CATEGORY ルイヴィトン

2015/08/01ルイヴィトンのエピ、人気商品から保存方法まで徹底解説!

ルイヴィトン

  • LINEで送る
ルイヴィトンのエピ、人気商品から保存方法まで徹底解説!

男女問わずに人気があるルイヴィトンのエピ。それぞれの趣味や嗜好に合わせて選べるように豊富なカラーバリエーションも魅力の一つです。

  • そもそもルイヴィトンのエピってどんな商品?

    そもそもルイヴィトンのエピってどんな商品?
    世界的に有名で多くの方に愛用されているルイヴィトン。
    デザインが支持されていることはもちろん、その優れた機能性と実用性も人気の秘密でしょう。

    この豊富なラインの中でも人気があるのがエピです。上質な牛革素材を使用しており、そこに細かな凹凸模様を施しています。
    エピというのはフランス語で「麦の穂」という意味の言葉ですが、この凹凸模様が光の当たり方で変化するのが特徴的で、その姿がまるで風に揺れる稲穂のように見えるということでエピという名前が付けられたと言われています。

    また、この模様があることで傷や汚れがあまり目立たないという特性を持ち合わせています。もちろん、耐久性と耐水性に優れ長年使用できるのも魅力の一つです。
    エピにはフォーマルな場面にも使用できるアルマや、巾着ブームの火付け役になったと言われるノエといったラインが有り、普段使いから旅行、ビジネスなど、カラーが豊富に用意されているため様々な場面で活用できるでしょう。
  • ルイヴィトンのエピ、人気のアイテムは?

    ルイヴィトンのエピ、人気のアイテムは?
    エピには色々な商品がありますが、男性には財布が人気で、女性にはバッグ類が人気となっています。また、キーケースや名刺入れなどは男女問わず人気が高いといえるでしょう。
    男性用の財布は二つ折りの長財布が主流であり、特にノワールカラーのエピはシックで洗練された大人の印象を醸し出すのに役立ちます。ルイヴィトンというブランドカラーを出したくないものの、上質な逸品を持ち歩きたい方にオススメできます。

    一方で女性に人気なのがエピのバッグで、前述したノエは普段使いにも最適で、可愛らしい印象でありながら、元々はシャンパンボトルを入れるためのキャリーケースとして製造されたものであり丈夫な作りが特徴です。カラーバリエーションが豊富にあるため、オンオフ問わずに使用できるように数種類揃えておきたいバッグです。
    もう一つ人気のラインがエピ・アルマで、ルイヴィトンのロゴが全面に施されたタイプと全くないタイプとがあり、好みに合わせて購入できます。バッグ自体は大きくありませんが、開口部が大きく、内側にはポケットが複数ありますので使いやすいのが特徴です。
  • おすすめの保存方法やお手入れ方法、高価買取りのコツは?

    おすすめの保存方法やお手入れ方法、高価買取りのコツは?
    おすすめの保存方法やお手入れ方法、高価買取りのコツは?

    ルイヴィトンのエピのようなカーフレザーを使用した高級バッグは汚れてから対処をするよりも、汚れる前に防止策を取っておくのがポイントです。防水スプレーや保護剤などで最初に保護してあげると日常のお手入れがグッと楽になるでしょう。保存の際は日陰で風通しが良い場所に仕舞うのが鉄則で、型崩れ防止のためにも重ねるのは厳禁です。
    それでも使用していれば劣化や汚れることは否めませんので、定期的に柔らかめの布で乾拭きすると良いでしょう。また、買取に出そうと考える場合は外観だけでなく、内側のポケット部分までチェックし汚れを取るのがポイントです。
  • 最後に

    ルイヴィトンのエピは筋のデザインが独特ですが、高級感のある見た目です。

    同じモデルのものでも、エピは表情が違うということで購入する方が多い特徴があります。

    カラー展開が豊富で高級感があるため、フォーマルな場面で使用できるものや、メンズラインの展開もあります。長年人気があるので、いつものルイヴィトンに飽きたらチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。