総合案内 0120-938-718

グッチ(gucci)高額買取なら 「エコスタイル」

グッチ(gucci)高額買取なら 「エコスタイル」

数々の研修を経たグッチのプロの鑑定士が細かいところまできちんと査定し買取致しますので、お客様からも非常に安心して任せられると大変ご好評頂いております。

地図

エコスタイル銀座本店

所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座6-9-4  岩崎ビル3F
営業時間
11:00~19:00 ※出張買取は営業時間外も可能です
定休日
第2火曜日のみ(祝日の場合は営業いたします)
お問合せ
0120-938-718
電車をご利用の方
銀座駅 (所要時間:A2出口より2分)

駅名で検索してお店に向かう

お車ご利用の方
お買取りご成立のお客様に1時間の無料駐車券を差し上げております。
下記の駐車場をご利用ください。

■名前:西銀座駐車場
■住所:東京都中央区銀座6-4-4
■電話番号:03-3572-5201
■営業時間:24時間
■料金:30分毎310円

■名前:交詢ビル駐車場(バーニーズニューヨークさん
■住所:東京都中央区銀座6丁目8-7
■電話番号:掲載なし
■料金:通常 30分300円

店舗の詳細見る

グッチ買取実績

グッチ買取相場例

グッチ
バンブートップハンドル
ハンドバッグ

他社買取価格40,000円

当社買取価格70,000

買取価格が30,000円お得!!

グッチ
ブラック
レザーバックパック

他社買取価格33,000円

当社買取価格48,000

買取価格が15,000円お得!!

グッチ
フリンジ付き
ショルダーバッグ

他社買取価格25,000円

当社買取価格43,000

買取価格が18,000円お得!!

グッチ
マルーンカラー
2014ハンドバッグ

他社買取価格15,000円

当社買取価格28,000

買取価格が13,000円お得!!

最寄りに店舗がないあなたには、宅配買取がお勧めです。

最短当日入金のスピード査定!宅配買取の流れを見る

本当に高く買い取ってくれるの!?

商品例)グッチ
ウーブンウェブ ハンドバッグ

  • A社50,000
  • B社70,000
  • C社40,000

当社
買取価格
75,000

選べる3つのブランド買取方法

  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

最寄りに店舗がないあなたには、宅配買取がお勧めです。

最短当日入金のスピード査定!宅配買取の流れを見る

ITEM LISTグッチ 強化買取アイテム その他アイテムもお買取中です!


メンズ

  • グッチ 洋服買取します

    洋服

  • グッチ 靴買取します

  • グッチ バッグ買取します

    バッグ

  • グッチ ファッション小物買取します

    ファッション小物

  • グッチ 時計買取します

    時計

  • グッチ ジュエリー買取します

    ジュエリー


レディース

  • グッチ 洋服買取します

    洋服

  • グッチ 靴買取します

  • グッチ バッグ買取します

    バッグ

  • グッチ ファッション小物買取します

    ファッション小物

  • グッチ 時計買取します

    時計

  • グッチ ジュエリー買取します

    ジュエリー

強化買取アイテム

VOICEお客様の声

ECOSTYLEグッチ(GUCCI)の買取なら専門店のエコスタイルにお任せください。

グッチ(GUCCI)の歴史
グッチ(GUCCI)は1921年にグッチオ・グッチがフィレンツェで革製品を取り扱うファクトリー(工房)に併設したショップをオープンした事から始まりました。創設者であるグッチオ・グッチは1881年生まれ、ショップをオープンしたフィレンツェが故郷です。
わずか、数年間で成功を収めたグッチは、1973年にファクトリー(工房)を拡張、ホースビットを始め、乗馬の世界観からインスパイアされたアイコンを発表、後にファッションハウスと革新的な設計美学で知られるグッチの象徴としました。フィレンツェにはロングバケーション等で海外から来られた洗練されたVIPがグッチ(GUCCI)の工房を訪れては、乗馬の世界観から着想を得た数々のレザーバッグ、トランクケース、手袋や靴、ベルトまで購入されていきました。

グッチ(GUCCI)の創業者とデザイナー
グッチオ・グッチが今から95年以上前に創業した経緯は実家の馬具製造業に起因しています。グッチのコア・コンピタンスはグッチオ・グッチであるとも言われたグッチオ・グッチ。
その所以は撤退した実家が営む馬具製造業からインスパイアされて生まれた豊かな発想力と着想力であると思います。実家が馬具製造から撤退し、それがきっかけでグッチは若くして英国(ロンドン)へと仕事を求めて移り住む事となり、下宿していたホテルから少し離れた場所に貴族が多く住む華やかな街に憧れ、その街に出かけ、その街の貴族(英国紳士淑女)の身だしなみから、デザイン、色使い、ディティール、素材の使い方等を見て学ぶ事が出来ました。この時の刺激、磨かれた感性こそが、後に高品質で使い勝手に優れる人気レザーブランド、グッチ(GUCCI)の誕生に大きく影響を与えています。2015年までフリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)、現在はアレッサンドロ・ミケーレがデザイナーとしてグッチグループを牽引されています。

グッチ(GUCCI)の素材について
第一次世界大戦、その後の第二次世界大戦により、グッチはレザーの入手が困難となり、一時、業績や人気も低迷、廃業を余儀なくされるような「ドン底」に立っていました。しかし、着想力に長けるグッチは手に入らないのであればとキャンバス素材に転換しました。人気ブランドに成長したらこそ、固定概念に縛られてしまいがちですが、キャンバス地でも創ると決める事の出来た柔軟性もグッチの武器だと思います。危機的状況から機会を見出し、グッチ自身が発想まで転換し、キャンバス素材を使用したアイテムの販売を始め、ヒットさせる事で戦時中にありながらも富裕層の人気を集めることに成功しました。当時のバッグと言えば革製品というイメージが強く、当時は珍しいキャンバス地とポップなカラーリングで多くの人を魅了しました。今ではキャンバス地、革製品、ナイロン製品に至るまで多くの素材を素材の特性を活かしたデザインをおこす事で魅力ある商品を展開しています。

グッチ(GUCCI)のライン
上記でご紹介したシンボルであるアイコンバッグが人気でしたが、戦後、間もなくしてバンブーバッグが大ヒットしました。本当に戦後間もない1940年代末、今でも新作も出ている「バンブーライン」が誕生しました。第一号は、シンプルなハンドバッグで、持ち手は、今のバンブーハンドルに繋がる「竹」が使用されている物でした。これがヨーロッパを中心に爆発的にヒット、グッチの名が世界へ知られるきっかけとなりました。ちなみに、グッチ(GUCCI)の製品はルイ・ヴィトンの様に「素材」にライン名があるのではなく、バッグの「飾り」に対してライン名があるものが多く見られます。多数のラインがありますが、主だったものとしては、GGキャンバス。グッチのGGキャンバスは、独特なモノグラム柄と高い品質が好評で世界中で愛されているグッチの代表的なコレクションに成長しました。その他、同じGGでも、GG インプリメと名付けた定番のGG柄のデザインに加え、表面に特殊なコーティングを施しており、防汚や傷に対しての強さがウリのラインです。その他、スプリームライン(ブランドきっての人気コレクションで自然にやさしい素材でコーティングした素材)、GGプラス(通常のGGキャンバスに塩化ビニール加工)、グッチのコレクションで最上級として展開しているグッチシマライン等、まだまだ書ききれませんが多くのラインが存在しています。これら多数のラインがあるグッチですが、バッグに使用されているレザーや生地は高い品質と気品を兼ねそろえており、耐久性にも優れている為、全ラインが職人の誇りを感じると言われ高い人気を誇っています。

グッチ(GUCCI)の愛用者
グッチ(GUCCI)には多数の海外セレブやハリウッドスター、女優やモデル等、多岐に渡り、愛されています。アンジェリーナジョリーがプライベートで1973トップハンドルトートバッグの黒を愛用している写真も撮影されていたり、マドンナが10年ぶりとなるワールドツアーの衣装をGUCCIのアレッサンドロ・ミケーレ等が手がけたりしています。また、日本人であれば、元プロサッカー選手であり起業家である中田英寿さん、俳優の伊勢谷友介さん、女優の武井咲さん、モデルの道端アンジェリカさん、俳優の高橋克典さん等が愛用している事でも有名です。かれこれ数年経過していますが、グッチ青山店(表参道)で開催された日本進出50周年イベント時にも国内外のモデル含む総勢約600名が集う盛大なパーティーが開催されています。

当社バイヤー推薦のアイテム
当社のバイヤーの推薦アイテムのご紹介です。男性バイヤーからはグッチのビットローファーです。グッチ(GUCCI)が日本で最もブレイクしたと言われる1994年以降、人気デザイナー「トム・フォード」がデザインを担当、復活した黄金期とまで呼ばれた時代にブレイクした靴です。この頃の製品は過去の要素の魅力を再定義し、ビットローファーのみならず、新たなグッチ(GUCCI)製品を多数生み出された時期になります。カジュアルな装いが好まれる時代にフィットしたカジュアルかつドレッシーなビットローファーが特にブレイクしました。現在でも直営店で販売されているビットローファーですが、スウェード、カーフ、どちらの素材でも、ロールアップしたり、W仕上げのカラーパンツに合わせたり、ダメージデニム等でも相性が良い為、男性を中心に愛用者が多数生まれ、女性サイズも展開されています。女性バイヤーからは、1970年代ファッションがトレンドの現在、グッチオ・グッチの時代に流行ったアイコンやジャッキーバッグ、バンブーバッグ等のオールドグッチに人気が集まっています。現在は復刻ラインとして販売されているバンブークラッシックや、クラッシクかつ華やかなシルヴィラインに注目しているようです。また、お子様をお持ちの女性の方やお子様向けに展開されているベビー&キッズ用のGG柄ナイロンのミニリュックもお勧めのようです。小さなリュックをあえてワンショルダーにして合わせたり、ベルトを最大に伸ばして普通に背負ってみたり、ミニサイズが可愛いのでしょうね。グッチ製品を始め、グッチグループの人気ブランドも定価が非常に高くなってきており、最新アイテムはもちろんですが、復刻ラインがリリースされる事でオールドグッチの買取相場も美品であれば高くなってきています。ご自宅のクローゼットや押し入れ等で見つけたオールドグッチやヴィンテージグッチがあれば、是非、お持ち下さい。

最寄りに店舗がない、あなたには「宅配買取」が便利です!お電話でのご相談・お申込みはこちら 0120-934-255

宅配キット無料プレゼント中!詳しくはこちら

Copyright (c) StandingPoint Co.,ltd. 掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます

LINEで今すぐ無料査定
宅配買取を2回目以降のご利用の方はこちら