CATEGORY ヴァンクリーフ&アーペル

2016/05/21ヴァンクリーフ&アーペルのハイクラスジュエリー

ヴァンクリーフ&アーペル

  • LINEで送る
ヴァンクリーフ&アーペルのハイクラスジュエリー

ヴァンクリーフ&アーペルのトップジュエリーを覗いてみましょう。

  • エメラルド

    エメラルド
    ヴァンクリーフ&アーペルの極上のジュエリーをご覧いただきます。ヴァンクリーフと言えば、アルハンブラやパピヨンといった定番のモチーフを思い浮かべますが、それはあくまでも一般の人々にむけたジュエリーである事がわかります。
    今回の豆知識ではダイヤモンドを除く宝石の中で圧倒的に高価なルビー、エメラルド、サフィアに厳選して3つのハイクラスジュエリーを選んでみました。まずはエメラルドです。
    こちらのエメラルドとダイヤモンドで作られたネックレスをご覧ください。この緑色の石が本物のエメラルドだなんて信じられないですね。エメラルドは比較的大きな結晶に成長しやすい宝石ですが、この石目でこのビビットグリーンのエメラルドをいくつも揃えるのは至難の業です。1つのジュエリーを制作するうえで、困難な事はクオリティを揃えるという事です。
    このクラスのエメラルドは1つ手に入れるだけでも大変なお金と労力を使いますが、そのエメラルドを7粒揃えるという偉業が詰まった宝石です。
  • サファイア

    サファイア
    エメラルド、サファイア、ルビーの中では1番価格が低くなるのがサファイアです。しかし、このサイズでこのクオリティに達するとその価値は数千万の石になってきます。
    サファイアには価値が急激に上がるポイントが2つ存在します。1つは産地です。カシミール、ビルマ、スリランカの順番で希少性が高いです。現代ではカシミールやビルマのサファイアはほとんど採れないため、さすがのヴァンクリーフも現行で作られているサファイアはスリランカ産が多いかと思いますが当時は当たり前のようにビルマやカシミールのサファイアをもちいています。
    こちらのリングのコーンフラワーを感じるブルーはおそらくビルマ産かカシミール産のサファイアだと思われます。。サファイアの価値だけで1000万以上するお品物です。
    周りのダイヤモンド、さらにヴァンクリーフの製品という事によって数千万の価値に跳ね上がるお品物ですね。
  • ルビー

    ルビー
    最後にルビーのご紹介です。ルビーは色石の中で最も高価な宝石です。特に大きな結晶に成長しにくい宝石なので10ctUPの綺麗なルビーにはとんでもない金額がつきます。
    モゴック産ノーヒートのピジョンブラッドには1ctあたり1000万円を超えるものが存在します。
    今回ご紹介するヴァンクリーフのジュエリーは1つ石のルビーではありませんが、こちらもとんでもない逸品です。
    ウィンザー公爵夫人のために作られたルビーとダイヤモンドがプラチナの土台につけられたジュエリーです。 希少性の最も高いルビーのこの品質でこれだけの量を集めるのは本当に難しいことです。バケットカットのダイヤモンドも1つ1つの石目が大きく、綺麗にルビーを目立たせてくれます。 デザインも特徴的でヴァンクリーフが力を入れて制作した事がわかります。 ヴァンクリーフのトップジュエリーの世界はいかがでしたでしょうか。
    国内ではお目にかかる事ができない逸品揃いでしたが、ヴァンクリーフのトップジュエリーの世界はいかがでしたでしょうか。ジュエリーの展示会等が開催される機会がありましたら、ぜひ遊びに出かけてみて下さい。
  • こちらの記事もおすすめです

この記事を監修した担当者

  • 吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    吉本訓典,AACD協会基準判定士、リユース営業士,エコスタイル鑑定士

広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。
    エコスタイル
    吉本訓典
    AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル
    吉本訓典AACD協会基準判定士、リユース営業士
    エコスタイル鑑定士

    広尾店、銀座本店の鑑定士を経て店舗サポート課に配属され複数店で鑑定士を経験。
    エコスタイルのコンテンツのコラムや買取実績などを担当。鑑定士で培ったブランド知識やメンテナンスの知識を活かしコンテンツを制作している。