CATEGORY 洋服

2021/08/02子供服の買取はノンブランドでもOK?買取よりもお得な方法とは

洋服

  • LINEで送る
子供服の買取はノンブランドでもOK?買取よりもお得な方法とは

子供服を買取に出すとき、ノンブランドのものでも買取してもらえるか気になりませんか?子供はすぐに大きくなるので、洋服はノンブランドで安く済ませて買取に出そうと考える方が多くいらっしゃります。

子どもはすぐに大きくなってせっかく買った洋服が着られなくなるので、ノンブランドで安く済ませたり、綺麗なまま小さくなるのでお下がりを貰ったりすると思います。でも自分の子供が小さくなった時、お下がりする子供がいなかったら捨てるしかなく、もったいないから売りに出そうと思う方が増えています。

今回は子供服の買取はノンブランドのものでも対象になるのかをご紹介し、買取りが難しい場合は別の方法にどういうものがあるのかをご紹介します。

  • 子供服の買取はノンブランドだと厳しい

    子供服の買取はノンブランドだと厳しい
    子供服の買取は買取ショップによってさまざまな基準がありますが、ノーブランドの洋服は厳しい査定になるケースが多いです。

    ブランド品の子ども服であれば取り扱っている買取ショップは多いですが、ノーブランドの子ども服を買取っているところは少なく、買取出来たとしても良くて十円単位の買取価格になる場合がほとんどです。

    子供の洋服は、身体の成長に伴いすぐに着られなくなり、短い着用期間でのサイズアウトのため綺麗な状態の古着が多いかと思います。ですが、ノーブランドやファストファッションの洋服はもともとの定価が低く、リサイクルショップでの再販も難しいため、買取価格がつきづらいです。

    ノーブランドやファストファッションの洋服は新しい商品が次々と売り出されるため、1枚1枚の価値が低くなりがちなのです。
  • ノンブランドの子供服を売るならフリマアプリがいいかも

    ノンブランドの子供服を売るならフリマアプリがいいかも
    ノンブランドの子供服を売るのであれば、買取ショップよりフリマアプリの利用がおすすめです。買取ショップでの査定だと自分が納得できる買取金額にならないというデメリットがありますが、フリマアプリであれば自分で値段を設定できます。

    サイズを合わせて複数の洋服をセット販売すると、そのサイズを求めているママが購入してくれることがあり、買取ショップよりも高い値段で売ることができます。
    梱包や発送などの手間はかかりますが、思い立った時に気軽に自分の納得がいく値段で売ることができます。

    ブランド服の場合は、買取ショップでの査定がおすすめです。ブランド品は、鑑定して査定された商品を安心して購入したいと考える人が多く、買取ショップでの需要が高いため、しっかりと買取金額がつきます。

  • まとめ

    子ども服はすぐにサイズアウトしてしまい着られなくなってしまいます。次々と買い足さなければならないので、クローゼットの中は大量の衣類で埋もれてしまいます。整理をすると言っても、小さい頃の思い出が詰まった子ども服は、なかなか処分に踏み切れないです。ですが、少しでも買取金額がついて手放すことが出来れば、心もクローゼットもスッキリと整理することができます。

    手間をかけずにいっぺんに整理する場合は、買取ショップがおすすめです。宅配買取のサービスをおこなっているショップも多くあるので、家から出ること無く古着を売ることもできます。

    出来るだけ高く手放したいノーブランドの洋服や買取ショップで査定不可だった古着は、フリマアプリの利用がおすすめです。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。