CATEGORYミキモト

ブランドジュエリーの格付けはイマイチ分かりづらいと思っている方が多いのではないでしょうか。結婚指輪でも海外ジュエラーが選ばれがちですが、ミキモトは世界的に見ても有名で権威のあるジュエラーです。ミキモトの世界的ジュエラーの仲間入りは「真珠の養殖」の成功に裏付けられています。一時期はミキモトパールの模造品が流通するなど、世界的ブランドを確立するまでには沢山の苦労がありました。そんなミキモトが世界のジュエラーと同等に戦ってきた歴史をエコスタイルのバイヤーがご紹介いたします。

  • 世界の宝石店ミキモト
    NEW

    幸吉は常に世界のトップジュエラーを目指していました。まずは日本で1番の商いの聖地、銀座で戦っていきます。

  • ミキモトを世界中の女性の胸元に
    NEW

    ミキモトのアイデンティティのパール。それはとてつもない努力によって裏付けされている「パールの養殖の成功」によるものです。 ミキモトの創業者木本吉吉の最も有名な言葉「世界中の女の首を真珠でしめてごらんにいれます」それは傲慢ではなく自信と努力の裏付けだったのです。

  • ミキモト80年代
    NEW

    パリの世界を代表するジュエラーを超えるために80年代のミキモトは大きく大成していきます。

  • ミキモトの70年代

    ミキモトの変革をみていきましょう。70年代です。

  • ミキモトの最高傑作「矢車」

    ミキモトは日本を代表するジュエラーです。その最高傑作矢車の真相にせまります。

  • 日本を代表する宝石店 ミキモト

    ジュエリーブランドといえばどうしても西洋のブランドを思い浮かべてしまいますが、そんな中確固たるブランドを確立したミキモトについてです。