CATEGORY バズリクソンズ

2021/08/02バズリクソンズというブランドいろは

バズリクソンズ

  • LINEで送る
バズリクソンズというブランドいろは

バズリクソンズというブランドについての基本知識をご紹介いたします。

バズリクソンズは日本のミリタリーブランドで、近年のフライトジャケット人気のおかげで再度注目されているブランドです。

もともと人気がありましたが、今ではおしゃれな人はみんな知っているブランドです。

  • ジャパニーズミリタリーブランドの生い立ちをご紹介です。

    ジャパニーズミリタリーブランドの生い立ちをご紹介です。
    バズリクソンズとは?
    バズリクソンズは東洋エンタープライズ株式会社が運営しているミリタリーブランドです。レザーのフライトジャケットなどが非常に有名で同社を代表するアイテムです。

    旧マッコイズ(ザ・リアルマッコイズ)との共同で立ち上がりました。ミリタリーブランドと言う事もあり、おおまかなデザインはさほど他のミリタリーブランドとは変わりませんが、歴史が長い事もあり、日本のミリタリーブランドをけん引するブランドです。
    バズリクソン以外も様々なブランドを展開しており、シュガーケン、サンサーフ、インディアンモーターサイクル、ジョンセバーソンなども人気を博しています。
  • バズリクソンズのアイテムとは?

    バズリクソンズのアイテムとは?
    バズリクソンズのアイテムの特徴として、ブランドの特徴とかぶる部分がありますが、ミリタリーテイストのアイテムが多く展開されています。
    アメリカの海軍、空軍、陸軍のユニフォームを本格的に再現しています。細かいディティールまでこだわりを持って作られているため、タウンユースで洋服として着て楽しむ方もいらっしゃいますが、鑑賞用として保管して、たまに眺める事で楽しまれている方もいらっしゃいます。

    MA-1などのブルゾンアイテムやデッキジャケットなどが人気です。しかし、一番人気があるのはフライトジャケットです。なぜフライトジャケットとふんわりとした表現にしたかというと、フライトジャケットと一言に言えないくらい様々な種類を展開しているためです。実名復刻シリーズや、第二次大戦の当時に軍に納入していたメーカーなどが使っていたレザーを使用していたりと、リアルなミリタリーを再現している事もあります。そのため、他に追随を許さないミリタリーウェアブランドとして君臨しています。

  • バズリクソンズのレザー

    バズリクソンズのレザー
    バズリクソンズのアイテムは先にも紹介をさせていただきましたが、本格ミリタリーアイテムを展開しております。MA-1などのアイテムにはナイロンを使っています。デッキジャケットであれば、丈夫なコットンで製品が作られています。

    フライトジャケットが一番オススメの同ブランドですが、使用されているレザーにも複数種類があります。牛革を使っているカウハイドのジャケットや馬革を使っているホースハイドのフライドジャケット。ラムレザーを使っているムートンジャケットがあります。
    カウハイドは定番のアイテムですので、多くのアイテムに使われています。ムートンジャケットは本当に保温性にすぐれており、冬場はムートンジャケットを着ていれば日本の冬は乗り切れると思います。残す、ホースハイドのフライトジャケットが二次流通でも非常に人気があります。モデル次第ですが、カウレザーのアイテムよりホースハイドの方が人気も高く高値で取引されています。本格ミリタリーブランドのバズリクソンズは今後も注目したいブランドです。
  • 最後に

    バズリクソンズはミリタリーウェアのブランドですので、フライトジャケットなどの人気が非常に高いブランドです。

    特にレザーを使用した本格アウターの人気が高く、カウレザー、ホースハイド、ムートン、どれも人気のブランドです。普段レザージャケットを着ていない方は硬さが気になってしまう人がいますので、ムートンを。慣れている人はカウレザーやホースハイドなど、見た目だけではなく慣れているかどうかでも選んでいいかもしれませんね。

    ホースハイドや厚手のカウレザーは、着初めのころは、硬くて疲れるという方がいます。いきなり高いものを選ばずに、慣らしてから着ていってもいいかもしれません。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。