CATEGORY

2016/08/26かかとが脱げる靴は危ない!?今すぐチェック!

  • LINEで送る
かかとが脱げる靴は危ない!?今すぐチェック!

靴ずれだけでは済まされない、サイズの合わない、かかとが脱げる靴を履く弊害をご説明します。

  • かかとが脱げる靴はどうしてダメなの?

    かかとが脱げる靴はどうしてダメなの?
    かかとが脱げる靴を履き続けるのは、足の指に何らかの異常が起きて次々とトラブルを起こしやすくなる原因になります。
    本来、かかとが抜けようとすると抜けるのを防ぐために足の指に力を入れる傾向にあります。指に力を入れて曲げた状態を続けていると、ハンマートウという症状を引き起こす恐れがあります。また、靴の横幅が合っていないことでもかかとが脱げる原因となり、前滑りになったり外反母趾になったりする恐れもあるのです。
    このかかとが脱げる状態を防ぐ為には靴の横幅を合わせるか、靴のサイズを合わせることが重要です。靴のつま先に指が当たると曲げることになるので、つま先に空間を空けること、そして何より足の指を圧迫するような靴を選ばないことが大切です。つま先に大きな空間を空けると前滑りになる恐れもあるので注意しましょう。
  • せめてストラップやインソールで対策を

    もしも今履いている靴でかかと抜けなどが起きている場合、そのまま履き続けるのではなく直ちにストラップやインソールで対策しましょう。インソールは靴に敷くことでかかとを持ち上げたり横幅を合わせたりする機能があるので、安定して歩くことが出来ます。足の甲にもフィットするので前滑りになる心配もありませんし、履き心地も良くなるかもしれません。
    日本人は元々かかとが抜けやすい人が多いと言われており、しょっちゅうかかとが抜けたり靴擦れを起こしたりする人が多いようです。しかし、滑り止めの効果があるインソールやストラップを活用することで足が前に滑りにくくなります。
    靴擦れが気になる人はかかとに貼る靴擦れ防止用のインソールや、靴底の返りが悪い場合はシューズベルトを利用すると脱げにくくなるでしょう。
  • どうしても前すべりしてしまうなら早めに買取へ

    インソールやストラップなどの様々な対策を行っても、どうしても前滑りになってしまうのであれば買い取ってもらった方が良いかもしれません。前滑りするような靴はサイズが合っていない可能性がありますし、そのまま履き続けるのは危険なので、早々に買い取る方向で考えた方が危険な目に遭わなくて済むでしょう。
    買取店によっては内側に汚れがある靴や滑り止めを使用した靴でも買い取ってもらうことができます。その上でできる限りきれいに手入れをして査定してもらえばある程度の査定額になる可能性もあります。
    前滑りなどで危ないのでしまい込んでいた靴があるなら、これを機に買取をお願いしてみてはいかがでしょうか。お気軽にご相談ください。
  • こちらの記事もおすすめです。