CATEGORY 貴金属

2022/02/26貴金属は傷だらけでも買取できる?トラブルにならないように知っておくポイント

貴金属

  • LINEで送る
貴金属は傷だらけでも買取できる?トラブルにならないように知っておくポイント

貴金属製品は傷があっても買取できることはご存知でしょうか?今回は家に眠った傷だらけの貴金属製品やボロボロになってしまった閉まったものでも買取を依頼できるかをご説明します。

貴金属といえば金やプラチナなどの金属で、ネックレスやリングなどに加工されたものがほとんどだと思います。婚約指輪や結婚指輪に使用されているのでイメージしやすいのではないでしょうか。貴金属は価値があるものというイメージがあると思いますがいざ売ろうと思ったときには使用感が出て傷があったりちぎれてしまって価値があるかわからないという方も多いようです。

今回は貴金属が傷だらけでも売れるかどうか、ボロボロでも買取してもらえるのかをご紹介します。

  • 貴金属は傷があっても買取できる

    貴金属は傷があっても買取できる
    貴金属は傷があっても買取ができます。ネックレスの場合はチェーンがちぎれてしまっても買取ができますし、ジュエリーの場合宝石がなくなってしまっても貴金属の価値は下がりません。

    ブランド品以外の貴金属で作られたジュエリーの場合は買取の際にグラムでの買取になることがほとんどです。ジュエリーとしての買取をされず重さでの買取になる理由は、ブランドジュエリー以外をそのまま再販することが難しいことが理由です。
    基本的にブランドジュエリー以外は中古で探す方が少なく販売が難しいのが現状です。

    重さで買い取られた貴金属は溶かして精錬して貴金属のインゴットや別のジュエリーとして販売されることがほとんどです。そのままの形で再販されるものはかなり珍しいため、基本は重さでの買取になると考えておくといいでしょう。
  • 貴金属とはどういうもの

    貴金属とはどういうもの
    貴金属とは、金、プラチナ、パラジウム、銀など金属としての価値や資産価値があるもので、細かい話をすると化学的に安定している金属であり、更に希少で量が多くない金属のことです。

    貴金属をジュエリーに使用しているのは、見た目がきれいで、変質、変色をしづらく宝石をいつまでも綺麗に見せられるため、価値を保つために使用されています。
    金やプラチナは一般的な貴金属で、他にも銀などが一般的なものです。純度が高いほど査定の時のグラム当たりの買取価格が高くなります。

    一般的に鉄や銅などを使用したジュエリーはないと思いますが、金やプラチナに銅や鉄などの別の金属を混ぜて加工しやすくしたり、色を変えたりしています。混ざっている金属によって見え方も変わるため、貴金属と一言で言っても色々な見た目があります。
  • 貴金属の目減りとは?トラブルにならないために知っておくこと

    貴金属の目減りとは?トラブルにならないために知っておくこと
    貴金属を買取に出したときに貴金属の目減りということでトラブルになることがあります。よくある重量を教えてくれない、全部で2万円ですというようなことが多いですが、目減りの分の差額がこのくらいです。と金額を引かれることがあります。

    貴金属を売りたい時は、出来るだけ高く売りたいと思うのが一般的です。それなのに金額提示の際に目減りのことを知らされてトラブルになるということがあります。

    目減りというのは、貴金属を単品で販売するために精錬する際に減ってしまう重量のことをいうそうです。目減りを口にする業者は10%ほど減るから金額を10%引くというようなことを言われますが、基本的に量りで測れるほど減らないため1%にもなりません。目減りを口にする業者はあまりいい業者ではありません。
  • まとめ

    貴金属製品は傷や打痕などがあっても問題なく買取ができることがほとんどです。貴金属の場合はリングやネックレスの目立たないところに刻印が打たれているのでわかります。

    貴金属は基本的にジュエリーとしての買取ではなく重さでの買取になります。ブランド品であればブランドジュエリーとしての価値が付きますが、ブランドが無い場合は貴金属の重さと宝石の価値で査定されます。理由はそのまま再販が難しく基本的には溶かして精錬することが多いためです。

    金やプラチナ、銀といった貴金属が身近な金属で、結婚指輪や婚約指輪などに使われています。変色したりサビてしまったりというような見た目を損なう変化が少ないため価値を保つために使用されています。

    売る際に目減り分の価格を下げるという言葉や、目減り分が何グラムあるので、というような説明をされた場合にはあまりいい会社ではないと思われるので売却するか考えておいた方がいいでしょう。基本的に目減りというほど重量が減ることはありません。

    貴金属は傷があっても、ちぎれてしまっても買取でき、エコスタイルでも0.1g単位までお客様にご説明して金額をご提示しています。貴金属の相場が高騰している今、売却をお考えであればエコスタイルにご相談ください。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。