CATEGORY イッセイミヤケ

2016/04/07プリーツプリーズの誕生の秘密

イッセイミヤケ

  • LINEで送る
プリーツプリーズの誕生の秘密

イッセイミヤケが手掛ける人気ブランド「プリーツプリーズ」。

あのプリーツができるまでに5年かかったと言われるプリーツ加工。プリーツプリーズの誕生の秘密に迫ります。

  • プリーツプリーズのはじまり

    プリーツプリーズのはじまり
    プリーツプリーズとはイッセイミヤケが手掛けたブランド。デザイナーは三宅一生。

    1938年生まれで、多摩美術大学図案科在学中には装苑賞を2年連続で受賞。第1回コレクションは「布と石の詩」で1963年に発表された。
    その後、フランスのパリに渡り、シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌに入学。
    1966年にはギラロッシュのアシスタントになった後、ジバンシィのメゾンに入る。
    68年のパリ5月革命が大きな契機となり、実用的で一般的な人々のための衣服を志す。
    69年、ニューヨークへ渡り、ジェフリービーンの下で経験を積み、機能と実用性の服作りを学ぶ。
    日本に帰国後の1970年に三宅一生が「三宅デザイン事務所」を設立して翌年、ブランド「ISSEY MIYAKEをニューヨークにてコレクションを発表。
    1988年にプリーツファッションについて取り組みをはじめ、93年にプリーツプリーズを立ち上げました。
    女性の社会進出に伴い、ますます動きやすい服が必要になるという信念のもと、プリーツで新しい形のファッションを作り上げました。
    今では誕生から20年以上が経ち、日本のみならず世界中で愛され続けています。
  • プリーツの秘密

    プリーツの秘密
    プリーツプリーズは元来のプリーツ加工の概念を変え、衣服全体にプリーツ加工を施してきた。

    素材はポリエルテル100%のハイテク素材でとれないひだという技術を実現させました。
    できあがったプリーツの特徴としては、伸縮性に優れ、着心地が心地よく、どんな体型の人にも馴染むことができる。
    また、簡単に洗濯することができ、アイロン掛けも不要。

    日常で使用するのももちろん、きちんとした場で着ることもできる。まさに新しい女性のファッションをつくりあげたことが高い評価を得ています。
  • プリーツプリーズと白石ポリテックス工場

    白石ポリテックス工場といえば、プリーツプリーズのプリーツの開発に1980年代から取り組んできた工場です。

    一般的にプリーツは加工してから製品にしていきますが、プリーツプリーズは縫製まで済ませた製品にプリーツ加工をしていきます。
    通常140℃で行っている工程をイッセイミヤケでは190℃〜197℃の間で調節しているそうです。

    ちなみにこのプリーツを世に出すまでに糸から加工の全行程で約5年程度時間を費やしたそうです。
    この技術はどこのプリーツ加工業者でもできるものではなく、高度な技術が必要なので、プリーツプリーズにとって白石ポリテックス工場はなくてはならない存在なのです。
  • まとめ

    プリーツプリーズのプリーツは、世界的に高い評価を得ているもので、以前似た商品が出回った際、プリーツプリーズの知的財産権として販売を停止させる裁判に勝訴しています。

    この技術はプリーツプリーズ固有のものですので、他のブランドでは決してまねできません。一目でわかるプリーツプリーズのデザインは、世界で認められるデザインです。