CATEGORY スーツ

2016/07/26スーツを汚してしまった時の対処方法〜コーヒー編〜

スーツ

  • LINEで送る
スーツを汚してしまった時の対処方法〜コーヒー編〜

大事に着ているつもりでも、気付いたら付いていたコーヒーのシミ。そんな時にはどうすればいいのでしょうか?

  • 大事なスーツに、知らない間にコーヒーのシミが!?

    大事なスーツに、知らない間にコーヒーのシミが!?

    普段いくら気を付けていても、知らない間に食べ物・飲み物のシミや汚れがついていたというのはよくあることです。すぐ気づくことができず、しばらくしてからふとした瞬間に気づくこともあります。
    シミがついてからしばらく時間が経つと、より落ちにくくなります。特にコーヒーは普段ビジネスで口にすることが多い飲み物であることと同時に、シミになると頑固で落ちにくいです。最近では自宅の洗濯機で丸洗いできるスーツというのも人気がありますが、そうでない場合はクリーニング店に持っていかなければなりません。洗濯やクリーニングができればそれほど問題ではありませんが、気づいた後に大切な商談や営業があると、そのような時間はありません。シミがだらしない印象を与えて仕事に影響があるのではないかと心配で、集中できないというパターンも考えられます。
    そこでビジネスマンが知っておくべき、不意にできたコーヒーのシミに効果的な応急処置の方法があります。

  • 中性洗剤と水、タオルを使って落とす

    帰宅後にコーヒーのシミに気づいたけれど、クリーニング店の開いている時間帯ではないという場合は、家にあるもので応急処置をしましょう。
    用意するものは、中性洗剤と水、タオルです。中性洗剤は台所用の液体洗剤が使いやすいですが、中性洗剤であれば種類は問いません。アルカリ性洗剤は色落ちがしやすいので避けましょう。蛍光剤入りの洗剤は、スーツの生地によって変色する場合もあるので注意しましょう。
    手順はまず、スーツを脱ぎます。そしてシミの部分、スーツの内側にタオルをあてます。そこに、水で薄めた中性洗剤を少しずつしみこませます。その上から、水で絞ったタオルでトントンとたたけば、シミを薄く目立たないようにすることができます。

  • 外出先なら、ハンカチと水でその場しのぎを!

    外出先で気づいた場合は、中性洗剤もなければタオルもないという状況だと考えられます。そのような状況の場合でもあきらめる必要はありません。コーヒーは水溶性のシミなので、水だけでもある程度は落とすことができます。
    水だけで落とす場合には、ハンカチを利用します。水に濡らしたハンカチでシミが目立たなくなるまで、優しくトントンと叩き込むだけです。シミの部分をこするようにしてハンカチをあてると、スーツの生地が傷むので注意しましょう。できればスーツの内側にあてる分と、シミに直接トントンと叩き込む分の計2枚ハンカチがあるのが望ましいですが、叩き込む用のハンカチだけでも十分です。
    紹介した方法はあくまでも応急処置なので、時間と予定の許す限りクリーニング店でシミ抜きをすることをおすすめします。

  • こちらの記事もオススメです。

    スーツを汚してしまった時の対処方法〜赤ワイン編〜
    スーツを長持ちさせるコツは?
    好印象なブラックフォーマルって何??

お見積もりだけ・初めての方でも大歓迎!