CATEGORY 洋服

2021/08/02洋服の収納をおしゃれにするには?基本テクニックを紹介

洋服

  • LINEで送る
洋服の収納をおしゃれにするには?基本テクニックを紹介

洋服の収納をおしゃれにしたい!と思いませんか?
気に入って購入したおしゃれで大切な洋服の数々、どのように収納していますか?おしゃれが好きな人ほど、どんどん増えていってしまう洋服。何も考えずやみくもに押し込んでいくと、いつの間にかクローゼットの中がゴチャゴチャになってしまいます。

せっかく気に入って買ったおしゃれな洋服がゴチャゴチャになってしまうのは残念ですよね。おしゃれな洋服は、収納でもおしゃれに見せたいものです。
洋服は毎日着るものなので、毎日使うクローゼットやハンガーラックなどの洋服収納がおしゃれに見えると、気分が上がります。部屋の中でも、ショップで新しい洋服を選ぶように楽しくコーディネートが出来る空間は作れるのでしょうか。

洋服をおしゃれに収納するためのコツとは、どんなものなのでしょうか?

  • 洋服の収納をおしゃれに見せることはすぐには難しい

    洋服の収納をおしゃれに見せることはすぐには難しい
    洋服の収納をおしゃれに見せることは、すぐに簡単に出来る事ではなくテクニックが必要でなかなか難しいです。

    雑誌やインターネット上には、おしゃれな収納のお部屋や収納方法の紹介がたくさん掲載されています。ショップのようにおしゃれな誰かに見せたくなる綺麗な見た目の収納に憧れている人も多いのではないでしょうか。
    ですが、おしゃれ収納の上級者が行う見せる収納は、いきなりすぐに出来るものではありません。

    ショップのディスプレイがおしゃれに見えるのは、お店のコンセプトにあった洋服が揃えられているため統一感があるということが理由の一つです。
    個人が所有している洋服は、必ずしも統一感があるとは限りません。コンセプトが異なる洋服が複数あったり、買った時の気分やその時の年齢でテイストが異なる洋服が複数あることが多いと思います。その場合、おしゃれな見せる収納をするためには、収納する内容を厳選しなければなりません。

    普段着がハイブランドというのであれば見せる収納でおしゃれになりますが、そうでない場合は見えないように収納した方がおしゃれな見た目になります。

    基本的なことをおさえて収納すればクローゼットの中はおしゃれな空間になります。クローゼットはいつの間にか散らかってしまいやすい場所ですので、きちんと片付けながらおしゃれに収納していきましょう。
  • 洋服の収納をおしゃれに見せる基本テクニック

    洋服の収納をおしゃれに見せる基本テクニック
    洋服の収納をおしゃれに見せるためには、基本テクニックがあります。この基本的なコツをおさえて収納すれば、見た目が綺麗な印象の部屋になり気持ちもスッキリします。

    まず1つめのポイントは、クローゼットやハンガーラックに洋服を掛ける際に、高さをそろえて掛けることです。
    ハンガーに掛けて収納する洋服は、コートやワンピースなど丈の長いものもあれば、ジャケットやブラウスなど丈が短いものもあります。一番端に一番丈が長いものを掛け、もう一方の端が一番丈の短い洋服になるように順番に高さをそろえて掛けると、見た目が綺麗になります。
    また、丈の短い洋服を掛けている所の下にスペースが出来るので、ボックスを置いてさらに収納スペースを作ることも出来ます。

    2つめのポイントは、クローゼットやハンガーラックの空いたスペースに置くボックスは、見た目を考えて選ぶことです。
    クリアタイプのボックスは中身を把握しやすく便利ですが、中の物が外側から見えてしまうため、おしゃれな収納には向いていません。おしゃれな収納にするのであれば、中が見えない収納ボックスがおすすめです。

    そして3つめのポイントは、ボックスのサイズです。クローゼットやハンガーラックの奥行きや横幅とピッタリ合うものにすると見た目が良く、収納スペースを有効に活用して整理することが出来ます。

  • 洋服の収納力を上げ過ぎるとおしゃれから離れる

    洋服の収納力を上げ過ぎるとおしゃれから離れる
    洋服の収納力を上げ過ぎると、おしゃれな収納という目的から離れていってしまいます。

    帽子やスカーフなどの小物を収納するために、フックや突っ張り棒を使う方法があります。フックや突っ張り棒は確かに便利なアイテムではありますが、ゴチャゴチャとした見た目になってしまい、これらはおしゃれな収納には向いていません。
    また、収納力を重視して大きめのクリアボックスを使うことも、ゴチャゴチャとした見た目の要因になります。大きい引き出しのボックスは、収納力があるがゆえに、ついたくさん詰め込んでしまいがちです。クリアボックスは外側から中が見えるので、中身がゴチャゴチャだとそのまま丸見えになってしまいます。

    おしゃれな収納にするのであれば、基本的にはクローゼット内にあるラックを有効的に活用して収納することを考えた方が良いです。そして、空いたスペースに設置するボックスは極力スリムなものがおすすめです。コンパクトなものをスペースにスマートに設置し、詰め込み過ぎずに余裕を持たせることがポイントです。
  • まとめ

    洋服の収納をおしゃれにすると、お部屋も気持ちもスッキリします。
    洋服がゴチャゴチャになって片付いていないと、着る服が選びにくかったり、買った洋服をしっかりと把握出来ずにまた似たような洋服を買ってしまうなんてこともあるかもしれません。ですが、おしゃれに綺麗に収納しておくと、洋服が見やすくて取り出しやすくなるので、着替えやコーディネートを考える時も手間がかからず楽になります。

    雑誌やインターネットで紹介されているような収納やショップのディスプレイなど、その道のプロの収納は、そう簡単に真似できるものではありません。ですが、長さを揃えてクローゼットやハンガーラックに掛けたり、色を分けて収納するなど、ちょっとした工夫で統一感を出すと、おしゃれな洋服収納になっていきます。

    洋服はトレンドを追ったり年齢によって嗜好が変わったりで、いつの間にかどんどん増えていってしまいます。洋服の収納は、収納スペースに対して8割ほどの量が美しく見えると言われています。洋服の収納をおしゃれにするためには、手持ちのものを見直し、時には断捨離して整理することも必要です。おしゃれを最大限に楽しむために、洋服をおしゃれに収納してみましょう。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。