閉じる
買取メニュー
2回目以降の方はこちら
質問やご相談も
お気軽にお問合せください
フリーダイヤル0120-991-2230120-991-223
【電話受付時間】10時~20時
※買取の際には現在の住所が記載された公的な身分証明書が必要です。印鑑は必要ありません。身分証明書について詳しくはこちらをご覧ください。
CATEGORY 貴金属

2016/06/05金の需要と供給

貴金属

  • LINEで送る
金の需要と供給

物の価格の決定は基本的には需要と供給によって決定されます。金には多様な要素があるとは言え、需要と供給のバランスに例外はありません。金の需要と供給のバランスをみてみましょう。

  • 金の用途※世界バージョン

    金の用途※世界バージョン
    こちらは2010年の世界的金の用とのグラフです。
    このグラフを見て頂くと、金の用との半分以上が宝飾品につかわれています。これは思ったよりも大きな数字です。日本にはバブルの時に約3兆円の宝飾品が輸出されたと言われています。それほど、宝飾品の需要は大きいということですね。ちなみに、現在の宝飾品のマーケット規模は1兆円を下回り、9000億くらいだといわれています。
    次に多いのが投資としての需要です。全体の30%ほどの金は投資目的として使われています。
    残りの20%程が工業用の用途になります。以外に金が工業として使われる割合は低いのですね。どうしても工業製品の場合は部分的に使うので量がかさまない事は想像できます。
  • 金の需要の推移

    金の需要の推移
    過去10年間の金の需要の推移になります。
    いずれにせよ宝飾品の占める割合が高い事はわかりますが、その比率は年々現状傾向にあります。宝飾品がこの世の中からなくなる事はあり得ないと考えられますが、そうなった時に金の価値が下落する事は間違いがないでしょう。
    投資の割合が上がってきている事からも、金の価値が大幅に下落する事はないだろうと考えられている事がわかります。2010年には公的部門の購入も見られ、その傾向はますます上昇する予測がたてられます。
  • 金の供給

    大きく分けて金の供給は?鉱山からの生産?公的機関による放出?中古品のスクラップから構成されます。最近はリサイクルショップ等の買取店がライフスタイルに組み込まれてきた事もあり、?の還流品の割合が増えています。
    新しい生産においては、2010年に主要な産出国全てで金の生産が高く記録的な産出がありました。占める割合が高い国は中国、オーストラリア、アメリカ、ロシア、南アフリカ、インドネシア、カナダの順です。。ただ、1番多い中国でも全体の10%ほどなので、生産が集中している国はないと言えます。
    金の産出には限りがあるので、今後はもっと還流品の割合が増え注目されてくると考えられます。
  • こちらの記事もオススメです

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。

買取ブランド

エコスタイルが取り扱うブランド数は業界トップクラス!ハイブランドだけが高額なのではありません。
カジュアルなブランドやデザイナーズブランドも買取に自信があります。掲載されていないブランドもお気軽にご相談ください。

予約不要
最寄りの店舗を探す

エコスタイルの買取店はすべて駅近!駅からすぐのところにあります。
ブランド品を長時間持って歩かずに済むのでご安心ください。
閉じる

身分証明書について

古物営業法に基づき、
買取の際にはご本人様確認が必要です。
ご利用いただける身分証明書を紹介します。

いずれか1点で構いません
  1. 1 運転免許証
    運転免許証

    ※顔写真付きのもの

  2. 2 住民基本台帳カード
    住民基本台帳カード

    ※顔写真付きのもの

  3. 3 住民票の写し
    住民票の写し

    ※発行から3ヶ月以内のもの
    ※複写は禁止

  4. 4 日本国パスポート
    日本国パスポート

    ※住所の記載があるもの

  5. 5 在留カードまたは
    特別永住者許可証
    在留カードまたは特別永住者許可証
  6. 6 学生証
    学生証

    ※住所の記載があるもの

  1. 7 マイナンバーカード
    マイナンバーカード

    ※通知カード不可

  2. 8 健康保険証
    健康保険証

古物商の法律により、身分証明書のコピーを弊社で保管する義務がございます。
そのため、コピーを取らせていただきますので予めご了承ください。
宅配買取の場合はマイページからアップロードいただくか、お品物と一緒にご郵送をお願いします。

ご注意ください

  • 保険証に関しましては、お客様ご自身で記号と番号の箇所を隠して撮影をお願いします。
  • 住民票の写しは、コピーではなく地域の窓口で請求された書類の事を指します。
  • 買取お申込みフォームで記載するご住所と現在お住まいの住所と、身分証明書の情報は一致している必要がございます。
  • 顔写真の部分などは、マジックなどで黒塗りにされないようにお願いいたします。
  • 18歳未満の方からは現在買取を行っておりません。

法人様の場合

法人様とのお取引の場合は、下記の書類が必要です。

  • 取引担当者様の、住所、氏名、年齢が記載された、上記記載の身分証
  • 取引担当者様の、名刺1枚
  • 登記簿謄本のコピー ※3か月以内に取得されたもの