湯につけ込むようにしましょう。
    また、薬品をつけて放置しておくことも危険です。除光液やアセトンなど、接着剤を落とすことに有効な薬品をつけて放置すると、その薬品によるシミが付いてしまったり衣類の生地が傷んでしまう場合があります。薬品を使う場合は、一度目立たない箇所でテストしてから使うようにした方がよいです。

    そして、ブラシで洗う際は、強くゴシゴシと洗わずに優しく丁寧に擦るようにしましょう。

  • まとめ

    洋服に接着剤やボンドがついてしまった場合は、出来るだけ早めに対処することが綺麗に落とすポイントです。ついてから処置をするまでの時間が短ければ短いほど、落とせる可能性が高くなります。

    ついてすぐに対処出来る場合は、急いで拭き取るようにしましょう。拭い切れない場合や乾いてからついていることに気付いた場合は、ぬるま湯につけ込んで接着剤を柔らかくしてから歯ブラシなどを使って優しく洗ってから洗濯をするようにしましょう。
    除光液やアセトンをつかって除去する方法は、シミになる可能性があるので素人には難しく、出来るだけ避けた方が良いです。アイロンを使って熱で溶かして落とすという方法もありますが、
    生地の表面の接着剤は落とせても繊維にしみ込んでしまった分は落とせませんので、応急的な処置として使うようにしましょう。その場合、素材によってはアイロンが使えない衣類があるので、洗濯表示を確認してから使ってください。

    上記の方法でなかなか落ちない場合、無理に色々と自己対処すると、かえって生地を傷めてしまいます。中には水洗いが出来ない素材の衣類もありますし、自分で落とすのは難しいと感じた場合や大切な衣類は、無理な作業は行わずにクリーニング店に依頼をするようにしましょう。