CATEGORY ブシュロン

2016/03/15ブシュロンと言えばキャトルリング。その魅力にせまります。

ブシュロン

  • LINEで送る
ブシュロンと言えばキャトルリング。その魅力にせまります。

ブシュロンと言えばキャトルリングで有名な超一流ジュエリーブランドです。その独特なデザインはどのようにして生まれたのでしょうか。

  • 東洋から受けたインスピレーション

    ブシュロンはインドやアラブの大富豪からオーダーを受けて財を築いたブランドです。そのため、東洋に通じるデザイン性の物が多くみられる事が何よりもの特徴といえます。まさに、キャトルリングもそうですが、特に初期の頃のデザインはモチーフ自体がエキゾチックな東洋風のジュエリーが多くあります。花やスネークをモチーフにしたものでも、美や可愛さよりも、色気のある東洋風のデザインになっています。他のブランドジュエリーと最も違いを感じるところです。
    歴史としては1858に創業し、1893年にパリのヴァンドーム広場にブティックをかまえ、超一流ブランドジュエリーとなっていきます。2000年にグッチグループの傘下に、2013年からケリングの保有会社になっています。
  • キャトルいろいろ?

    キャトルいろいろ?
    ブシュロンはチョコレートカラーのゴールドが特徴的です。キャトルリングの中でもチョコレートゴールドが入っている物が、最もブシュロンらしいと思います。現在ではキャトルリングの中でもかなり幅広いレパートリーがあります。使用されるゴールドの色、サイズ、ダイヤの有無などなどです。
    まずは、代表的なチョコレートカラーのキャトルリングのご紹介☆
    こちらは、キャトルクラシックダイヤモンドリング(ラージサイズ)です。定価は100万円程です。中古品の販売価格としては、50万円前後になるので、お買い得な商品になります。
    4色のゴールドで構成されており、ダイヤモンドが1番綺麗に見えるホワイトゴールドの部分にダイヤモンドがセッティングされています。キャトルリングの中でも1番高価なラインです。
  • キャトルいろいろ?

    キャトルいろいろ?
    続きまして、キャトルのブラックシリーズ。黒がなんともいえないモダンな雰囲気を表現してくれています。ブラックの部分はPVDコーティングでパリの石畳をイメージしています。ダイヤモンドが入っておらず、スモールサイズなので定価は48万円ほどで、中古の販売相場は27万円程になります。
    試着してみると分かりますが、すごく雰囲気がよくモードが好きな女性や男性でもしっくりくるリングだと思います。かなりオススメの一品です!
  • こちらの記事もオススメです