CATEGORY ブランド

2022/04/20ゴヤールとはどんなラグジュアリーブランド?日本でも評価される理由とは

ブランド

  • LINEで送る
ゴヤールとはどんなラグジュアリーブランド?日本でも評価される理由とは

ゴヤールとはどのようなラグジュアリーブランドかご存じでしょうか?今回は世界中のセレブが愛用し、日本でも評価の高いゴヤールがどのようなブランドなのか、歴史や評価されているポイントなどをアイコンデザインである杉綾模様やサンルイを代表とするアイテムの紹介をしながらお伝えしていこうと思います。

皆さんもゴヤールの中心文字である「Y」が連なったデザインのバッグを1度は見たことがあるのではないでしょうか?ゴヤールのアイコンデザインである綾杉模様をはじめとしたアイテムは男女問わず世界中で高い評価を得ています。特に日本においてはこの綾杉模様が日本の伝統的な柄にも見えることから多くの日本人を虜にするラグジュアリーブランドとして認知をされています。

今回はそんなゴヤールの魅力や人気アイテムをゴヤールの歴史とともにご紹介していきたいと思います。

  • ゴヤールとはどんなラグジュアリーブランド?

    ゴヤールとはどんなラグジュアリーブランド?
    ゴヤールはバッグを中心にファッション小物・ペット用品・筆記具・テーブルウェアなどを販売するフランス発祥のラグジュアリーブランドです。

    ゴヤールは創業者のフランソワ・ゴヤールがフランスのサントノレ通りにあったセレブご用達のトランク・バッグ製造の老舗「メゾン・モレル」で働き始めることから始まります。 フランソワ・ゴヤールは1853年に先代のルイ・アンリ・モレルが急逝したことから店を引き継ぎ、看板を「GOYARD/ゴヤール」に変更しました。その後、フランソワの長男であるエドモン・ゴヤールがメゾンを引き継ぎます。

    ゴヤールディンの機能性やデザイン性の高さとエドモンの類まれな商才により、ゴヤールブランドはサントノレ通りから世界へ躍進していき、ニューヨークやロンドンにオフィスを構える世界的なブランドとして認知され、英国王室や当時のロシア帝国といった様々な実力者の納入業者として名を馳せていきました。

    世界大戦が始まるとゴヤールはゴヤールディンの製造を取りやめるなど活動は縮小してしまいましたが1998年にゴヤールのコレクターであったジャン・ミッシェル・シニョルがゴヤールを買収してからはバッグのカラーバリエーションを増やすなど精力的なセールスを行ったことにより、ほんの15年ほどで売り上げは35倍以上に急成長し、世界中のセレブが愛用する人気ブランドとなっております。
    ただ、世界中で人気が出たあともゴヤールの直営店のある都市は30にも満たず、職人が1つずつ色を重ねていくスタイルも変えずにいることから一定の格式を維持したブランドであるという認知もなされています。
  • ゴヤールが評価されているポイント

    ゴヤールが評価されているポイント
    ゴヤールが世界中で高く評価されている理由は以下のようなことが考えられます。

    デザイン性の高さ
    サンルイやマリギャラントといったバッグをはじめ、ゴヤールのアイテムには「杉綾模様」というアイコニックなデザインが採用されています。これはゴヤールの一家がかつて川で木材を運搬する仕事を生業にしていたことからその様子を具象化し、「GOYARD」の真ん中のアルファベットである「Y」を表現した模様でゴヤール人気の大きなポイントとなっています。かつてのゴヤールは黒が基本でそれ以外の色みのあるアイテムが少なかったのですがジャン・ミッシェル・シニョルがオーナーになったあとのゴヤールはカラーバリエーション増やしたことでそれまで以上に多くのお客様から支持されるようになりました。

    機能性の高さ
    サンルイをはじめとする多くのバッグや小物で使用されている素材に「ゴヤールディン」というものがあります。麻とコットンのキャンバス素材に天然素材でコーティングを施したもので、軽くて丈夫で撥水性もあるという非常に優れた素材です。今でも多くのセレブがこの素材で作られたバッグを愛用しています。

    特別感
    ゴヤールはほかのラグジュアリーブランドと比べ圧倒的に直営店の数が少なく、オンライン購入もできないことから、ゴヤールのバッグやアイテムを購入できる場所や国が限られているという特徴があります。
    また、ゴヤールのサービスとして購入したアイテムにイニシャルやラインをペイントする「マーカージュ」というものがあります。現在、他のブランドにおいてもイニシャルサービスは行われていますが、ゴヤールのマーカージュはゴヤールの職人の手作業によるもので、ほかのブランドとは一線を画すサービスとなっています。マーカージュを施すことで世界に1つだけのオリジナルアイテムとなることから、ゴヤールの人気サービスの1つとなっています。
  • ゴヤールの定番モデル

    ゴヤールの定番モデル
    ゴヤールの人気アイテムのうち、代表的なものをご紹介いたします。

    サンルイGM、サンルイPM
    ゴヤールディンを使用したゴヤールの代表的なバッグになります。軽くて丈夫という使い勝手の良さと、杉綾模様で男女問わずに使えるバッグとして人気の高いアイテムとなっています。

    マリギャラントPM
    サンルイと同じくゴヤールディンを使用したセミショルダータイプのトートバッグです。サンルイと違い天ファスナーがあるデザインとなっているため、バッグの中を見られたくないという女性にぴったりのバッグとなっています。

    アンバサダードPM、アンバサダードMM
    男性向けのブリーフケースで軽くて丈夫というゴヤールディンの特性をとても良く利用しているアイテムです。高級感のある杉綾模様はビジネスシーンで使用するバッグであっても華美になることなく、安心して使えるバッグとなっています。
  • まとめ

    ゴヤールは各国の王侯貴族が御用達にしていたことからわかるように格式の高い、知る人ぞ知るブランドというイメージが強いブランドでした。

    世界的に展開をしているブランドにも関わらず直営店の数は少なく、オンラインでの販売も行っていないことから一時期は入手が難しく、不正品が多く出回るようなこともありました。現在はより認知が広まったこともあって以前ほど珍しいブランドという認識はなくなってきたかと思われますが、LVMHやリシュモン、ケリングといったコングロマリット企業に属さず、昔からの格式を保ったまま職人気質を貫いているラグジュアリーなブランドとなっています。

    エコスタイルではラグジュアリーブランドとして評価の高いゴヤールのバッグ・アイテムの買取を強化しております。ゴヤールの買取・売却をご検討の際はぜひエコスタイルにご相談ください。

この記事を監修した担当者

  • 西村剛,AACD基準判定士、生前整理アドバイザー2級、遺品査定士、リユース営業士,エコスタイルマネージャー

浜松鴨江店(現入野店)に入社後、浜松宮竹店・横浜都築店・銀座本店を経験し、現在は宅配買取センターにて主に査定を担当。
得意商材はダイヤモンド・ルビー・エメラルドなどの宝石類、万年筆・パイプ・喫煙具などの嗜好品、ブランド品、洋服、靴など多岐に渡る。
    西村剛,AACD基準判定士、生前整理アドバイザー2級、遺品査定士、リユース営業士,エコスタイルマネージャー

浜松鴨江店(現入野店)に入社後、浜松宮竹店・横浜都築店・銀座本店を経験し、現在は宅配買取センターにて主に査定を担当。
得意商材はダイヤモンド・ルビー・エメラルドなどの宝石類、万年筆・パイプ・喫煙具などの嗜好品、ブランド品、洋服、靴など多岐に渡る。
    エコスタイル
    西村剛
    AACD基準判定士、生前整理アドバイザー2級、遺品査定士、リユース営業士
    エコスタイル
    西村剛AACD基準判定士、生前整理アドバイザー2級、遺品査定士、リユース営業士
    エコスタイルマネージャー

    浜松鴨江店(現入野店)に入社後、浜松宮竹店・横浜都築店・銀座本店を経験し、現在は宅配買取センターにて主に査定を担当。
    得意商材はダイヤモンド・ルビー・エメラルドなどの宝石類、万年筆・パイプ・喫煙具などの嗜好品、ブランド品、洋服、靴など多岐に渡る。
  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。