CATEGORY エルメス

2021/12/21大切なエルメスのスカーフを傷みから守ろう!

エルメス

  • LINEで送る
大切なエルメスのスカーフを傷みから守ろう!

大切なエルメスのスカーフが傷んでしまったりして、悲しい気持ちになった事はありませんか?

今回はバッグなどと並び人気を誇るエルメスのスカーフを傷ませることなく、長く愛用するための方法をご紹介します。

エルメスではカレ、という名前で展開している正方形のスカーフや、ツイリーという名前で展開している細長く、バッグなどに巻いて使えるスカーフなど、様々なものがあります。
エルメスが展開するカレやツイリーは、1枚ずつ丁寧に作られ、非常に繊細で鮮やかな見た目で目を惹きます。歴史も古く、エルメスの代表的なアイテムで、多くの方が買い求めました。

エルメスのスカーフを痛みから守る為に出来ることを今回ご紹介です。綺麗な状態を保って楽しんでください。

  • エルメスのスカーフは素材も繊細

    エルメスのスカーフは素材も繊細
    エルメスが使用するスカーフの素材は非常に繊細な素材を使用しています。
    人気の高級ブランド・エルメスはバッグや財布だけでなくスカーフも人気アイテムで力を入れています。デザイン・カラーともに豊富で手間暇かけて製作された一級品です。素材には高級シルクをふんだんに使用し、基本的に100%です。シルクは手触りが滑らかですべすべな素材です。そのため、スカーフとして首に巻いてもザラつきがなく、心地よさがあります。

    シルクは触り心地が良く、更に通気性や吸湿性にも優れた素材です。しかし、繊細な素材なので取り扱いには注意が必要です。少し無理な力を加えてしまうと形が崩れたり、ほつれが発生する恐れがあるのです。これだけ繊細な扱いが求められるシルクをエルメスは上手く加工し、芸術とも呼べるようなデザインをスカーフに施しています。
    何百という工程を経て原画が作られ、薄く均一に織られたシルクに綺麗にプリントし、商品となっています。人によっては額に入れて、絵のように楽しむ方がいる程です。
  • 正しいお洗濯の仕方!

    正しいお洗濯の仕方!
    エルメスのスカーフはシルク製品なのでクリーニングに出すのが最も安全ですが、洗濯することも可能です。

    洗濯方法は基本的に手洗いです。まずは洗剤液を用意します。洗面ボウルなどに20度以下のぬるま湯を張って、その中におしゃれ着用洗剤を溶かします。おしゃれ着用洗剤がなければ、中性洗剤でも可能です。高温のお湯で洗うと色落ちしやすくなるので、お湯の温度には気をつけましょう。

    洗剤液ができたら、そこにスカーフを入れて洗います。布同士を擦り合わせない様に注意して優しく洗うのがポイントです。洗い終わったら優しく絞って水気を取り、水で2回ぐらいすすいで洗剤をキレイに落とします。すすぎが終わったら、柔軟剤を溶かした水で仕上げます。

    柔軟仕上げの後は、スカーフを乾いたタオルで挟み水分を取ります。その後はアイロンがけです。生乾きのスカーフのシワを伸ばし、あて布を乗せてからドライの中温でアイロンをかけます。アイロンが終わったら、陰干しで乾かして終了です。

    注意しなければならないのは、シルクですので、水分は基本的に厳禁という事です。洗う際には、長い間水の中に無いように、手早く行ないましょう。
  • 保管場所や方法にも注意!

    保管場所や方法にも注意!
    繊細なシルク素材で出来たエルメスのスカーフは保管方法にも注意する必要があります。

    まずシルクは紫外線にとても弱い素材です。紫外線に長期間さらされると日焼けして変色する恐れがあります。保管場所として直射日光の差し込む場所や蛍光灯の近くは避けましょう。

    また、シルクは虫に食われやすい素材なので保管する時は必ず防虫剤も入れます。防虫剤は市販の商品で問題ありませんが、使用するのは一種類だけにしましょう。複数の種類の防虫剤を使用すると、化学反応を起こしシミの原因となる場合があります。また、湿度の高い日本ではカビが発生しやすいです。ですから、カビ対策の為に防虫剤と合わせて除湿剤も使用が必要です。

    使用した後、そのまま保管するのもNGです。その時には全く問題ない汗等が、時間経過でシルクに影響を与え、シミになっていることが非常に多くなっています。保管する際にはクリーニングに出してから保管しましょう。

    どれだけ保管方法に注意を払ってもスカーフが傷んでしまう可能性はあります。エコスタイルではエルメスのスカーフの買取を強化しているので、多少の傷みがあっても状態によっては買い取らせていただきます。利用しやすい方法でお気軽にご相談ください。

  • 最後に

    エルメスのスカーフは非常に繊細なアイテムですが、他のブランドとは比べ物にならない位肌触りがよく、鮮やかなプリントになっています。

    一種の芸術ともいえるアイテムですが、お手入れをしなければ一瞬でダメになってしまうお品物です。難しい事をする必要はありません。汗をかいたり汚れたらきちんとリセットする。保管するときには仕舞いっぱなしにせず、定期的に確認するなど、負担がかかるものではありません。

    使わない時には手放すことも大事です。いつか使うかも、と保管しているとシミだらけになっていることもよく見かけます。エコスタイルでは作品名も調べて査定しますので、ご売却ならエコスタイルにご相談ください。


  • 大切なエルメスのスカーフを傷みから守ろう!から診断ページに移動

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。

買取ブランド

エコスタイルが取り扱うブランド数は業界トップクラス!ハイブランドだけが高額なのではありません。
カジュアルなブランドやデザイナーズブランドも買取に自信があります。掲載されていないブランドもお気軽にご相談ください。

最寄りの店舗を探す

エコスタイルの買取店はすべて駅近!駅からすぐのところにあります。
ブランド品を長時間持って歩かずに済むのでご安心ください。