CATEGORY 洋服

2021/08/02子供服のリサイクルショップは専門店がいい?

洋服

  • LINEで送る
子供服のリサイクルショップは専門店がいい?

子供服のリサイクルショップは、育児や家事に追われて時間がないママ達にとても便利な場所です。

子供の洋服は、成長するにつれてどんどんサイズアウトして着られなくなってしまい、整理をするのが大変なアイテムです。もう着られないとわかっていても、気に入って購入したものや小さい頃の思い出がつまった子供服は処分しづらいものです。フリマアプリで洋服を売る方法もありますが、相手とのやりとりや出品・発送などで手間と時間がかかるため、忙しいママ達には不向きなサービスです。

限られた時間を有効に使いたいママ達には、リサイクルショップでの買取がオススメです。不要になった思い出の子供服は、リサイクルショップの買取サービスを利用して、スッキリと整理しましょう。

  • 子供服はどこのリサイクルショップで売ってもあまり変わりづらい

    子供服はどこのリサイクルショップで売ってもあまり変わりづらい
    子供服は、不要になったらすぐにリサイクルショップの買取に持ち込むことがオススメです。
    子供の洋服を扱うリサイクルショップは多数あります。洋服を専門に扱っていたり、おもちゃやベビー用品も扱っていたり、それぞれのリサイクルショップによってサービスや特色が様々です。子供服をリサイクルショップで買取に出す場合は、自分が売りたいアイテムによってサイトなどでリサイクルショップの特徴を事前にチェックして利用すると良いです。

    子供服の買取で言うと、どこのリサイクルショップで売っても大体似たような買取価格になります。子供服の買取の場合、地域に密着したリサイクルショップでは需要が高くなります。近所にリサイクルショップがある場合は、そこに買取に出しても良いかと思います。
  • ハイブランドの子供服をリサイクルショップで売るならお店を選んだ方がいい

    ハイブランドの子供服をリサイクルショップで売るならお店を選んだ方がいい
    ハイブランドの子供服をリサイクルショップで売る場合は、ブランド品の買取に力を入れている買取店を利用した方がよいです。
    ブランド品の知識が無いリサイクルショップだと、一般的な子供服としての買取金額になってしまう可能性があります。子供服であってもハイブランドの洋服はれっきとしたブランド品ですので、ブランド品の査定する知識がある買取店であれば、きちんとした買取金額がつきます。サイトの買取実績などでチェックをすると安心して利用できます。

    ノーブランドやファストファッションの子供服は、もともとの価格が安く、次々と新商品が販売されるので再販が難しいため、買取不可なリサイクルショップが多いです。ですが、宅配買取や買取店の近場にそういったショップが無いリサイクルショップでは扱っている場合もあります。

  • まとめ

    子供服をリサイクルショップで買取してもらおうと調べると、さまざまなショップや買取方法があって迷う人も多いかと思います。
    子供たちが着ていた思い出がつまった洋服は、なかなか手放しづらいですが、高い金額で買取ってもらえれば決心がつきやすいですよね。どんな洋服を売りたいのか、洋服以外に売りたいものがあるのかなど、買取ってもらいたいアイテムの優先順位を決めるとリサイクルショップを選びやすいです。

    ブランドの洋服であれば、サイトで取り扱いをチェックしたり買取実績を参考にするとよいです。また、買取に出す前に洗濯をしたりシワを無くしておくなど、キレイな状態にしておくと高価買取につながります。子供の成長に伴って次々と生まれる不要な洋服は、賢く買取に出してスッキリさせましょう。

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。