CATEGORY ルイヴィトン

2021/03/24ルイヴィトンにアウトレットはない。安く買う方法はある?

ルイヴィトン

  • LINEで送る
ルイヴィトンにアウトレットはない。安く買う方法はある?

ルイヴィトンにアウトレット品が無いことはご存知でしょうか。今回はなぜ存在しないのかを紹介するとともに、安く購入する方法をご紹介します。

ルイヴィトンといえばハイブランドの中でも特に知名度が高いため、知っている方がほとんどではないでしょうか。ラグジュアリーブランドの中でもトップクラスのルイヴィトンは、多くの場合高額なため欲しいと思っても購入金額を見て検討すると思います。

少しでも安く購入したいな、と考えたとき、他のブランドではアウトレットモールなどで購入できることがありますがルイヴィトンではそうはいきません。なぜルイヴィトンもアウトレット品を販売していないのか、今回はその理由と、他に安く購入する方法があるのかをご紹介します。

  • ルイヴィトンにアウトレットはない

    ルイヴィトンにアウトレットはない

    ルイヴィトンにはアウトレット品が存在していません。これは日本のみならず、海外でも同じです。

    最近のブランドで多いのは、アウトレット品で規格外になったものや売れなかったものを売り切る方法です。ただこの場合、ルイヴィトンはブランド価値が下がると考え、安売りはしないという方針になっています。
    品質がルイヴィトンとしてふさわしくないのであれば販売しないというハイブランドとしての格の違いが、多くの人から人気を集める理由なのかもしれません。

    ルイヴィトンの公式サイトにも、アウトレット品は販売していないと明言しているので、アウトレットと表記している物には手を出さない方がいいでしょう。ないものを販売しているということはほとんどの場合偽物です。

  • ルイヴィトンはセールする?

    ルイヴィトンはセールする?

    ルイヴィトンはセールも行っていないといわれています。ルイヴィトン側も一般的にはセールをしないと言っています。

    セールを行っていないといわれている、と伝えましたが、ファミリーセールは行っています。ファミリーセールのように一部の上流顧客にはセールを行うものの、一般人向けにはセールを行っていないため、ルイヴィトン側もセールを行っていないと発表しています。
    これはアウトレット品を展開していないのと同じで、ブランド価値を下げてしまうセールは行わないということです。

    一般的にセールを行うのは、売れ残ったものを廃棄してマイナスになるよりも、安売りして利益を残そうという考え方から行っています。ルイヴィトンの場合は、そもそも廃棄するものが出来るだけでないように、在庫をストックしないようにしているといわれています。各店舗に数個だけある状態にし、減ったら職人が作成するようにすることでロスを減らしています。ですからセールする必要が無く、ブランド価値を下げることなく販売できています。

  • 安く購入するには

    安く購入するには

    ルイヴィトンを安く購入するには、並行輸入品や中古品を購入する必要があります。

    公式以外で購入することになるため、偽物が混入することがありますので注意しましょう。信頼できるショップで購入することで偽物の混入をある程度防ぐことができます。
    個人売買よりもショップを利用することで、万が一の場合には返品を受け付けてもらえたりなど、誠実に対応してもらえます。
    並行輸入品であっても偽物が混入することは十分に考えられます。公式ではない以上絶対ではないと考えたうえで購入しましょう。

    気をつけなければいけないのは、アウトレット品だから安く販売しているというような謳い文句の場合です。存在しないアウトレット品を販売することはできないので、基本的には偽物であることが多いので気を付けましょう。

  • まとめ

    ルイヴィトンはブランドイメージを損なわないようにアウトレット販売を行っていません。セールも同様の理由で行っていません。

    もしもルイヴィトンのバッグや財布などといったアイテムを公式よりも安く手に入れたいという場合には、並行輸入品や、中古品を購入することになります。この時に偽物が混入することがあるので注意しましょう。
    ただ、個人売買ではなくショップで購入する場合は、基本的に保証を受けることができます。偽物だということが分かった際には返金対応などを受け付けてくれるので安心して購入してもいいでしょう。

    気をつけないといけないのは、ネットショップのように見せかけた偽物を売るサイトが存在しているということです。新品なのに非常に安い、アウトレット品、公式などというキーワードを使い、本物のように見せかけてくるサイトは気を付けましょう。

    高額で手が伸び辛いルイヴィトンですが、高いのには理由があります。品格を保ってきたからこそ欲しいと思うブランドになっていますので、ここはぐっと我慢し、ルイヴィトンを手に入れましょう。