CATEGORY アップルウォッチ

2018/09/21アップルウォッチのご購入を検討されている方、必見!!選ぶ基準は「性能」を考慮される方よりも「見た目」で選ぶ方も多い??

アップルウォッチ

  • LINEで送る
アップルウォッチのご購入を検討されている方、必見!!選ぶ基準は「性能」を考慮される方よりも「見た目」で選ぶ方も多い??

アップルウォッチを腕に付けている方が日に日に、目に入るようになってきましたね。
Applewatchはシリーズも既に4つ目が発売されており、シリーズ3と異なり、ケースのサイズや厚みが若干変わってきています。
また、アップルウォッチは、ケースの種類やバンドの種類が多岐に渡り、エルメス等とのコラボレーションモデルまで発売されています。
デザイン面の他に、性能面でも携帯電話ネットワーク接続可能なモデルも発売されており、スマートウォッチファンの注目を集めています。
現行モデルであるシリーズ4は、GPSモデルまたはGPS + Cellularモデルのケースの厚みの違いも無くなり、よりスマートに変貌を遂げる等、目が離せませんね。
ここでは、通常の腕時計と比較されて、スマートウォッチ(アップルウォッチ)のご購入を検討されている方の為に、アップルウォッチの種類やシリーズの違いについてもご紹介させていただきます。  

  • アップルウォッチのサイズは4種類

    アップルウォッチのサイズは4種類

    アップルウォッチのサイズには4種類あります。
    まずは、市場でも身に付けられている方が多い「Apple WatchSeries 3」のケースのサイズは38㎜と42㎜が用意されています。
    単純に異なる部分は液晶部分(ディスプレイ)のサイズです。

    38㎜は340×272ピクセルですが、42㎜は390×312ピクセルになります。
    当然の事なのですが、42㎜の方がピクセル数も大きい分、表示されるテキストの大きさも大きくなります。
    ディスプレイが大きい為、当然、見やすくはなるのですが、それでもサイズ差は僅か4㎜ですから、最終的には個人の好み、フィット感を基準に選ばれた方が好ましいですね。
    「Apple WatchSeries 4」のケースのサイズは40㎜と44㎜の2つが存在しています。
    「Apple Watch Series 4」は周りを覆うベゼルが狭くなったことで、ディスプレイのアクティブ領域が約30%拡大しています。

    アップル社も44㎜や42㎜はメンズとか40㎜や38㎜がレディースとか、そのような意味合いで違いを示唆していない為、サイズについてはあくまで好みという事になりますね。

  • アップルウォッチは5つのコレクションで構成される

    アップルウォッチは5つのコレクションで構成される

    Apple Watchは下記の7つのコレクションで構成されています。

    ・Apple Watch Series 1
    ・Apple Watch Series 2
    ・Apple Watch Series 3
    ・Apple Watch Series 4
    ・Apple Watch Nike+
    ・Apple Watch エルメス
    ・Apple Watch Edition

    これら6つの内、シリーズ4を除くコレクションでは、先に記載させていただいた通り、ケースのサイズは2種類、38㎜と42㎜、シリーズ4は44㎜、40㎜の2種類が用意されています。
    ここでは7つのコレクションの機能面での違いについて触れておきます。


    「Apple Watch Series 1」はオリジナルのApple Watchが持つ全機能と、パワフルに動いてくれるチップ「デュアルコアプロセッサ」や「watchOS 3」を搭載しています。
    素材はアルミニウムとスポーツバンドを用いており、生活防水程度ですが、防水機能も付いています。
    ガラス(ディスプレイ)はIon-Xガラス(強化ガラス)を使用しており、耐久性も担保されています。

    「Apple Watch Series 2」は内蔵GPSやグロナス(GLONASS)およびQZSS(準天頂衛星システム)、そして、防水ではなく、水深50mでも耐えられる耐水機能、チップにはデュアルコアプロセッサを用いており、ディスプレイ(液晶)はApple Watch Series 1 の2倍の明るさを誇っています。
    交通機関を利用される方やショッピング時の決済の為のApple Payまで搭載されており、便利になっています。

    「Apple Watch Series 4」は現時点では、最も進化しているアップルウォッチで1つ前のモデルが「Apple Watch Series 3」です。 両モデル共に、「GPSモデル」と「GPS + Cellularモデル」が存在しています。
    GPSモデルはBluetoothまたはWi-Fi経由でiPhoneに接続されると、テキストメッセージを送受信したり、電話に出たり、通知を受け取ることができます。
    GPSを内蔵しているため、ご自身のiPhoneがなくてもワークアウトの距離やペース、経路まで測定する事が可能です。
    GPS + Cellularモデルは、GPSモデルのすべての機能に加えて、携帯電話通信機能を内蔵しています。
    そのため、iPhoneを持っていない時でも、電話をかけたり、受けたり、メッセージを送受信したり、通知を受けたり、Apple MusicやApple Podcastをストリーミングで楽しむことが可能です。

    その他は「Apple Watch Nike+」はバンドにナイキスポーツのバンドを用いており、「Apple Watch エルメス」はステンレススチール製のケースと高級ブランドHERMES(エルメス)のレザーストラップを使用しており、「Apple Watch Edition」はセラミックケースを用いており、軽く、磁気充電ドックが付属している点が違いになります。

  • アップルウォッチのバンドの種類は多岐に渡る!?カスタムパーツも人気!!

    アップルウォッチは自分の好みに簡単にカスタマイズできる点が一般的なアナログ時計との違いになります。 最近ではKnot等のカスタムオーダー時計のメーカーも出現していますが、やはりアップルウォッチの洗練されたデザインには敵わないのではないかと個人的には思ってしまいます。 さて、アップルウォッチには公式HPで確認できますが、バンドの種類が多岐に渡ります。

    5,800円から消耗品として気軽に付け替え可能な専用の高性能フルオロエラストマー製のスポーツバンド、軽さを極めたフルオロエラストマー製のNIKEスポーツバンド、ソフトで通気性の良いナイロン製のスポーツループや
    クラッシックなレザーバンド、そして54,800円からはエルメス(HERMES)レザーバンドまで、品揃えされています。
    また、ステンレススチールアロイから作られた精巧な設計のステンレスバンドも男女問わずにビジネスシーンで人気を集めていますが、専用のマグネット式またはバタフライバックルがついています。

    その他、音楽を楽しみたい方には、最適なワイヤレスイヤホン(AirPods)等の付属品周りも組み合わせ次第でシンプルかつスポーティー、そしてITリテラシーが高そうに見えるセンスを纏う事が出来るも魅力ですね。

  • まとめ

    今回はアップルウォッチのシリーズや仕様などのお話をさせていただきました。
    多機能であることと、iPhoneとペアリングすることでさらに機能を充実させることもできます!

    エコスタイルではそんなアップルウォッチのお買取をさせていただいております。
    エルメスとのコラボのアップルウォッチは比較的お値段が付きやすい傾向にありますので、アップルウォッチのお買い替えの際にはぜひエコスタイルまでお持ち込みくださいませ。

    皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。

お見積もりだけ・初めての方でも大歓迎!