CATEGORY

2022/05/23パラブーツとはどんなシューズブランド?ラバーソールでも日本で評価される理由

  • LINEで送る
パラブーツとはどんなシューズブランド?ラバーソールでも日本で評価される理由

パラブーツとはどんなシューズブランドかご存じでしょうか?
今回はフランス発のシューズブランドであるパラブーツについてご紹介をしていきたいと思います。

パラブーツはセレクトショップなどでも取り扱われ、ファッション感度の高いおしゃれな方を中心に広まったブランドで、ビジネスシーンよりもファッションシーンで選ばれることが多いブランドです。パラブーツの靴についている緑のタグを街中で見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。
ノルウェイジャン製法やリスレザーを使った質実剛健な靴は登山用という用途にとどまらず、ファッションアイテムとしても世界中で人気の革靴となっています。メイドインフランスにこだわった姿勢が特にフランス国内で支持されており、「大人になったらパラブーツ」という言葉があるくらいです。

今回はそんなパラブーツの名前の由来や歴史・特に人気の高いモデルなどを紹介していきたいと思いますので少しでもパラブーツというブランドに興味を持ってもらえたらと思います。

  • パラブーツとはどんなシューズブランド?

    パラブーツとはどんなシューズブランド?
    パラブーツは1908年にフランス東部のイゾーという町でレミー・リシャールが靴の工房を開いたことから始まったブランドです。ラバーソールが特徴的なシューズブランドとして知られています。

    パラブーツは創業時、アルプスへ登山に訪れる登山家に向け丈夫さや軽さといった革靴の機能にこだわったモノづくりをしており、その革靴の質の高さから登山を楽しむ上流階級から丈夫な革靴を求める労働者まで幅広い層から支持をされていました。
    レミー・リシャールが1926年にアメリカへ渡った際、アメリカ人が履いていたゴム底の靴にインスピレーションを受け、自身の革靴のソールにゴム素材を使用したものを発売したところ、その目新しさやゴム特有の丈夫さ・クッション性の高さから大ヒット商品となりました。この時にソールに使用する素材をブラジルのパラ地方にあるゴムの木から採取し、パラ港から出荷・輸入していたことから、自社のブランドを「パラブーツ」と正式に命名しました。

    その後、パラブーツは1960年代まではこれまで通り登山靴を中心としたモノづくりを行っていましたが1960年代後半からシャンボードやミカエルなど、現在の人気モデルの前身となる革靴を発売し、登山靴の堅牢さを他のシューズに転用した靴のラインナップも高い人気を獲得しました。靴づくりのすべての工程を「メイド イン フランス」にこだわり、高い職人技術をもって作られるパラブーツの革靴は創業期から現在に至るまでフランスを中心に世界中で高い人気を誇っています。

    これまで男性シューズブランドというイメージが強かったパラブーツですが最近のファッショントレンドの変化によって足元にボリューム感のあるアイテムを取り入れたいという女性からの人気が高まっており、定番のミカエルや比較的新しいモデルであるオルセーティなどがおしゃれ女子のマストアイテムになりつつあります。
  • パラブーツが靴の愛好家に評価される理由

    パラブーツが靴の愛好家に評価される理由
    パラブーツが革靴愛好家から高く評価される主な理由をいくかご紹介します。

    天然ラテックスのラバーソール
    パラブーツといえばラバーソールの靴をイメージする人が多いのではないでしょうか?天然のラテックス素材にこだわり、独自の合成技術を使って作られたソールはクッション性や履き心地に優れ、天候にも左右されないことから他のブランドにはないパラブーツならではの評価ポイントとして支持をされています。

    パラブーツ独自のリスレザー
    リスレザーはパラブーツのシャンボードなどに使用されているパラブーツを代表する素材です。リスレザーはオイルドレザーといわれる防水性に優れた素材の1つです。登山靴を得意としていたパラブーツの製品には欠かせない素材として今でもパラブーツで大切にされている素材です。油分の多いリスレザーはしばらく使用をしていないと表面にブルームと呼ばれるロウが浮き出てくることもありますが、これは製品の不良ではなく、上質なリスレザーを使用している証拠ともいえる現象です。

    耐久性の高い革靴
    革靴愛好家がパラブーツに求めるもっとも重要な機能の一つであり、パラブーツが長年培ってきたブランドの特徴でもあります。パラブーツの革靴は登山靴として求められる防水性を最大限発揮するためにノルウィージャン製法という製法を主に使用しています。さらに雨や雪からの水分の染み込みを防ぐために上記リスレザーを使用することで防水性や耐久性をより高めています。このような靴の耐久性に対する信頼性の高さがパラブーツが評価される理由の1つとなっています。
  • パラブーツの人気モデル

    パラブーツの人気モデル
    パラブーツの革靴の中で特に人気の高いものをピックアップしてご紹介いたします。

    ミカエル

    ミカエル
    パラブーツの定番チロリアンシューズです。アッパーの素材や色など数多くのバリエーションがあり、様々なファッションに対応できる懐の深さがあります。近年では男性のみならず女性からの人気も高まっています。革靴特有の足に馴染むまでに時間も短いため、革靴ビギナーにもおすすめのモデルとなっています。

    シャンボード

    シャンボード
    ミカエルと双璧を成すパラブーツの人気アイテムです。パラブーツの職人の技術がすべて詰まったシャンボードは革靴でありながらもカジュアルな印象もあり、足元にシャンボードをもってくるだけでフレンチスタイルのファッションを楽しめるという魅力もあります。パラブーツの魅力が詰まったシャンボードはパラブーツ初心者からパラブーツ愛好家まで愛してやまない革靴の1つです。

    アヴィニョン

    アヴィニョン
    パラブーツの革靴の中でもドレスシューズとして人気の高いシューズです。パラブーツのUチップシューズはボリューム感のあるものが多いですが、アヴィニョンはすっきりとしたシルエットが特徴で同じコーディネートで合わせた場合によりドレッシーで上品な印象になります。日本での人気は上記2モデルよりも控えめですが、本国フランスではアヴィニョンのほうが人気が高かったりもします。

  • まとめ

    パラブーツは足に合わない靴は病気の原因にもなりかねないという考え方から「靴が足に合わせるべきでその逆はありえない」という理念を掲げています。その理念に合わせて靴づくりを行っているパラブーツは素材選びや縫製の選定に特にこだわりをもっています。パラブーツの足馴染みの良さや履きやすさはこういったパラブーツの靴に対する考え方・向き合い方から派生しており、長くパラブーツを愛用している人が多いのもうなずけるのではないでしょうか?

    エコスタイルではそんなパラブーツの買取を強化しております。もし、履く機会が少なく、眠らせてしまっているパラブーツの革靴があればぜひエコスタイルへご相談ください。

この記事を監修した担当者

  • 西村剛,AACD基準判定士、生前整理アドバイザー2級、遺品査定士、リユース営業士,エコスタイルマネージャー

浜松鴨江店(現入野店)に入社後、浜松宮竹店・横浜都築店・銀座本店を経験し、現在は宅配買取センターにて主に査定を担当。
得意商材はダイヤモンド・ルビー・エメラルドなどの宝石類、万年筆・パイプ・喫煙具などの嗜好品、ブランド品、洋服、靴など多岐に渡る。
    西村剛,AACD基準判定士、生前整理アドバイザー2級、遺品査定士、リユース営業士,エコスタイルマネージャー

浜松鴨江店(現入野店)に入社後、浜松宮竹店・横浜都築店・銀座本店を経験し、現在は宅配買取センターにて主に査定を担当。
得意商材はダイヤモンド・ルビー・エメラルドなどの宝石類、万年筆・パイプ・喫煙具などの嗜好品、ブランド品、洋服、靴など多岐に渡る。
    エコスタイル
    西村剛
    AACD基準判定士、生前整理アドバイザー2級、遺品査定士、リユース営業士
    エコスタイル
    西村剛AACD基準判定士、生前整理アドバイザー2級、遺品査定士、リユース営業士
    エコスタイルマネージャー

    浜松鴨江店(現入野店)に入社後、浜松宮竹店・横浜都築店・銀座本店を経験し、現在は宅配買取センターにて主に査定を担当。
    得意商材はダイヤモンド・ルビー・エメラルドなどの宝石類、万年筆・パイプ・喫煙具などの嗜好品、ブランド品、洋服、靴など多岐に渡る。
  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。