CATEGORY 洋服

2020/12/30ビンテージ古着はクリーニング?それとも洗濯?

洋服

  • LINEで送る
ビンテージ古着はクリーニング?それとも洗濯?

ビンテージ古着はクリーニングで洗うことをおすすめします。購入した古着にシミがあったり汚れがついていたり、気になって洗いたいときはありませんか。ただ他の洋服と一緒に洗濯機で洗うのはリスクが高い行動です。

ビンテージ古着は今の洋服と違って洗い方が分かりづらいものがあったり、シミや汚れが気になって洗っても落ちないことが多く、中古感が出てしまってどうにかヴィンテージ感を残したまま綺麗にしたいと思うことはあると思います。
ただキレイにしたくても色落ちが気になったり、洋服の生地のダメージが気になってガシガシ洗えない人がほとんどです。

今回はビンテージの古着はクリーニングに出したほうがいいこと、ただ日ごろは自宅で洗うことも可能だということをご紹介します。

  • ビンテージ古着はクリーニングした方がいい

    ビンテージ古着はクリーニングした方がいい

    ビンテージ古着は、生地や縫い糸が服なっていることで脆くなっていることがあり、他の洋服と同じような洗濯をしてしまうと破れてしまうことがあります。
    ヴィンテージになる古着の場合、デニムのパッチ部分のような後付け部分が劣化していることがあります。リーバイスのヴィンテージタイプだとパッチ部分が紙でできていることがあり、何度も洗濯機で洗うと取れてしまうことがあります。

    汚れやシミをしっかりと落としたい場合は古着を取り扱っているクリーニング店や手洗いでクリーニングをする高級クリーニング店に依頼すると安心です。
    チェーン店のような、店舗では受付のみ、工場に運んでまとめてクリーニングという方式の場合、細かな要望(古着であることや、リベットやパッチの劣化の配慮)などが工場まで通じていないことや、機械乾燥などによるダメージが発生することがあるので、安心できるところに依頼しましょう。

  • ビンテージ古着のシミ汚れはクリーニングで綺麗になることがある

    ビンテージ古着のシミ汚れはクリーニングで綺麗になることがある

    ビンテージ古着の場合、シミや汚れが気になることがあります。大体の場合非常に長い時間シミがついていることがあり、普通に洗ったり、ただクリーニングに出すだけでは綺麗にならないことがあります。

    家で洗っても綺麗にならないので、あきらめた人も多いのではないでしょうか。ただ、シミ抜きが得意なクリーニング店に依頼をすれば、時間が経過していても綺麗になることがほとんど。
    最近の親切な古着屋さんでは、クリーニングの際に染み抜きも行っていることがあります。古着が得意なクリーニング店などもありますので、気になるものは依頼してみるといいかもしれません。

    特殊な素材やレザー切り替えのものなど薬剤漬け込みがしづらいものは落ちなかったり高額になることがありますが、シャツやトレーナー、デニムなどの簡単なものは綺麗にしてくれます。

    ビンテージ古着はクリーニング?それとも洗濯?から宅配に移動 中盤

  • ビンテージ古着は洗濯でも洗うことができる

    ビンテージ古着は洗濯でも洗うことができる

    ビンテージ古着を洗うときに毎回クリーニングに出すことは難しいでしょう。古着すべてをクリーニングに出す必要はなく、レザー製品や、脆くなったもの以外は家で洗濯することも可能です。

    古着で生地が薄いものなどは気を付ける必要があります。ただヴィンテージTシャツのような装飾のないものは手洗いしたり、ネットに入れておしゃれ着洗いするなど丁寧に洗えば家でもあることができます。

    革パッチの部分を保護する必要や、ボタンが割れないように保護するなどきちんと対応すれば、毎回クリーニングに出す必要はありません。シミが付いた時にクリーニングに出すという程度でいいでしょう。リペアすると価値が下がるので、リペアしないように丁寧に洗いましょう。

  • まとめ

    ビンテージ古着をしっかりと綺麗にしたいのであればクリーニングに出すことをおすすめします。

    買ってすぐのものは状態が悪いものもあるので、自分で洗うのではなくクリーニングに出してから着てもいいでしょう。2回目以降は自分で洗濯する程度で綺麗になります。
    もちろん古着の雰囲気を残したい、使用感が変わる、ということもあるかもしれませんが、一般的に皮脂や汗などは生地にとって良くないので洗った方が長持ちするといわれています。

    万が一ダメージが積み重なってリペアが必要になると価値が下がりますので、着用して汚れたらきちんと洗いましょう。ビンテージ古着の場合、脆くなっているものもありますので、不安であれば古着が得意なクリーニング店に依頼しましょう。