CATEGORY ハミルトン

2021/08/02ハミルトン時計の評価

ハミルトン 評価

  • LINEで送る
ハミルトン時計の評価

ハミルトンは1892年に創業されたアメリカ発祥の時計メーカーです。日本でも高い人気を誇っており多くの時計ファンから高い評価を得ています。

現在はスイスの世界最大ウォッチグループである「スウォッチグループ」の傘下ブランドとなっております。
元々は「ブロードウェイリミテッド」という鉄道員のための懐中時計を製造していた歴史があり、鉄道用時計メーカーとして成長をしていきました。
その後、航空会社に向けた航空用時計やアメリカ軍用のミリタリーウォッチなど製造するようになり、軍用時計メーカーとしても高い地位を築いていきます。
大戦終了後は民間に向けた時計を製造するようにアールデコなデザインが特徴の女性用ウォッチやカジュアルウォッチも製造するようになります。

この記事ではそんな120年以上の歴史あるハミルトンが高く評価され続けている理由を人気モデルを介して説明していきます。

  • 本格ダイバーズウォッチ「カーキ ネイビー オープンウォーター」の評価

    本格ダイバーズウォッチ「カーキ ネイビー オープンウォーター」の評価
    高い防水性と多彩なデザインで多様なマリンスタイルを堪能できるハミルトンの本格ダイバーズウォッチ「カーキ ネイビー」。
    その中でも100気圧の防水性能を備えたプロスペックとダイナミックスな外観が魅力のハイスペックダイバーズウォッチが「カーキ ネイビー オープンウォーター」で、往年の時計ファンからも高く評価されています。

    その歴史は深く、第二次世界大戦時にアメリカ軍の特殊潜水部隊「フロッグマン」に提供していた軍用ダイバーズウォッチがルーツです。
    このオープンウォーターを象徴するディティールが特殊パーツのリューズカバーです。防水性を高めるために、水がもっとも侵入しやすいリューズ部分に特殊なカバーを設けたディティールはアメリカ軍特殊潜水部隊「フロッグマン」に納入していたモデルにも採用されていた装備でありオープンウォーターのアイデンティティともいえる仕様です。
    当時のオリジナルモデルはチェーンタイプでしたが最新モデルはアームロック式になっており、タフで無骨なデザインイメージとなっている点も男心をくすぐり、評価できます。

    もちろんこの他にも本格ダイバーズウォッチとしての装備もしっかりとされています。スーパールミノバ付き大型針とインデックスを配し視認性を高めているうえ、逆回転防止機能を備えたベゼルで、潜水時間の計測ミスもしっかりと防いでくれます。
    またケース横にはエスケープバルブを備え付けておりヘリウムガスの充満による破損にも対応、そして搭載しているキャリバーcal.H-10は80時間の標準持続時間となっており長時間の使用も問題ありません。
    これだけの装備と機能を搭載しながら10万円台で購入できるというのはハミルトンの企業努力に脱帽です。

    ファッションもマリンスポーツもリアルな価格で楽しみたい!という方には高く評価できる買いの1本かと思います。
  • 定番ミリタリーウォッチ「カーキ フィールド」の評価

    定番ミリタリーウォッチ「カーキ フィールド」の評価
    アヴァンギャルドで前衛的なデザインが高く評価されているベンチュラは1957年に史上初の電池式腕時計として誕生しました。

    左右非対称のケースは圧倒的な存在感を誇っており、キング・オブ・ロックの異名を持つアメリカの伝説的ロックミュージシャン「エルヴィス・プレスリー」がこのハミルトンのベンチュラを愛用していたという逸話は有名です。

    ちなみにこの三角形にフィンがついた独特のデザインを手掛けたのはアメリカの自動車メーカーであるゼネラルモーターズが展開している高級車ブランド「キャデラック」のデザインしていたリチャード・アービブ氏です。
    発表から半世紀以上経過した今も高い人気を誇り、多くの時計ファンから評価されているモデルです。ロックな人生を歩んできた方、人の目を惹きつける時計をお探しの方にオススメしたいモデルです。

  • キング・オブ・ロック「エルヴィス・プレスリー」が愛したベンチュラの評価

    キング・オブ・ロック「エルヴィス・プレスリー」が愛したベンチュラの評価
    アヴァンギャルドで前衛的なデザインが高く評価されているベンチュラは1957年に史上初の電池式腕時計として誕生しました。

    左右非対称のケースは圧倒的な存在感を誇っており、キング・オブ・ロックの異名を持つアメリカの伝説的ロックミュージシャン「エルヴィス・プレスリー」がこのハミルトンのベンチュラを愛用していたという逸話は有名です。

    ちなみにこの三角形にフィンがついた独特のデザインを手掛けたのはアメリカの自動車メーカーであるゼネラルモーターズが展開している高級車ブランド「キャデラック」のデザインしていたリチャード・アービブ氏です。
    発表から半世紀以上経過した今も高い人気を誇り、多くの時計ファンから評価されているモデルです。ロックな人生を歩んできた方、人の目を惹きつける時計をお探しの方にオススメしたいモデルです。
  • 豊富なラインナップが魅力「ジャズマスター」の評価

    豊富なラインナップが魅力「ジャズマスター」の評価
    19世紀末から20世紀初頭に発展したアメリカ発祥の音楽形式である「ジャズ」。西洋音楽とアフリカ系民族の独特のリズム感覚と音楽センスが融合して生まれたジャズの表現方法は自由そのものでした。
    黒人音楽であると同時に人種混合音楽でもあったジャズはアメリカの「自由」を象徴する音楽であり、伝統と革新性の洗練さを体現した音楽です。

    ハミルトンのジャズマスターはそんなアメリカ発祥の音楽である「ジャズ」からインスパイアされた時計シリーズで、豊富なラインナップが高く評価されています。ドレッシーからスポーティまでハミルトンの中で一番豊富で多彩なラインナップが揃っており、デザインもオーセンティックであるため時計選びに迷ったらまずはジャズマスターの中から選ぶのがいいかと思います。

    そんなジャズマスターの中で異色の存在として圧倒的な地位を築いているのが「ジャズマスター フェイス2フェイスII」です。
    「向かい合った2つの顔」という意味を持つこのモデルはその名のとおり、ひとつのケースの中に表裏の異なる二つムーブメントを見せる斬新な機構を持っています。

    独創的なタイムピースとして話題となったこのモデルは2013年に初登場し大きな話題となりました。2016年に再登場したモデルはひとつのムーブメントで表裏でそれぞれで異なる針の動きを見せ、さらに一部シースルーになったダイヤルが特徴です。
    驚くようなギミックで時計好きな方からも高く評価されているようです。確かな技術力を持つハミルトンだから作り出すことのできた、この比類なきモデルは時計好きなら1本は持っていたいモデルです。
    独創的で自由な発想で作り出された「ジャズマスター フェイス2フェイスII」はまさに自由な音楽「ジャズ」を体現した特別なモデルで、エコスタイルでは高く評価したいと思います。
  • まとめ

    今回ご紹介した記事は人気時計ブランド「ハミルトン」のほんの一部の魅力でしかありません。この他にもハミルトンは多種多様な時計を展開しており多くの時計ファンを楽しませています。

    ロレックスやオメガなどの高級時計のような華やかさ、派手さはありませんが、高品質でありながら手の届くリアルに使える老舗時計ブランドとしてハミルトンは世界中で高く評価されています。
    「実用的で品質が高くファッショナブルで、しかもそこまで高くない時計が欲しい!」、「ブランド時計には興味ないけど、身に付けていて恥ずかしくない確かな腕時計物が欲しい!」という方はぜひハミルトンの時計を選択肢の1つとして検討してみてください。