CATEGORY ゼニス

2018/05/31ゼニス時計の評価

ゼニス 評価

  • LINEで送る
ゼニス時計の評価

ゼニスは1865年に誕生したスイスの老舗時計ブランドです。ブランド名は「天空の最高点」という意味です。 マニュファクチュールにこだわりながら、早い段階で機械化による大量生産システムを実現した時計ブランドで順調に成長していきます。 その精度の高さから1920年代にはヨーロッパ全土のみならずアメリカや日本など世界各国で名を轟かせるようになります。 こちらの記事ではそんなゼニスの魅力と評価をお伝えしておりますので時計選びの1つの参考にして頂ければと思います。

  • クロノグラフの歴史を変えた、傑作「エルプリメロ」の評価

    クロノグラフの歴史を変えた、傑作「エルプリメロ」の評価

    ゼニスといえば創業から今日まで150年以上もの長い間、自社一貫生産体制にこだわってきた名門マニュファクチュール時計 メーカーでございます。そんなゼニスが1969年に発表したのが世界初の一体型自動巻きクロノグラフムーブメントの 「エルプリメロ」です。
    他社のムーブメントを凌駕する毎時3万6000振動を実現したこのムーブメントは1/10秒単位の クロノ計測を可能にしたばかりか、重力や衝撃による誤差を極限まで減らす事に成功しています。発表から50年以上経った今 も量産型クロノとしては世界で最も精度が高く、それゆえにルイヴィトンの「タンブール」やロレックスの「デイトナ(※注 」などゼニス以外の高級時計にも採用されてきた実績があります。
    現在ではこの「エルプリメロ」と94年に開発した薄型自動巻き「エリート」を主軸とした現行で26ものキャリバーを展開して おり名門マニュファクチュール時計メーカーとして世界各国で高い評価を得ています。 エルプリメロは時計好きなら是非1本は持っていたい傑作クロノグラフでございます。

    ※注)2000年以降はロレックス自社ムーブメントに切り替わりました。

  • エルプリメロを余す所なく楽しみたいならこれ、「エルプリメロ36000VpHスケルトン」の評価

    エルプリメロを余す所なく楽しみたいならこれ、「エルプリメロ36000VpHスケルトン」の評価

    1969年に初登場したエルプリメロのオリジナルデザインをベースにオープンワークを取り入れた至極の1本が「エルプリメロ 36000VpH スケルトン」です。
    オリジナルのアイコンデザインであるブルー、ダークグレー、ライトグレーの3トーンを使い分けた インダイヤルをそのままそっくり残し、他の部分を削ぎ落としたフライングダイヤルがお洒落な逸品です。シースルーバック からだけでなく、文字盤からもエルプリメロの鼓動を感じるとことができるためエルプリメロを全身で感じたい!という方 にオススメのモデルでございます。
    搭載するエルプリメロは水平クラッチを備えた一体型のハイビートムーブメントのcal400です。初代から基本構造がほとんど 変わっていないムーブメントで、エルプリメロの伝説の始まりとなったムーブメントです。ガンダムに例えるなら「RX-78ガ ンダム」のような、伝説はここから始まったといって過言ではないムーブメントになるかと思います。エルプリメロを余す所 なく楽しみたい方には評価を頂ける買いの1本かと思います。

  • まさに芸術品、複雑時計コレクション「アカデミー」の評価

    まさに芸術品、複雑時計コレクション「アカデミー」の評価

    ゼニスは「エルプリメロ」、「エリート」、「ヘリテージ」の3つのコレクションにハイクラスな「アカデミー」を加えた全4コレクションを展開しています。ゼニスを語る上で忘れてはならないのがハイクラスな「アカデミー」です。
    全モデルの中で最もパーツ数が多いのが「アカデミー」であり、モデルによってはその総パーツ数は939にもなります。トゥ ールビヨンとは違う手法で重力の影響を回避するゼニス独自の複雑機構である「ジャイロスコープ」や「フュゼ・チェーン」 など独創的で革新的な技術を盛り込んだアカデミーはまさにハイエンドで芸術作品といっても過言ではない時計コレクション です。
    ちなみにゼニスの最高額品はジャイロスコープモジュール高精度モデルの「アカデミー クリストファー コロンブス ハリケーン グラン ボヤージュⅡ」であり、その販売価格は3600万円という圧巻な価格となっています。

  • ゼニスのあれこれ雑学&評価

    ゼニスのあれこれ雑学&評価

    ●オーダー可能な豊富なストラップ
    ゼニスはレザーストラップの品揃えが豊富な事でも有名です。ブティックによっては100色以上もの中から 好みのカラーをオーダーでき、さらに裏地ラバーもブラックorレッドを選べます。機能だけでなくファッション面 でも高く評価できます。よりファッショナブルに本物の時計を楽しみたいならゼニスで決まりです!

    ●スイス本社のプレートの秘密
    スイスのルロックにあるゼニス本社。その入り口には創業者であるジョルジョ・ファーブル=ジャコの名前が 掘られたプレートが掲示されています。実はこのプレートには創業者の遺骨の一部が塗り込まれているそうです。 先人の想いを継ぎ、歴史と伝統を大切にするゼニスならではのエピソードです

    ●名門の証「PILOT」表記
    ゼニスのパイロットウォッチには文字盤に「PILOT」の表記が施されています。実はこの「PILOT」表記を許されている のはゼニスだけなのです。ゼニスがPILOTの商標権を持っており、伝説の飛行士である「ルイ・ブレリオ」に愛された名門の 証となっています。真のパイロットウォッチをお探しながらゼニスがおすすめです。

    ●時計技師シャルル・ベルモの功績
    ゼニスを語る上で外せないのが時計技師シャルル・ベルモの偉大な功績です。1970年代にクォーツショックによる 影響でゼニスは壊滅的な状況に追い込まれます。苦肉の策によりゼニスも機械式時計の生産中止を決めます。 機械式時計の技術者はゼニスを離れ、時計設計図や工具や金型などの製造に必要なノウハウも破棄することになりました。 しかしゼニスの時計技師であったシャルル・ベルモ氏はこれに反発。ルロックルにある工房の屋根裏部屋に製造に必要なノウ ハウをこっそりと隠します。時は流れ機械式時計の需要回復によりエルプリメロの再生産が決まると、ベルモはこれらの 資料と技術を新たな技術者たちに提供。エルプリメロは見事に復活することができたのです。私たちがエルプリメロを 使う事が出来るのはシャルル・ベルモ氏の命令違反のお陰といっても過言ではないのです。

    ●ロレックスも高く評価したエルプリメロ
    ロレックスのデイトナにエルプリメロを搭載していたというのは有名は話です。エルプリメロといえば 毎時3万6000振動のハイビートムーブメントですが、デイトナに搭載されていたエルプリメロは毎時2万88000振動に 抑えられていました。これはロレックス側の要求と思われます。振動を下げるのは以外に難しいにも関わらず、それを 見事にこなすゼニスの高い技術力にはロレックスも驚かされたそうです。エルプリメロは時計業界でも高く評価されている 至極のムーブメントということですね。

  • まとめ

    今回ご紹介したのはゼニスの魅力のほんの一部にしか過ぎません。他にもエリートやヘリテージなどゼニスは魅力的な コレクションやムーブメントが多数ございます。カルティエやブルガリなどの高級ウォッチのような華やかさや ゴージャス感はありませんが、老舗マニュファクチュール時計メーカーとしての高い信頼と深い歴史がゼニスにはあります。 実用的で大人のための本物の機械式時計をお探しの方は是非ゼニスの時計を検討されてみてはいかがでしょうか?

  • こちらの記事もオススメです。

    ・ハミルトン時計の評価
    ・SEIKOの評価


お見積もりだけ・初めての方でも大歓迎!

LINEでスピード査定 お手持ちのアイテムをLINEで無料査定